夏目房之介の「で?」

映画パンフ第三弾。

»

映画パンフ第三弾。この「ゴースト イン ザ シェル」は、米国でビデオセールスの上位になって、その記念に英語版を日本で凱旋上映したときのものだと。「101匹ワンちゃん大行進」は、61年と古いけど、まだ資料として残す意識が中途半端で、途中切り取って、マンガについてのノートに貼り付けたりしてる。何せ、まだ小学生なんで。「ネオ・ファンタジア」も好きだった。DVD出たころ、まだ小さかった長男にみせたら、子猫が消える場面で「猫ちゃん死んじゃったの?」と繰り返し聞いて泣いてた。かわいかったなあ。一所懸命説明したけど、納得したんだか、どうなんだか。「平成狸合戦ぽんぽこ」はかなり好きなアニメ。高畑勲アニメの中では一番好き。「AKIRA」はもちろん凄かった。これ一発で大友克洋は世界的なアニメーション監督になった。音楽もよかった。「マルクス兄弟」も、小林信彦の影響で観た。「教養」だったなあ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する