通信業界特殊偵察部隊のモノゴトの見方、見え方、考え方

で、一体何をつかってスケジュール表を作れば良いんだ?

»

目の前にあるのは、向こう三年くらいまでをカバーする長大な諸々の活動のプラン。とりあえずやっつけなくてはいけなかったので、EXCELで作ってA3で出力。でも当然のように更新しようとすると嫌になってしまいます。でも逃げるわけには行かない。さぁ、困った。


まぁ、何年も前から同じ問題で困っているのですが

マイルストーンをまとめても、当然その前後の作業があります。それはそれでTo Doを別表にまとめても、どうしても全体の作業工程やワークロードとの整合性や調整をし辛い。仕方ないので昔使ってたMicrosoft Projectを引っ張り出してパタパタと入れてみましたが、どうもこっちも具合がよくない。

さて、どうしたものやら


元々Project Managementというのは専門ではないのですが

イベント事やキャンペーン物というのは基本的に一つひとつがプロジェクトです。その意味では場数に任せた経験だけはありますし、感覚的に何をどうすれば良いかは解っているつもりではあります。事前の準備から本番、そして事後の後片付けまでが一つの流れになる訳ですが、一つの案件に集中できることは稀で、大抵は幾つか並行して走ることになります。幾つかのピークが重なることも当たり前です。当然のように幾つかがLINKして動くこともあります。

まったく、どうしたものやら。


流石に今はちょっと特殊な状態なのですが、何とかしなくちゃ

結局何年経っても試行錯誤。なんだか進歩がありません。他にも色々と試してみましたが、帯に短し襷に長し。結局今回も目を皿のようにしてExcelと格闘するしかないのかなぁと半分諦め。ため息が出ます。

本当に、どうしたものやら。

Comment(5)

コメント

apprentice

おつかれさまです。
Apprenticeです。
これから先恐ろしく忙しくなるかと思いますが、そんなときはなんなりとお申し付けください。まだ右も左もわからず、ただひたすら前方しか見えていないヒヨッコですが、なるべく早く知識とノウハウを吸収し、全力で頑張りますので宜しくお願いします!
あと、MS Projectは是非使ってみたいです。
それでは明日のエネルギー補給のために寝ます。
Good night Sir!

岩永さん、こんにちは。
私の場合、「スケジュール表」を作ろうと思うから駄目で、タスクの開始日と締切日表があって、それが随時更新されて関係者がそれを頼りに見ていればOKなんだと気づきました。
Excelは個人でロックをかけるのでむいてなくて、Microsoft SharrePointとかタスク管理ツールのBacklogとかが気に入っているツールです。

依頼者は、私が頼んだ仕事に漏れが無いか、執行者は私がすべき仕事はどれかが分かればいいわけで、プロジェクト管理者視点で見やすいものと思うから、頼りにされず朽ち果ててしまうのだと思います。

一応第3回WebマーケティングROI Dayという東京国際フォーラムでのイベントを3ヵ月半の準備で何とか乗りきっての感想です。

Microsoft Projectは建設業界のような積み上げ式のものだと向いているかもしれません。工数管理にもいいかもです。
しかし、やったことがどんでん返しで手戻ったりとかが頻繁にある業界には向かないのじゃないかと某社で実感しました。その某社のプロジェクト管理はVisioを使っていましたっけ。あれは絵が描きやすくて便利でいいです。

apprenticeさん、コメントありがとうございます。
まぁ、仲良くやりましょう(笑

坂本さん、ご無沙汰しています&コメントありがとうございます!

そうなんですよね。よくある管理ツールってイベント事のように極端な変更が当たり前、でも実施日は変らないといった性格のプロジェクトを管理するのにはあまり向いていないモノが多いんですよね。それでも必要な進捗の報告だけは何とか解りやすく表現したいと思いつつ、現場の感覚からすると何を使っても要は最適なTASKの割り振りと締め切りの管理が出来れば良いんだからとか思いつつ・・・ 試行錯誤、行ったり来たりです。

因みにVisioは使ったことないですね。ちょっと試してみようかと思案中です。

コメントを投稿する