夏目房之介の「で?」

最近のマンガ読書

»

この水木しげる漫画全集には解説エッセイを書かせてもらいました。ちょうど南方で半死半生の戦争体験をし、帰国後の貧乏のあたりで、書いた内容にもあっていた。『阿吽』は、最澄が急ぎ帰国し、空海は権頂を受け、いよいよ佳境。『ハルシオン・ランチ』はかなりクレイジーでよい。『でぃす×こみ』が終わってしまったあ~。描くの大変だったろうなあ、とは思いますが、今少し読みたかったなあ。

DSC_0731.JPG

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する