やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

アプリケーションの改善と改悪について

»

Img_0618 iPhoneおよびiPadでメインに使っているツイッタークライアントのEchoFon Proがアップデートしたのですが、それからいくつかのトラブルが起きています。

 そのメインが、お気に入りに登録できなくなった、というもの。これは不便ですねぇ。URLが貼ってあって、後からゆっくり読もうと思うのができない。
 そして、左の写真の赤線の内側、これらをクリックするとアプリが落ちてしまいます。これらはクリックできない。
 
 前にも書きましたが、iPhoneのアプリはバージョンアップで課金することが出来ません。アプリ内課金というのは可能ですが。
 しかし、我々が希望しないアップデートも必要ないですね。今回何がアップデートされたのか見ずにインストールしてしまったのですが、せっかくアップデートしてくれたのに、これではアプリに対する不満も出てきます。
 
 システム開発には「バグ」という言葉があります。まさに虫という意味ですが、虫である以上、勝手に沸いてきたのではありません。タマゴがどこかにあったはず。
 当社で担当するパートも、些細なことからこういった問題が起きないようにしなくてはいけないな、と強く感じた週末です。
Comment(2)

コメント

sis

まぁおっしゃるように、iPhoneアプリはアップデートに課金できない分、開発者のモチベーションを保つのは難しい気がしますね。
(無償なのに)好意のアップデートで不具合が起きるのはなんとも複雑ですね。自分としては無償でやってくれてるから少々の不具合はどうってことない派ですが、AppStoreレビューのひどさを見ると、ユーザーの目は厳しい。

それにしても、たしかにiOSアプリではクラッシュなどの不具合が多いように思う。まさかMac上でシミュレートだけして実機でテストしてない、なんてことないんでしょうかね。いちいちアップルの審査が必要で、修正にも時間がかかるAppStoreですから、一般公開は慎重にしないといけない。
10人だったか100人だったか、には端末IDを登録すればAppStore通さずダイレクトでアプリインストールでき、非公開テストもできるんですがね。

>sisさん
なるほど、いろいろ情報ありがとうございます。

コメントを投稿する