http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2014/0419.html

以前、終わるとこだけ偶然観て残念に思ってたらETVで再放送していた。今回は冒頭の15分ほど見逃したが、ほぼ全体を観ることができた。とても面白いNHK特集のドキュメントだった。何よりも、ストラドをはじめとするバイオリンの音色を色々と聴くことができて、何だかやたらと懐かしかった。「ツィゴイネルワイゼン」など、父がよく弾いていて、好きだった曲がサワリだけ次々出てきた。

父は、ストラドの膠は今は作れない特殊なもので、傷ができると自分で埋めるのだと話していたと記憶するが、膠によってストラドが特別なものとなった説は今は科学的に否定されているそうだ。ストラドの歴史を観ながら、番組は様々な角度からその特徴や構造を(素人のわかる範囲でだが)検証してゆく。ストラドの材料になった高地(イタリア北部)の森の樹は今もあるが、温暖化で年輪の均一性が変わり、同じ時期からの松の樹はすでにきわめて貴重らしい。そこで楽器の材料用の木の経年を十数分で数百年分進める機械なんかも開発されているらしい。すごい話だなあ。
現在の職人、楽器製作者の検証も面白かったが、一方で病院のCTスキャンを使って3Dデータを再現したり、バイオリン全体の振動を画像化したり、無響室で演奏者のぐるりにマイクをとりつけ、音の指向性を3Dグラフ化してみせたりする科学的検証も興味深かった。現代のバイオリンと違い、奏者の斜め上前方の空間に向かって音が伸びる特性がストラドにはあり、それが大きな会場でも音を届かせるのではないか、と語られていた。しかし、演奏者はそれを「音が大きいのではなく、音がピュアだからなんだ」と語ったりする。客観的な検証と人間、ことに奏者の印象の、それぞれの表現の仕方の違いが面白い。
また、ストラドは17世紀末〜18世紀前半、バッハと同時代に制作され、その後、貴族の宮廷からコンサートホールの巨大な空間での演奏へと時代が変わったことで、じつは弦を長くし、その張りの強度を強め、そのためにネックの角度を変え、駒の高さをあげたり、構造を変えて作り直されていたという。多くの楽器がそれによって壊れたりした中、ストラドはそれに耐えたばかりか、より大きく、届く音を出すようになったのだとか。驚いたなあ。
こういうのを観ていると、だんだんストラドが生命をもつ存在に思えてくる。実際、演奏者にとってはそうかもしれない。ある奏者は、しばらく弾かないと音が出なくなる、しまっておくと呼吸できないんだと思う、と語り、日本公演の前半に音が出ずに苦労していたら、母親がストラドに語りかけ、それからいい音が出るようになったという挿話をうれしそうに語っていた。そういうことも、いかにもありそうに思えてくる。

ところで、ストラドは現在600ほど残っているそうだが、じつはそのすべてが少しずつ異なっているらしい。にもかかわらず、共通する構造があると、3D解析をした人たちが主張していた。それは、駒の立つところで、バイオリンの表板の重量がちょうどつりあい、内部の仕切り棒のところで裏板の重量がつりあっている。さらに、仕切り棒のところで内部空間の容積もちょうど半々になるんだとか。重要なのは「中心」なのだという。それを彼らはプリンシプル(原理)と呼んでいた。おお、李老師の語る八卦掌の「中心」の原理と同じでは!(まあ、こじつけめいてますが、ついそう思ってしまいました)

また現代のバイオリン製作者たちと研究者たちが集まって合宿しているところが映り、そこで知恵と職人技を結集してストラドを厳密に再現したという集団製作のバイオリンが紹介され、両方を弾き比べる場面で番組は終わる。素人の僕には、どちらもすばらしい音色に感じたが、演奏者も「驚いた」といっていた。うまいストーリーの作り方で、番組も締まって終わった。
知的好奇心を刺激してくれる、いい番組だったが、それ以上に久々にバイオリンの音色を存分に楽しめて、ありがたい番組でありました。

natsume

歯ぎしり? 2014/04/16

久しぶりに歯医者さんに行きました。
そしたら、結論からいうと、寝るときにマウスピースをはめましょう、と。
どうも、歯をくいしばっていて、ひょっとしたら歯ぎしりもしてるらしい。
つか、気づくと歯をくしばってはいて、そのため上の奥歯に負担がきているのは、ここ半年ほど感じており、そういえば朝起きると奥歯に負担を感じ、ここしばらく相当寝てもすっきり起きられない。ぐだぐだしてる。つまり、思い当たるわけです。
なので来週マウスピースを作ってもらいます。このままだと、自分の歯がどんどんぼろぼろに壊滅していくらしい。参ったなあ。

歯医者さんいわく、ここ10年くらいで、以前の10倍くらいに、このての患者が増えているんだとか。彼によると、コンピューターの影響ではないかと。以前は保険適用外だったのが患者急増によって適用になったんだとか。
「高いお金と手間かけて歯を作っても、歯ぎしりですぐ壊しちゃうんで、頼むから噛みしめないでくれっていうんですけどねえ」
そう歯医者さんはいうんですが、そんなもん無意識にやっちゃうわけで、まして寝てる間に歯ぎしりしてるのを止めようがない。
「僕のストレスを誰か負担してくれれば、すぐ治るんだけどね」
といったら、「それは僕も同じです」だって。やっぱストレスあるんじゃん。

年にもう2〜3回バリに行ければ、多分歯も無事なんだけどなあ。

natsume

19

この時期、バリは正月(ニュピ)前で、悪霊を誘い出して追い払う祭りを行う。そこで対象にされるのが、写真のような巨大なオゴオゴというはり型。昔は木、紙、竹で作って最後に燃やしたが、今はプラスティックで作り、かわりのシンボルを燃やすという。

20

ティルタガンガのあと、次回に宿をさがそうと思っている山の奥の村を通ってウブドに帰り、現地の食堂(ワルン)でサテカンビン(山羊の串)を食べる。地元の味でおいしい。僕がバリでこういう現地のものを食べるのは体がバリ化した滞在3日目以降が多い。胃腸も現地になれるのに時間がかかる。

Photo_2

いつもバリに行くと、書や絵を描くんですが、今回はなぜかまったくだめで、ようやくこんな絵しか描けなかった。ようやくリラックスはできたものの、創作に集中するだけのエネルギーがなかったみたい。バリでは東京のような情報の多様なインプットがなく、その処理機能もほぼ停止するので、アウトプットに向かうのかもしれないが、今回はリラックスするのに手一杯な感じだった。次回は、行く前にもっと体調管理をしっかりして、万全にして行きたいなと。

natsume

13314326

ティルタガンガの水の王宮の池に咲く睡蓮。

13414326

いつもは一般人も観光客もプールとして泳げる真ん中のプールは、この日、大掃除でした。

1314325

水の宮殿の入り口付近からの風景。奥の建物が現在ホテルになっています。その左隣に泉が湧いていて、地元の人は聖なる山アグンの地下水だといいます。泉の背後に大樹があり、そこに祠があり、つまり日本同様に山、泉、大樹が神様として祭られているってことでしょうね。

» 続きを読む

natsume


7
というわけで、ビンタンパリの前に広がる水田風景の右側に目をやると、まさに大きなホテルを建設中です。僕の泊まったコテージのすぐ隣で工事をしてるので(しかも夜中までけっこう働いてます。ほとんどがジャワからきた労働者だそうです)、まあ色々と音も聞こえます。

814322_2

それでも、この宿の見晴らしはまだ開けていて、夕日は美しい。僕は、何も考えずにただぼーっと日が暮れていくのを眺めるのが大好きです。かなりの急坂を登らねばこられない場所にあるので、自転車でしか移動しない僕は、日に一回ウブド中央に行って帰るくらい。したがって、宿に帰ると読書くらいしかやることもなく、時間はひたすらゆっくりと、贅沢な暇なときが過ぎてゆくというわけです。ちなみに東京では午前2〜3時に寝て、9〜10時に起きる僕が、バリでは12時前後に寝て、朝7〜8時に起きる(時差1時間なので日本時間では午前1時に寝て8時に起きる感じ)。TVも新聞もネットもないと、まことに健康(ただし最近はウブド中心ではFree Wifiが普及し、PCとかを持っていればいつでもアクセスできるようになってきている)。

914321

まだ雨期があけきってないのか、前半はけっこう雨が降りました。ウブド中心あたりを歩いていたらスコールに出会い、店の軒先に避難。天のバケツをひっくり返したような雨。でも、この男性的な雨が僕は好きで、雷を見るのも好きなので、むしろ楽しみ。それにスコールのあとは、涼しい風がやってくるので、よけいいい。

1014321

ある日、ウブド中心地のモンキーフォレスト通りとハヌマーン通りをつなぐ通りの途中で、雨に降られ、おまけになぜか店の天井に犬を発見。なかなかの珍風景。

» 続きを読む

natsume

今年は、一年間の疲れが尋常ではなく、さすがにバリに行く直前に胃腸の調子がよくなくて、エド鍼灸院に通って何とかつくろいましたが、バリでリラックス状態(自分で「バリ化」と呼んでいる)に入るのに、少し手間がかかりました。
また、ここ数年通っていたウブドの山側の宿の隣に大きなホテル建設が行われており、やむなく別の宿をとりました。

1three_dewis_14317

ウブドの中心に近いビスマ通り裏にある水田の中のコテージ。写真の右奥のやや古いコテージ「スリーデウィ」の二階にまずは投宿。水田の中に、というより、昔のウブドを知る人間からみると、コテージに囲まれて残った水田というべきですが。それでも、夜中に蛍をたまに一匹見ることができました。このあたりは、ビスマ通りも、そこからちょっと歩くと出られるウブドのメインストリート(王宮前の通り)も、たしかにむちゃくちゃ便利ですが、まあいってみれば原宿の裏道に泊まったような感じもあります。

214318

「スリーデウィ」の部屋の窓からの風景です。ごらんのように水田をはさんでコテージが林立しています。

32bisma

ビスマ通りを奥に行くと、こんな感じでコテージ普請中です。あらたに建設されるコテージは、たいていクーラーやTVのついた、かつての宿から考えれば高級なスタイルで、当然高く、逆にいうと僕などの泊まる宿はどんどん減ってゆく傾向にあります。

» 続きを読む

natsume

気づいたら一ヶ月以上ブログ記事をのせていませんでした。すいません。
じつは、しばらくブログ記事入力画面に入れなくなってました。かつ、3月後半に例によってバリに12日ほどいっておりました。帰国後、すぐに大学が始まるために準備などに追われ、このブログとしてはけっこう長い休暇になってしまいました。

まずはバリ報告から再び始めます。

natsume

http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/archives/t_event46.html

岩下朋世・三輪健太朗トークイベント「『少女マンガの表現機構』×『マンガと映画』」

講師:岩下朋世(マンガ研究者・相模女子大学メディア情報学科専任講師)、三輪健太朗(マンガ研究者・学習院大学身体表象文化学専攻博士後期課程)
聞き手:伊藤剛(マンガ評論家・東京工芸大学 マンガ学科准教授)
日時:2014年3月29日(土) 16:00~17:30
場所:米沢嘉博記念図書館 2階閲覧室
料金:無料 ※会員登録料金(1日会員300円~)が別途必要です。

 

natsume

卒業生の発表 2014/02/23

先週大学院入試終了。ようやく今期の大きな仕事はあらかた終わり、終わった途端、駅に向かう自分が、突然ゆっくり歩いていることに気づいた。これまで、どれほど気がせいていたか、せかせか歩いていたか、ということだ。というより、「もう早足で歩きたくないぜ、俺は」という気分。

そんな中、2月15日(土)、武蔵大での「ジェンダー&イメージ研究会」に参加してきた。わが身体表象専攻のマンガ・アニメ系の卒業生が、卒業から1年後、修士論文についての発表をしたからだ。少しアガっていたようだが、修論をさらに整理して発表してくれた。就職して1年、相当忙しいはずで、こうした発表をするのは大変なことだと思う。それだけに、担当教授としてとても嬉しかった。
内容は、以下。

1)「美形敵キャラクター」と女性アニメ視聴者
  -1970年代 テレビアニメ受容の転換期- 福嶋綾佳

2)「魔法少女」表象再考― 「魔法少女」のこれまでとこれから
   須川亜紀子(関西外国語大学)※『少女と魔法 ガールヒーローはいかに受容されたのか』という本を書いた方です。勉強になりました。

打ち上げにも誘っていただき、とても楽しく過ごさせていただきました。
その後、少し予想はしてたものの、ドドドドッとばかりに積み重なった疲れが身体から染み出してきて、今ひたすらに心身を休めて回復に努めているところ。

natsume

http://midnight-guys.jp/

アル・パチーノ、クリストファー・ウォーケン、アラン・アーキンが元ギャングの老人を演じる。アル・パチーノは28年の刑期を終えて出獄。彼を迎える親友のクリストファー・ウォーケンは、彼を殺さねばならない。二人は、最後の時を過ごす中で、今は老人施設にいる仲間を「救い出す」。そして、まるで若者の一夜の冒険のような夜を過ごす。

いい映画です。そして、かっこいい!
昔のソウルが鳴り響き、ブルージィな雰囲気の中で、残り時間を数える男たちの渋い会話が・・・・。
面白かった~。トシとったせいか、余計こういうのイイです。

natsume


プロフィール

<!-- include:/natsume/profile_name.html -->夏目 房之介<!-- /include:/natsume/profile_name.html -->

夏目 房之介

72年マンガ家デビュー。現在マンガ・コラムニストとしてマンガ、イラスト、エッセイ、講演、TV番組などで活躍中。

詳しいプロフィール

Special

- PR -
最近のトラックバック
カレンダー
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Special オルタナトーク

2014年に向けて

カテゴリー
エンタープライズ・ピックアップ

news094.gif 顧客に“ワォ!”という体験を提供――ザッポスに学ぶ企業文化の確立
単に商品を届けるだけでなく、サービスを通じて“ワォ!”という驚きの体験を届けることを目指している。ザッポスのWebサイトには、顧客からの感謝と賞賛があふれており、きわめて高い顧客満足を実現している。(12/17)

news094.gif ちょっとした対話が成長を助ける――上司と部下が話すとき互いに学び合う
上司や先輩の背中を見て、仕事を学べ――。このように言う人がいるが、実際どのようにして学べばいいのだろうか。よく分からない人に、3つの事例を紹介しよう。(12/11)

news094.gif 悩んだときの、自己啓発書の触れ方
「自己啓発書は説教臭いから嫌い」という人もいるだろう。でも読めば元気になる本もあるので、一方的に否定するのはもったいない。今回は、悩んだときの自己啓発書の読み方を紹介しよう。(12/5)

news094.gif 考えるべきは得意なものは何かではなく、お客さまが高く評価するものは何か
自社製品と競合製品を比べた場合、自社製品が選ばれるのは価格や機能が主ではない。いかに顧客の価値を向上させることができるかが重要なポイントになる。(11/21)

news094.gif なんて素敵にフェイスブック
夏から秋にかけて行った「誠 ビジネスショートショート大賞」。吉岡編集長賞を受賞した作品が、山口陽平(応募時ペンネーム:修治)さんの「なんて素敵にフェイスブック」です。平安時代、塀に文章を書くことで交流していた貴族。「塀(へい)に嘯(うそぶ)く」ところから、それを「フェイスブック」と呼んだとか。(11/16)

news094.gif 部下を叱る2つのポイント
叱るのは難しい。上司だって人間だ、言いづらいことを言うのには勇気がいるもの。役割だと割り切り、叱ってはみたものの、部下がむっとしたら自分も嫌な気分になる。そんな時に気をつけたいポイントが2つある。(11/14)

news094.gif 第6回 幸せの創造こそ、ビジネスの使命
会社は何のために存在するのでしょうか。私の考えはシンプルです。人間のすべての営みは、幸せになるためのものです――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(11/8)

オルタナティブ・ブログは、専門スタッフにより、企画・構成されています。入力頂いた内容は、アイティメディアの他、オルタナティブ・ブログ、及び本記事執筆会社に提供されます。


サイトマップ | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告案内 | お問い合わせ