~攻撃は最大の防御なり~正解のない対策を斜めから斬る

5点と4本の線で作る「Androidの指パスワード」強化法

»

指パスワード強いですねぇ。・・・と言っても、ZとかNとか、ジグザグ系は「よくありそう」なパターンです。4点以上を結ぶのとなると、何か考えちゃって「なかなか良いのが見つからない」感じがします。

AndroidのパターンロックはFBIでも解読できない?

FBIが押収した犯罪容疑者のAndroidから情報を抜き出すためアンロックしようと試みたものの、失敗に終わったそうだ。そのため、Google側に必要な情報を提出するよう依頼する事態になっているという(WIREDArs Technica)。

ただしとある2ちゃんねらーから「嫁に指紋跡で解読された」との報告もあるため、画面を綺麗に保つことも安全管理上、重要かもしれない。

文字のパスワードネタは、このあたりの過去ブログを参照下さい。これ、指パスワードと同じく「自分が摘まみやすい部分」だけ選べばいいのです。

指パスワードですが、上記引用にある指紋跡で解読された!とあるように、残ってしまうものですが、指パスワードだけを考えずに、画面全体に残る指紋跡だけで考えてみます。

例えば、画面の中央から十字方向へは、よくスライドするはずです。横画面を見たり、縦スクロールなど。。。また、画面下部は、文字入力時によく使うエリアです。

では、3分クッキングの如く、

1.画面をキレイに拭く

2.いつも使っていそうなアプリや動作をしてみる

3.画面を消して、指紋跡をナナメ目線で見てみる

これで、普段使っていそうな動作の指紋跡を付けることが出来ます。ハンドクリームを付けてからやってもいいでしょう。

そして、その動きの中から「9つの点」に当たりそうな場所を選ぶだけです。

ここがポイントなのですが、一度通った場所を戻ることです。ただし、一度使った「点」は戻っても使えないので、以下のようになります。

もちろん、これ私は使ってません(爆)

20120321-211615.png

順番通りにしたのが「これ」2→3→4のところが部分戻りしてるところです。

android指パスワード.png

・・・例えば、こんなようにすることで、随分変わるでしょう。

これらのパターンですが、練習してから「コレ」と決めたら、一度メモに書いた方がいいです。

本来書いちゃイケナイのですが、何パターンも作って決めたら・・・どれかわからなくなった(体験談)があるからです(笑)

それでも、10回も入力していれば指が覚えますし、間違いなく入力しているつもりでも、たまに弾かれます。戻りパターン前後で指を早く動かしすぎると別なポイントに当たってしまうからです。

なので、自分でも間違える(ゆっくり入力すればいいだけなのですが・・・)パターンは最強だろう!と勝手に思い込んでます。

今一度、見直してみる機会にしてみませんか?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する