やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

教育者を育成するのって、難しいよな

»

 ProjectKさんが「少人数教育」というエントリーを書かれていたのを拝読して、感じたことです。

 ここに書かれている学校のみならず、大学、大学院、専門学校がこぞって、その筋の有名人やビジネスマンを講師、教授などで迎えることが増えています。たしかに、ビジネスの経験のない先生からビジネス的な話を聴いてもピンと来ない。そりゃそうです。
 なのですが、一方でその迎えた人が教育者として適任かどうか、というのも難しいところだと思います。ビジネスの世界においても、自分が出来る=教えることが出来る、ではないのと同じですよね。いや、もっと高いレベルが必要になるでしょうね。

 例えば、専門学校だから専門的なことを教えればそれでいい、というものでもないように思います。これは、大学でも、大学院でも同じだと思うんですよね。特に、社会で直接役立つことを教える場合は、教える側のスキルというよりも、リテラシーが求められるように思います。
 社会で役立つスキルと共に、振る舞いとか、心構えといったところでしょうか。behaviorですね。
 また、例えばITを教えるのであれば、JavaやDBといったものばかりでなく、ブログとかTwitterやSNSというものについても教えることが出来ると良いな、と思うわけです。会社人におけるブログの位置づけとかいったものですね。遊びのダダ漏れは良いけれど、仕事のダダ漏れはダメなんだ、なぜなら、といった具合です。
 
 こういう教育者を育成するのって、大変なんでしょうね。きっと行政がやってくれるわけではなさそうだし。

 「教育者でもないのに理想ばかり言いやがって」と思われるかも知れませんが、少し前から感じていたことなので、書いてみました。

Comment(2)

コメント

その分野の専門的な知識を備えるということと、教えるためのスキルを持つというのは案外独立しているのではないかと思います。

私の父は教師でしたが、趣味でかじっているだけのスキーなんかでもインストラクターより教えるのが上手だったり、民舞などで自分も教わっている身なのに、例えば子どもに教える側に回ると自分の師匠よりも上手く伝えられたりということがあったようです。

つまり「教えるスキル」というのは、それ自体で応用が効く部分があるということだと思います。そういった意味では、そうした教えるスキルを身につけた人物に「教えるべきビジネス経験」を積ませる仕組みがあれば、最強の講師が生まれるかもしれませんね(笑)

>ProjectKさん
お父さんは、教えるとか、伝えるということに長けていらっしゃるんでしょうね。すばらしい。
日本ではあまり定着していませんが、インストラクショナルデザインとか、インストラクショナルテクノロジーというものがあります。(韓国では、かなり進んでいるようです)
instructionという考え方が、そろそろ日本でも必要になってきているように感じる今日この頃です。

コメントを投稿する