ソフトウェアは私たちに幸福をもたらすことができるのか

ブログ資本主義とは?

»

toyokeizai130  「ブログ資本主義」。本田さんのブログで紹介されている「週刊東洋経済」7月30日号のカバーストーリーです。

 以前から、日本でどのビジネス誌が最初にブログをカバーストーリーにするかを気にしていた(これとかこれ)のですが、東洋経済がめでたく(?)トップバッターとなりました。ちなみに「ブログで解雇者が出たときに特集になるのでは?」という予想はめでたく裏切られました(笑)。

 表紙にデカデカと「ブログ資本主義」と書かれ、「はてな」の近藤さんが登場!そして18ページの渾身の特集です。IT専門誌ではないので、時事問題との関連つけて説明したり、韓流の味付けをしたりと一般の人向けの配慮が随所に見られます。(インフォテリアの社内ブログも紹介していただきました。)

 そして、ブログ資本主義のサブタイトルは「U30世代へのワープ」。話題としてもちょっとワープしてるかとも思いますが(笑)。ちなみに、U30とはUnder 30の略で、30歳未満という意味です。たしかにブログやSNS周辺では20代の人たちの活躍が著しいですね。「U30の旗手たち」として紹介されているのは、はてな社長の近藤さん(29)、グリー社長の田中さん(28)、グリー副社長の山岸さん(29)、イーマーキュリー(mixiの運営会社)社長の笠原さん(29)、フォートラベル社長の津田さん(29)、ペーパーボーイ社長の家入さん(26)、ドリコム社長の内藤さん(27)と、我々の世代がロートルに見えてしまうほどです(笑)。

 さて、カバーストーリーのタイトルになっている「ブログ資本主義」とは何か?それは、2:8の法則(パレートの法則)に象徴される「大衆資本主義」でなく、AmazonやiTunesの成功にみるロングテール理論が支配する新たな資本主義と位置づけてられています。このロングテールについては、業界では今年の3月頃に話題になっていたのですが、一般向けには目新しい話題なのかもしれません。また、この現象においてブログは一例でしかないのですが、それをあえて「ブログ資本主義」と名づけて特集全体をうまく構成しているところが編集者の手腕ですね。

[追記 05/07/29 22:30] 最終パラグラフ追加。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する