通信業界特殊偵察部隊のモノゴトの見方、見え方、考え方

7周年という通過点にオルタナティブ・ブログという「場」を改めて考える

»

思い起こせば私がオルタナティブ・ブログで書き始めたのは2007年2月19日。オルタナティブ・ブログがスタートして2年弱くらい。実は立ち上がった直後から存在は知っていましたし、いろんなブロガーのエントリーをそれぞれ見たりしつつ、思うところあって自分でも参加するようになって早5年半近く。自分がその年月にふさわしく成長してきたかどうかってのは甚だ疑問ではありますが。

 

とりあえず7年続いてるオルタナティブ・ブログという「場」があるから、というトコロ

エントリーを書き始めてから今日で1947日。残念ながら毎日書く甲斐性は無いのでエントリー数はその半分くらいだし、ここ数ヶ月は諸般の事情でエントリーを書く頻度が落ちてるんですが、継続日数をエントリー数で割った平均は2.2くらい。つまりこれでも実は2日に1本くらいの割合でだったりはします。過去の長い期間にわたって平日はホボ皆勤賞という時期があったおかげなのですが、流石にこのアタリは自分を取り巻く環境の変化が頻度に直接影響するよねと言うのを改めて思い知るところです。

因みに勢いで「私、ブロガーです」と名乗る事が極稀にあるのですが、どうにもそういう看板を自分に付けるのは性分に合わなくて、「とりあえずブログは時々書いてます」くらいの表現にする事が多いです。また自分自身が組織に属している以上世の中的に非常に大きな話題となっていて自分としても一言言いたくなってもどうしても触れる事が出来ない話題があるのも事実で、このあたりの葛藤が時々訳のわからないエントリーになってしまうのを反省することが(最近特に)多いのも事実です。

たとえば比較的最近にも、それなりに世の中的に話題となっていた内容(しかもそれが私の専門領域に直接間接に関わる話)について前後の説明や解説をキチンとしないまま自分の思う部分だけをエントリーにしたら「意味わからん」あるいは「オタクの自己満足乙」みたいなコメントが付いた事もあったのですが、そのコメントの裏側のキモチはキチンと理解しつつ、更に自分の文章力の無さに改めて肩をおとしつつも「何かしら伝えたいと思ったことは自分なりにキチンと伝える努力を続けよう」と改めて思う次第です。

でも、それもこれも、この「場」に自分がいるから=悩む事がそもそも贅沢だ、という話になるんだろうなと考えて、これはイカンと精進に勤める今日この頃です。

 

「場」自身の7回目の通過点

オルタナティブ・ブログで書いている皆さん、特に長くこの場に居る皆さんが多かれ少なかれ感じているのに「場」自体の変化があり、そして当然「場」をとりまく(私も含めた)個々の人の変化があるわけです。ただ、それはそれとして、この場でブログを書いているそれぞれの方がこの「場」を選ぶ基準と理由はそれぞれ様々ですし、読む方の思うところや立場もそれぞれだと思います。

ところでそういう大きな話はともかく、お前自身はどうよ?と言われるととりあえず現状はTwitterやFacebookなどといった場とは違ういわゆるブログと言う形ではココしかないので、その意味では非常に強く依存している部分があるのは事実です。ただ、諸々変化しているなかでココをどうやって自分が活用すればよいのかというトコロで色々と考える事が多いのは事実です。それは「場」の変化よりも自分自身の環境の変化に依存するところが非常に強く、誰に責任がある話でもないのですが。

なんて事をツラツラ考えつつ、とりあえず7年目の通過点を超え、更に先に続いてゆく(であろう事を強く希望している)オルタナティブ・ブログという場の活況をブロガーの皆さんや読者の皆さんと一緒にお祝いしつつ、さて、次にエントリーとして何を書こうかなぁ… 諸々御幣がある件はマズいしなぁ…

 

因みに7に纏わる話が無いって?

いや、まぁそういわれると身も蓋もないんですが、とりあえず年で数えると今の勤務先に移ったのが7年前の2005年で、仕事は展示会周りのサポート。しかしもう7年になるのかぁというのが正直な心境。更に7年前の1998年っていうと当時勤務していた日本アイ・ビー・エムでIBM総合フェアなるイベントをゴリゴリやってました。更に7年前の1991年となるとジュネーブでITU TELECOM91という巨大な展示会のサポート。因みに更に7年前の1984年は大学四回生(関西なもので)だったのですが、前年には所属していた交響楽団渉外担当として定期演奏会の場所取り、訪問演奏会の仕込み、合宿の仕込みなどなど… 大学のときの話は微妙にずれますが、7年ごとに振り返るとそれぞれ何となく自分的に節目となる何かをやってた時期にたどり着きます。

じゃぁ今年はどうよって?
いや、まぁそれは自分だけでは決められないですから。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する