ヴィジュアル、サウンド、テキスト、コードの間を彷徨いながら、感じたこと考えたことを綴ります。

初「初音ミク」してみた。ミクさんルカさんのデュエット「日本の、光り。」

»

初めて初音ミクを使った歌を作ってみました。

日本に降り注ぐ光が織りなす色彩をテーマに、四季の光景を1曲の中に詰め込みました。
5分で、四季を早送りできる、おトク(?)な歌です。
ほぼ暗い歌しか書かない人なので、こんな明るい希望のある歌を書くと、なんだかこそばゆいです。

※送り仮名は意図的なものです。
※動画中の英文は、訳詩ではなくイメージを伝えるための文章です。

ボーカロイドは我が国発のすばらしい技術であるにもかかわらず、まだ若年層の中にとどまっていると思うので、ボカロって何?っていう人にも親しみやすく、高齢者が孫やひ孫とデュエットできるような歌、を作ってみたいと思いました。
で、「電子唱歌」を目指してみました。
昭和一桁の高齢者に「ミクさんていう歌手はいいね」と思ってもらえたら、うれしいです。

動画は、手持ちの写真で賄ったものにすぎません。
美しい写真をお持ちの方なら、それぞれの地域の日本の光りを作れると思います。動画のBGMとして、ぜひ。mp3ファイルは、ピアプロに置いています。カラオケ版も置いてます。

ちなみに、上の動画の写真の撮影場所は、主に、愛媛県鬼北町です。
一筋の光の写真は、鬼北町からJR宇和島駅に向かう車中で、後部座席から、SONY デジタルマビカで撮ったものです。解像度640×480、3.5FDに直接記録できるという画期的な製品でした、当時は。

ミクさんに日本語を歌ってもらって満足したので、ようやく重い腰をあげて、ニコ動のアカウントをとりました。
ニコ動にも、ピアプロにも、これから少しずつ親しんでいきたいと思います。
ルカさんのアルバム出してるのに順序逆じゃんとかツッコミはナシよ。

次は、こういったオーソドックスな歌ではなく、Windowsアプリに絡めた実験的な歌を作りたいと思っていて、現在進行形です。

この作品には、ピアプロ・キャラクター・ライセンスに基づいて、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社の「初音ミク」と「巡音ルカ」を使っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する