10年以上の海外経験とIT知識を共有しアナタと一緒に成長していくブログ

日本の教育に必要なプレゼンテーション力

»

先日、子供達の授業参観に行きました。そこでは地元の消防署、下水処理所、幼稚園など様々な業種の紹介が発表会形式で行われていました。

自分の子供達のクラスを含めて4,5クラスを回ったのですが共通して感じた事は「観客に向かって話をしていない事でした」。多分、子供達は発表をする目的を理解しないまま準備をし、発表会をしているんだろうな。。。ととても残念な気持ちで学校から帰ってきました。

せっかくあれだけの準備をして発表する内容まで暗記をしているのに、1)子供達の声が小さく発表内容が聞こえない、2)観客に向かって発表していない、3)重要なポイントがわからない。などの多くの問題点が目に付きました。これが日本教育の現状なんだろうなと改めて考えさせられました。

11月から子供向け英会話学校の先生と「楽しい!英語スピーチ&会話のクラス」を毎週日曜日に開催しています。日本の子供たちがもっと積極的に人前で発表し、自信をつけてもらう目的で開催しました。英語でのスピーチや会話が主ですが脳トレなども入れながら楽しいクラス作りをしています。現在参加してくれている生徒は小学生から高校生まで様々な年齢ですが共通点は多く、6週間のコース終了後にどのようになっているか今から楽しみです。

1番の問題点は「なぜ?何の為に?発表会をするのか」ということを子供達に理解させないまま発表会をだと思います。自分達が得た知識を他の人に理解してもらい共有する為に発表会をするということがわかれば自然と自分達の目の前に座っている人たちに向かって話しかけるようになると思います。結局のところ、目的を理解して初めてそれを達成するための行動が起こるのだという根本的なところが教科書ベースの授業では教える事が難しいのだろうという想像できます。

私達の英語クラスでは一番最初から「クラスの最終ゴールとしてスピーチの発表会をやります。その目的は自分の言いたいこと思っていることを君達の親にわかってもらうためです。」と言っています。またクラスの中で、自分の想いを人に伝えること重要性やスピーチの持つ力などを事例や実際のスピーチを通じて体感してもらうことに主眼を置いて子供と一緒に学んでいく姿勢をとっています。

今後は日本の学校でも以下のようなスピーチの基礎を学ばせ、国際社会にでても海外の人たちと対等に戦える力を身につけて上げさせる必要があるのではないかと思います。それまでは微力ながら少しでも多くの子供達に自分の考えを人前できちんと論理的に話す力の大切さを伝えていければと思っています!

SpeechBasic1.jpg

SpeechBasic2.jpg

=======================================
岡のMy Web ページ (市場の動向や最新情報などを掲載): http://ibm.biz/ryosuke

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する