http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0914/

「NHKスペシャル 臨死体験 立花隆 思索ドキュメント 死ぬとき心はどうなるのか」

 立花隆の『臨死体験』の本はだいぶ以前に読んだ。非常に興味深いものだった。何よりも臨死体験のさいに見る「あの世」の世界観が、体験者の文化(日本、米国、インド)に規定されている(日本人の多くは三途の川を渡り、米国人は渡らずにお花畑を見、インド人の多くは閻魔大王に会う)ということが、臨死体験における「あの世」の普遍的実在生よりも、脳内の「幻覚」である蓋然性の高さを示しているように思えた。立花も、この本の時点では脳内現象であるという結論に近かったと思う。一方で、今回の番組にも登場した利根川進への取材本では、利根川の「心は科学的にすべて解明できる」という主張に違和感を表明していたと記憶する。

 今回の番組では、臨死体験者の取材(1歳で危険な状態にあった米国の男の子が2歳でその記憶を、周囲の様子とともに語り始めた、という例が面白い)より、多くの取材を科学者にあてている。その科学者にも「心と脳の関係」や「あの世の実在」について、数学的に脳神経のクモの巣構造と意識の「量」の対応を証明できるとする人や、自身の臨死体験から「あの世」の実在を科学的に論証できるとする人まで、様々な意見が取られる(それらの論証過程については詳細には語られない)。最終的な結論については不確定なまま、それぞれの研究や意見を「事実」として並べてゆく立花の手法をドキュメンタリーも踏襲していて、それが見る者それぞれで思索する楽しさにつながる。

 というわけで、以下は番組の紹介ではなく、むしろそれで触発されて僕が勝手に考えたことである。昔から考えてきたことだが、まとめて公表したことはないので、自分勝手な文脈になっているかもしれないし、読みにくいかもしれない。興味のない人には寝言に過ぎないだろうとも思うが、たまにはこんな記事もあっていいかと思ってブログに載せてみることにした。

 意識(コンシャスネス)を「心」の一部と規定し、その「量」を数式であらわした研究者は、意識を、クモの巣よりも複雑にからみあった脳神経の情報系により生ずる現象としている。これは僕もそう思う。数式に関してはわからないが、きわめて高次の方程式になるような電気信号/情報のいきかいの結果生ずる領域であろうという推論は妥当なように思える。そう考えると、意識現象のすべてを脳の部位に還元する思考は、どこかで限界を迎える気もする。意識を統合すべき中心(自我)の物理的な脳の場所は、特定できないのではないか、という直感がある。脳神経ネットワーク全体(あるいはその広範囲な領域)から、疎外されて生じる意識領域があり、統合そのものが脳の全体的な機能なのではないか、という仮説になる。この構造によって、個人の自我、人間の意識あるいは心が(またその領域の拡大が)、現実から遊離し自立した領域であるという自己言及をもたらすのではないか、とも感じるのだ。

 人の言語は、目の前の現実を描写する形態とともに、目の前にはまだ現前していない現実をもたらす形態(命令形など)がある。抽象化された想像の領域から現実を実現しようとする(おそらくは元来呪術的な)形態が言語/意識に存在するといってもいい。この領域が、やがて自身の意識そのものへの自己言及をもたらすのかもしれない。番組の中で「想像力」に言及している部分は、そのことを裏付けようとしているように感じた。この「想像=創造」の領域が、神話、物語を生む。また、そこに存在しない領域の拡大は、人の記憶の拡大貯蔵を可能にし、現在の選択による「記憶」の生成をもたらすと思われる。

» 続きを読む

natsume

http://www.nhk.or.jp/historia/backnumber/213.html

偶然やっていたので観た。以前から漠然と疑問に感じていたことのひとつだったが、関ヶ原合戦のとき、周辺住民(地元農民)たちはどうしていたのか。まさに、それを間接的な資料などから再現した番組で、なるほどといろいろ面白い発見をした。戦国時代には、一般に農民と武士の境界は曖昧で、江戸期のような飼いならされた農民とは別の存在である、というのが大雑把な知識だった。が、戦後期を通じてそこには農兵分離などの変化があり、ここに登場する農民はひたすら無償労役を課せられ、戦闘時には山に逃げていたようだ。農繁期には戦さをしない、というのも戦国後期にはなくなり、かなり被害者的な存在として描かれている。関ヶ原の農民は、結局家康に直訴し、「禁制」を直接もらうことで、自力救済を行ったということらしい。また、落ち武者狩りは行わず、戦死者の埋葬慰霊を行い、今でもその習慣が続いているという結末には、ちょっと感動した。そのあたりは、どういう変化を背景に起きたことだったんだろうか。
こういう、地味にみえてしまう番組も、たまにはやってくれるとありがたいなあ。

それにしても、たしかに「歴史」とは現存する文書資料をもとに作られた世界観に過ぎないのだな、とあらためて思った次第。

natsume

早稲田EXの7回連続講義も、次の土曜で最終回となりました。最終回は、これまでの夏目、岩下朋世、野田謙介、三輪健太朗の講義を受け、質疑と討議を行う予定です。
初回の夏目講義のレジュメを公開します。

2014.7.12 早稲田大学EX中野校 連続講義「手塚治虫の世界 -手塚治虫とマンガ論研究-」

 第一回「手塚治虫をめぐる現在の課題」夏目房之介

1)「マンガの神様・手塚治虫」像の社会的浸透=手塚の「死」

1989(平成元)年2月9日 手塚没(1928(昭和3)年11月大阪生 亨年60歳)【注01】

2月10日付朝日新聞訃報「手塚治虫さん死去」〈『鉄腕アトム』『火の鳥』など日本のストーリー漫画とテレビアニメーションの創始者である漫画家、手塚治虫(てずか[ママ]・おさむ、本名治)氏〉下線引用者以下同 【図1】

〈多くの漫画家に影響を与えたことや、斬新な手法や、テーマの開拓・・・・そのことの根拠はさまざまに語ることができる。けれど、いつも語り尽くされた気がしない。/それは、手塚漫画が、いつまでも乗り越えられない何かを備えていたからだと思う。〉夏目房之介「ジャングル大帝と共に生まれた僕」同年3.10「週刊朝日」「夏目房之介の學問」330講 手塚プロダクション+村上知彦『手塚治虫がいなくなった日』潮出版社 95年p259,262

夏目は後、92年『手塚治虫はどこにいる』95年『手塚治虫の冒険 戦後マンガの神々』(共に筑摩書房)、竹熊健太郎らとの共著『マンガの読み方』(宝島社)で「マンガ表現論」を提起。面白半分的批評から本気へ。

〈戦後半世紀近い日本マンガの歩みを振り返ってみると、現在ではわれわれが当然のことと考えているマンガの約束事のほとんどが初期の手塚治虫によって考案され、使用され、そして発展させられていることがわかる。〉四方田犬彦「半世紀にわたる時代のうねりと格闘した“手塚まんが”の地平」89年2.24「アサヒグラフ」 同上p237

 94年『漫画原論』(筑摩書房)で記号論的共時的なマンガ論を展開、「表現論」の一翼とされた。

〈わたしはつねづね彼を、戦後日本でもっとも重要な役割を果たした人物のひとりだと確信していた〉関川夏央「手塚のほかに神はなし」同年4月号「諸君」 同上p243 91年

同追悼文含む『知識的大衆諸君、これもマンガだ』(文芸春秋 91年)上梓。谷口ジローとマンガ共作もある。

以上のような言説がマスコミで広く流通し、手塚の「死」によって「手塚神話」は社会的に広く共有された。

夏目(50年)村上(51年)四方田(53年)関川(49年)と、いずれも戦後ベビーブーマー(竹熊は60年生で第一次おたく世代)。夏目は89年当時39歳、マスコミ発言層に食い込みつつあった。

手塚の死以降、「BSマンガ夜話」放映(NHKBS2 96~09年)などもあり、マンガ批評言説は拡大浸透し、2000年代の学術系マンガ研究につらなる。「手塚神話」は、そこで継承~批判・相対化の時代を迎える。

» 続きを読む

natsume

八卦掌大刀練習を初めて数ヶ月。9月4日(木)の李老師講習会をもって、ようやくトウロを全部やった。一段落。今後は、基本の掌法に戻る。だが、大刀最後の部分は駆け足でやったので、これから自主練習で少しずつ定着させなければ。

大刀が始まってから、たしかにガンガンと体が鍛えられてる感に満ちているが、同時に負荷も大きく、僕の場合左足の小指の痛みがかかとに移動し、さらに太股裏の筋肉痛から腰に影響がきそうな感じなので、鍼灸に通い始めた。体のまとまりと、力のつながりに関してはものすごく効果を感じる練習だが、同時にケアも心しないと。

講習会で習ったことは、自主練習会でみんなで復習するほか、毎日の自己練習でも反復している。一日おきに模造大刀を使っているが、おもに人の少ない近所の小規模な公園でやる。雨のときなどは、大崎駅近くのツタヤの前の広めの屋根付き通路でやっていた。ここは、現在公園造成工事中で人通りも少なく、前から日曜の雨の日などに八卦掌練習に使っていた。距離がかなりあるので、大刀練習にもいいのだが、以前から警備員などがしばしば様子を見にきていた。場所柄、店や女性の通行人などから苦情がきそうな場所であることは予測できた。
大刀練習となると、すぐに通報されるのではと思ったが、思いのほか数ヶ月(むろん月に数回の頻度だったが)は無事にすんだ。それが、本日はじめて警察官が3人やってきて、非常に丁重に注意を受けた。住所氏名年齢などを聞かれたが、感じは悪くなかったので素直に答えた。
「監視カメラで見させていただいたので、練習でやられているのはわかるんですが、苦情が出ましたので、どこか屋内などでやっていただけませんか?」という感じだった。苦情はおそらく周辺住民と店だろうと思う。まあ、こちらは一応自分の能力で周囲に怪我のない範囲でやっているつもりだが(実際周り中大刀振り回す講習会の密集の中でも、ほとんど危険はない)、素人の、とくに女性が見れば恐怖を感じるのも無理はない。そんなわけで、ツタヤ前ではもう大刀をできなくなった。しょうがないので、雨の日は棒を使うか、傘を使ってやるしかないな。

講習会では20人近い人間が(中には大刀がステーキナイフに見えるほどでかい外人もいる)所狭しと動いて練習しているのだが、すでにそれぞれ練度も上がっているので、きちんと周囲の空間を認識して刀を振っている。どこに人がいて、次の動きがどうなるかを看取しながら各自動いているので、思うほどの危険はない。たまに当たりそうになることもあるが、よけるか、止められる。考えてみれば当たり前なのだが、それは練習している人間だからいえることで、知らない人が見れば相当に危ない練習だとしか思えないだろう。じっさい、李先生のいうように、相手を断ち切るような気持ちで「悪」になってやろうとすれば、そりゃあ見ていて怖い。
しょうがないこととはいえ、この練習はまだしばらく続けたいので、悩ましい問題である。とりあえず、木目の壁紙を刀身に貼付けて木刀に見せかけてみようかな。

natsume

Photo

ウィンザー・マッケイ『1905-1914 リトルニモ』はちびちびと読書中。

以下、このところ読んだマンガ単行本です。

○柴田ヨクサル『ハチワンダイバー』35(集英社)
 完結編。最後まで、わけのわからん怒濤の熱意は尊敬。
○王欣太『達人伝』6(双葉社)
 相変わらずのホラ話的で強引なノリ、面白くなってきました。
○佐藤秀峰『特攻の島』7(芳文社)
 いよいよ出撃間際の緊迫感。ぎりぎりの攻防が読ませます。
○作リチャード・ウー、画コウノコウジ『クロコーチ』6(日本文芸社)
 「三億円事件」に発する謎の警察影組織の話が終わり、新たな、さらに大きな陰謀に移っていくところです。やっぱ、面白い。
○三浦建太郎『ギガントマキア』(白泉社)
 プロレス風味のファンタジーというべきか? 少女と朴訥な戦士が巨人化し、昆虫人間の巣を襲う帝国側人類の操る巨人と戦います。
○諸星大二郎『夢見村にて 稗田の生徒たち(1)』(集英社)
 やー、やっぱり諸星は面白い。夢見の呪術を日本の古い村とからめた表題作は楽しめました。夢みるの大好きなので。それにしても諸星の頼りなげな線で描かれる風景や人物が、なんでこんなに生々しいんでしょうか?

natsume

八卦掌仲間と池袋演芸場の「噺坂」という落語会へ。

「開口一番」歌実
「夏泥」甚五楼
「錦の袈裟」三三(さんざ)
「臆病源兵衛」左龍
「素人鰻」菊之丞

「臆病源兵衛」は初めて聴く噺だと思う。三三は前にも聞いたが、やはりうまかった。与太郎の工夫がいい。間も見事。歌実という若手は一生懸命で、さすがにうまくはないが、好感がもてた。ほかの噺家も面白かった。今の落語は面白いね。
菊之丞は、円菊の弟子だそうで、円菊の物まねが懐かしかった。円菊は志ん生の弟子で、まじめそうな噺家なのだが、妙にオカマっぽい仕草が独特な噺家だったが、嫌味がなく、何となく好きだった。末広でも何度か観ていた。菊之丞は熱演だったし「素人鰻」も久しぶりに聴いて、懐かしかった。そうそう、明治の殿様商売の噺だったなあ。楽しい時間でした。落語、やっぱりいいなあ。

natsume

Photo 本日は自主ゼミの企画で練馬区立美術館に「あしたのジョー、の時代展」を鑑賞に。しかし、案の定学生は二人しかきていなかった。

Photo_2

 この展示は『あしたのジョー』の原画展示によるストーリー解説と、同時代の諸現象を組み合わせて構成されている。原画、セル、アニメグッズや丹下拳闘クラブの模型などと、雑誌、フォークソングブーム、TVCM、当時の新宿の写真やスケッチ、力石葬儀と寺山修司及び「天井桟敷」、アングラ演劇やパフォーマンス、そのポスターなど、時代状況を感じさせる展示で観せる。軸になっているのは「肉体の復権」的な時代の流れと三島自刃や土方巽などをからませた視点。

Standa_up_joe http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/tenrankai/joe2014.html
 はじめ学生がいなかったので、一人でじっくり観ていた。あとで学生が二人来たので、「あ、これ多分新宿南口のとこ」とか「この店よくいった」とか、思い出話をしながら2時間以上丹念に展示を観てしまった。自分でいうのも何だが、当時をリアルタイムで感じていた人間の証言つきで観られるチャンスだったのに、おおむね学生はこういうのに興味をもたないものなのだ。まあ、無理もないが、歴史に興味をもつ人が少ないのかなあ。

学生にはいささか迷惑だったかもしれないが、僕個人は楽しかった。





natsume

Photo 出ました! 「アメリカン・コミック・ストリップの最初にして最高の傑作」ウィンザー・マッケイ『夢の国のリトル・ニモ』「完全収録」の『1905-1914リトル・ニモ』448ページ!(小野耕世・訳、解説 小学館集英社プロダクション) すごい! まだ読み始めたばかりだけど、素晴らしい! もともと新聞日曜多色版の大型紙面なので、縮小してはいるが、これが単行本としてはぎりぎりの大きさだろう。小学館集英社プロダクションの快挙である。これで6000円は、はっきりいって安い! 色彩もいいし、読みやすい。これまでも翻訳はあったが、これが最高といっていいだろう。いやあ、満喫。ニモのかたき役で登場したフリップといたずら好きのジャングル小僧が最高にかわいい!

Photo_2 見よ、この波の表現の素晴らしさ。

Photo_3 見よ、この象の迫力!

Photo_4 見よ、この色彩構成! 「日本のマンガが世界一」などと無意識に信じ込んでいる人は、20世紀初めの米国で描かれたこのマンガを一度見てほしい。

「ウィンザー・マッケイは、『リトル・ニモ』のなかで、ありとあらゆるコミック・ストリップの技法上の実験を早くもやってしまったのだ。線と色彩、言葉と画面の全体としての新機軸をうちだした。彼は、コミック・ストリップを発見した、というよりほとんど発明したといってもいいだろう。」小野耕世解説・帯

natsume

http://eiga.com/movie/78218/

外すと残念な感じの話だったので、ちょっと迷っていたが、面白かった。温暖化を解決するはずだったある物質の成層圏散布がもたらした氷河期の中で、なぜか唯一生き残ったとされる、永久機関的に世界を1年で回周する列車。そこに生き残りの人類が詰め込まれ、階級分化したまま走っている。最後尾には悲惨な被支配階級がうごめき、彼らの「革命」が発動するという話。
むちゃくちゃ制約のある設定で、小説ならともかく、映画では展開も映像もなかなか難しかろうと思われたが、2時間余、まったく飽きない。よくできている。監督は韓国の人で、これがはじめての英語版らしい。原作はグラフィック・ノベルで原題は「Bitters End」みたいだけども。

natsume

http://www.momat.go.jp/Honkan/core/index.html

http://www.momat.go.jp/Honkan/core/index.html

わけのわからんタイトルだと思ったが、「宝」の意味がみそで、現代美術がどんな条件でどれだけの高値でオークションに出るのか、ふつうの美術展ではまず避けるだろう「お金」の問題を正面から解説したという意味で、非常に面白い展示だった。また美術館とコレクターの違いを、その側面から教えてくれた。

それと、このコレクションは台湾にあって、つまり日本占領下での現代美術を見ることもできる。なかでも、サンユウ(常玉)という人の作品は、とてもよかった。

natsume


プロフィール

<!-- include:/natsume/profile_name.html -->夏目 房之介<!-- /include:/natsume/profile_name.html -->

夏目 房之介

72年マンガ家デビュー。現在マンガ・コラムニストとしてマンガ、イラスト、エッセイ、講演、TV番組などで活躍中。

詳しいプロフィール

Special

- PR -
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリー

オルタナティブ・ブログは、専門スタッフにより、企画・構成されています。入力頂いた内容は、アイティメディアの他、オルタナティブ・ブログ、及び本記事執筆会社に提供されます。


サイトマップ | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告案内 | お問い合わせ