夏目房之介の「で?」

灰原薬『応天の門』8 新潮社

»

灰原薬『応天の門』8 新潮社
「学問の神様」にされている菅原道真の若き頃、色狂いの検非違使・在原業平とともに事件を解決するバディ物。なのだが、この巻あたりから道真が自分の階級的存在に気付き、揺らいで、いよいよテーマは将来の道真につながっていく成長を感じさせる。物語が、より大きな枠組みで変わっていく予感がする。面白い展開になっていてほしいなあ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する