人事領域(上流/elearing/ERP)コンサルでの人材開発/人事の一歩先の動向を考えます!

2chに見るサイト運営者の責任と表現の自由との兼ね合い

»

最近2chの周辺動向がかなりあわただしくなってきていますね。

発端は、この記事にもあるように、35歳の男性会社員が「2chで誹謗・中傷された」と東京地裁に書き込み者の情報の開示を申し立てたことに始まっているようです。裁判所はこの訴えを認め、2ちゃんねる管理人のひろゆき氏(30)に開示を命令しているのにも関わらず、ひろゆき氏は出廷することなく、これまで1日5万円の制裁金を課されたおり、結果会社員男性の債権は500万円を超えている。そこに対しひろゆき氏の財産の仮差し押さえを申し立てたのです。「財産」には軽自動車や銀行口座が含まれるが、2ちゃんねるのドメインである2ch.netも差し押さえの対象となっているというものです。

私は実を言うとひろゆき氏と対面で2度ほど話したことがあります。前職にて実は社内で2ちゃんねるの方々とコミュニティビジネスに関するディスカッションを何回か重ねたことがあるのです。私は会議室でのディスカッションで1度、ひろゆき氏も交えた飲み会で1度話しています。当日はまだSNSもブログも隆盛していない時代で、企業においてコミュニティビジネスをどのように展開していくかの黎明期にありました。

その当時非常に印象に残っているのは、幹部向けの会議室に2ちゃんねる関連の方々(モナー人形作成者やひろゆき氏、運営会社の東京プラス関係者などなど)が一同に解しているのですが、全然弊社の社員とかみ合っていなかったことです。各自会議参加者には名前のプレートが配られているのですが、2ちゃんねる側の参加者はネームプレートはすべてHN(ハンドルネーム)であり、弊社社員は全て本名。当方はスーツで先方は普段着、ひろゆき氏はヘアバンドというラフな格好であり、そもそもスタイルからしてかみ合っていなかったのですが、双方の意見もあまり有益なディスカッションにならなかったように思います。確かにSNSを企業向けソリューションとして展開するような構想を以前勤めていた会社と2chとで抱いていたのですが、結果やはりソリューションとしてきちんとした形をとることが出来なかったことからみても、シナジー効果がでなかったことがわかります。

当時からひろゆき氏はたくさんの訴訟を抱えており、午前中はずっと法務局にいるといっていました。それでも様々な訴えを処理しきれないといっていたのが印象的です。そう考えると現在の裁判を全て無視しているというのも、対応仕切れなくなった結果として今の状況にあるのではないかと推測されます。結果として意図的に無視しているということなのではないでしょうか?私にはそう思えますが実際のところはどうなのでしょうか。

2chでは先日から「賠償金滞納処分差し押さえ物件」とトップページに表示しています。管理者たちが皮肉っているのだと理解していますが、2ちゃんねるらしい対応です。

そもそもドメインを差し押さえるということ自体異例であるし、資産としても無形資産なのか有形資産なのか、そもそもドメイン登録者がひろゆき氏でないのに差し押さえできるのかなどが結構話をされていますが、何故だかあまりこの件と表現の自由を論点として真剣に考えている論陣を見かけません。

結局のところ、この2ちゃんねるの問題は「サイトを運営する立場の人間がどこまで管理するのか」ということです。様々な論説では君臨すれども管理せずという2ちゃんねるの立場に批判的な論調が多いのです。また匿名での書き込みに対する批判というのも非常に多いように思います。

しかし私は個人的には本当にそういった点だけ考えればいいのかということが大きく気になります。これだけサイトとして有害であるとか、匿名書き込みには情報の信頼性がないとか言われていても、2ちゃんねるが未だに巨大サイトであり、ある種の世論を動かす要因(田代まさし投票の件や江ノ島のごみ拾い、モナー人形でのエイベックスとの一件などなど)となりえているのは、それだけそこにアクセスに値する刺激的な情報がその良し悪しは別としてあるからなんですよね。つまりはユーザーに求められている情報がそこにあるわけです。もちろん非常に一部にはそういった違法な情報もあるでしょうが、ある意味ではメディア規制がかかっていない信頼性は低いが生の情報が得られるわけです。

これってちょっと東スポに似ていると思うんですよねw根も葉もない事を面白おかしく書いて、ユーザーもその信頼性が低いのが分かっていて楽しむ。そこを違法にならない範囲内で楽しむというのが東スポであり、2ちゃんねるの本当の楽しみ方だと思うわけです。

2ちゃんねるについても、匿名情報で刺激的な表現を書き込み者も投稿するし、それを楽しむ一定層(1000万アクセスですからかなりの量です)もいる。毛嫌いする人が多い一方で、2ちゃんねらーも相当数多いわけです。

サイト管理者が全ての情報を開示するべきなのであれば、基本的には彼らが自主規制をせざるを得なくなるわけです。これはテレビやマスメディアにおける表現において、テレビ局が自主規制をするのに非常に似ています。ただ大きく違うのは、放送は出演者をテレビ局が選べるし、生放送でなければ編集も出来ることです。

これはネットの場合にはどうでしょうか?自由に様々な参加者が自分の意見を他人のサイトや掲示板、ブログ、SNSに書いていくという中で、管理する側が全ての情報を把握し管理することが非常に難しいわけです。YOU TUBEなどは神経細かに違法ファイルのアップロードがないか管理をしていますが、それでも精々アダルト関連コンテンツをフィルタすることくらいで、著作権や人権についてはまだまだ自主管理が出来ていないのが現状です。先日のYOU TUBEのブラジルにおけるアクセス規制などその典型であるでしょう。

web2.0で盛んに昨年あたり言われていた常にβ版という概念はこの危険性を一層大きなものにしています。mixiにしても常に違法な写真をアップする可能が付きまとうし、You Tubeも前述の通りです。またMy Spaceの音楽ファイルも同様です。

違法なコンテンツがそのサイトに乗っていたり、誹謗中傷の元になっている情報を常に情報開示することは運営者にとって必要なことではあると思います。しかしすべての情報を運営者が自主規制することが当たり前になる社会が果たしていい社会でしょうか?

いまや前述の表現の自主規制は雑誌、テレビ、ラジオ、映画などの主要なメディアでは強くなっている傾向にあります。それによって摩擦や刺激の強い表現や多様な意見というものをメディアはあつかいづらくなってきている。そこを吸収していたメディアがネットであり2ちゃんねるだった訳です。

以前に書いたネットにおける著作権と同様に、この表現の自由とサイト運営ということをどう考えるのか、これもネット社会が今後進んでいく上で法律も含めて利用者一人一人が真剣に考えなければならないことだと思います。各個人が本当に言いたい事を言えるメディアはいつの時代でも求められており、それを上手く運営する手法と法律の充実も必要な施策であると考えています。皆さんの意見も聞かせてください!

Comment(9)

コメント

mohno

今回、問題となっているのは自主規制がないことではなく、誹謗中傷の削除という受身の規制も行っていないことでしょう。(YouTube のように)個別の問い合わせや裁判所命令に対応していれば、起きなかったことです。

outofdate

「コンプライアンス」の一言に尽きます。東スポとの比較とか、表現の自由などを持ち出すまでもないことです。

ひろ

コミュニティサイトを運営したことがありますが、投稿されたものを削除すべきかどうかの判断がとても難しいです。2chほど大きなサイトとなると、一般の人が考えているほど削除は簡単ではありません。投稿が多すぎてすべての文章を読むこともできないので、掲載した内容の確認はできません。また、すべての削除依頼に応じるのも難しいと思います。

実際2chは、たくさんの誹謗中傷などが書き込まれるため、現在のままでの運営は難しいのではないかと思います。かと言って、2chの存在意義は大きく、強制的に閉鎖することは避けるべきだと思います。

存在させる方法としては、削除依頼に応じる代わりとして、書き込まれた投稿を1週間程度で自動的に消して新しいもののみを掲載するという方法もあるかもしれません。

mohno

判断は大変かもしれませんが、掲示板の運営者にはこれが求められます(NIFTY への投稿について運営者の責任が問われたというのが最初だったような)。
西村氏の場合は、収入がありながら(本人談)、責任を果たしていないというところが批判されているのだと思います。
ところで「2ch の存在意義」って、そんなに大きいですか?:-p

てけれ

ネット上で何でもやっていいと思うなら別ですが、
やっぱりコンプライアンスは必要なのでしょうか。
この記事を読んで、大分ショックを受けました。
第十章・自殺した2ch被害者たち
http://resistance333.web.fc2.com/newpage10.htm

夕刊フジ

日本最大の掲示板「2ちゃんねる」(2ch)の管理人・西村博之氏(30)に対し、男性会社員(35)が全財産の仮差し押さえを申し立てたことを伝える13日付本紙報道をきっかけに、2chでは憶測が広がり、 ネット史上最大ともいえる閉鎖騒動が起こっている。男性への殺人予告や誤った情報をもとに無関係な連絡先が晒されるなど、一部の“ネット暴徒”に反省の様子はない。
草創期から2chを知るITライターは、ユーザーの質の低下を嘆く。
「以前の閉鎖騒動の時は、コンピューターに詳しい2chユーザーが協力し合い、技術的な問題を解決して乗り越えた。 しかし今回は2chに依存するユーザーが『自分たちの居場所を奪うな』とダダをこねるばかり。匿名を盾に集団で申立人を個人攻撃するなど、かえって2chの問題点が浮き彫りになった」

taps(管理人)

>mohnoさん
再びコメントありがとうございます。

そうですね。今回の差し押さえ話が裁判に出廷しないことで敗訴したことに起因するという話からも明らかですね。彼らは法の決定に対して正しく対処しなかった。もしくはできなかった。

私が言いたかったのは、サイトの運営主体がベンチャーで個人単位で運営しているような団体の場合(今回の2chだって実態は自分はそうだと思っている)、現在の法制度のもと訴訟に対応した場合出廷や資料集めなど含めると対応しきれなくなってしまうのではないかということです。現在のような多元的にメディアを運営している本人すら管理できないほど訴訟が膨張して身動きがとれなくなるなんていう自体も発生しうる。

おそらくは法制度と行政の対応が古いのではないのかと思うのです。今の訴訟とか個人情報リスクは5年前には無かったことばかりなのに、その為の対応すべき法と行政のプロセスは全然改革されていかない。スピード感からしても違うのではないのかと思うわけです。

>outofdateさん
始めまして。よろしくお願いします。
コンプライアンスに尽きるのは私の上述の点からも同感です。
法を守るという視点で考えたときに、法制度の対応が後手に回っていて、その権利の考え方も後手に回っていると思います。

また企業教育の視点ではコンプライアンスにおいてeラーニングに強制力を持たせるというのは自律型人材育成が流行ってしまった日本において今求められていることだと最近実感しています。

自分にとってもコンプライアンスとSOXの絡みと人材育成の連動は非常にホットなトピックです。現在実施しているeラーニングのプロジェクトでもうまく実現できたらと最近格闘している日々です。

法令遵守と偏に言っても事業あるところすべてに何かしらの法律があるので各会社ごとにそのリスクの抱え方も違いが出てきています。

個人情報保護がどうしても必要な企業もあれば、安全な貿易の遵守が命題の企業もあるし、セクシャルハラスメントの徹底がローカライズされた形で各地域で必要な会社もある。特に最近の日本企業はグローバルに進出することが多いので、世界の各地域で抱える法的リスクを考慮しながら社員教育をしなければならないわけです。これは最近自分が取り組んでいるプロジェクトの命題ともリンクするところがあるので、きちんと皆様にご報告できる機会があればお話させていただきます。

法制度の遵守とひとえに言っても、それを遵守する側と法を行使する側との両面で社会があるということを常に敏感になって、法制度のアップデート化を促していくことも必要なことだと自分は日ごろ考えています。

>ひろさん
投稿されたものの削除を管理するのは本当に大変ですよね。個人の日記やブログですら迷うのに、炎上が各地で起こる訳で純粋に人件費とまめな巡回が必要になると私も感じます。

自動掲載とdat落ちによって目に触れにくくしていくという方法はありますね。結局ビューアーでしかみないものの参照率は下がるわけで、そこでフィルタリングと個人の特定をできるように促していくという方法は管理側のリスク提言としてはすでにされているともいえるかも知れませんね。

しかしサイトでの言動にここまで責任が追求されてしまうともうネットではうかつに物が言えないので、また本当に便所に落書きし始める奴が出てくるのではないかと本気で思ってしまいます。

2チャンネルの管理体制と管理人「ひろゆき」氏についてはむずかしい問題ですね。 そもそもの根源は誹謗中傷する人間自体にあるはずです。2チャンネルは匿名性が高いがゆえに中傷のような言動を抑圧する心理的プレッシャーが少ないのでしょう。
しかし、この問題をすべて管理人の責任にすることにも疑問です。 もっとも、意図的に裁判を無視し続けていたり、その発言などが「一般人」の反感をかっている要因になっていると思ってしまいます。 もう少し真摯な態度をとってもいいような気がしますが・・・

taps(管理人)

>gussanさん
そうですよね。私も同感です。誹謗中傷する人が一番悪い。でそれを放置している管理人も悪いのですが、この問題は『意図的に裁判を無視し続けていたり、その発言などが「一般人」の反感をかっている要因』と一般的に思われていますが、彼らのサイトが大きくなるにつれて、裁判沙汰が非常に多くなり対応できなくなったのではないかと思うのです。

結果として裁判は無視しちゃう!のが2ch流ということになった。でも実態は法的な意味での炎上を管理しきれなかったのではないかと思うのです。法制度だけでなく、プロセスを早期化しないと駄目ですね今の裁判は。

コメントを投稿する