夏目房之介の「で?」

NHKスペシャル「人体 3集 骨」

»

https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html...
NHK特集「人体 3集 骨」の録画みた。この「人体」シリーズ、「最新」の研究成果を紹介するということで、面白いのだが、基本的に欧米の研究論文などを検索して紹介してるんだと思う。山中伸弥教授がプロローグで率直に「まだ完全に証明されたとはいえない状態なんで仮説ですが」といっているので、先端的な研究論文の仮説的な人体観の紹介としてみて置くのが正しいだろう。つまり、定説ではない、ということ。
とはいえ、微細な情報伝達物質の内臓や骨、筋肉での生成と、その指令が脳やほかの臓器などに伝わって相互に働きあう、というイメージは、端的に東洋医学(中医学)の五行相克思想に非常に似た人体機能のイメージに近づいている。というより、多分この番組自体がそう考えている。情報伝達を示すCGがすでに、そういう図像で作られている。なので、一応中国武術や薬膳を通じてその手の人体観に親しんでいる我々としては、あーやっぱりそうだったのね的な印象。とはいえ、それはそれで安易なので注意深く考えないといけないところだけど。
それはともかく、骨細胞が作る伝達物質が、筋力、免疫力、精力の活性化を促し、そのほか記憶力も活性化する物質を骨が放出し脳に影響を与えている(つまり「若さ」を保っている)、というのは驚きだった。番組では、骨自体の生成促進と抑制の物質もまた骨の内部で作られ、そのコントロールを促すのは重力による骨への衝撃なのだという。つまり、骨は人体の構造を作っているだけではなく、そこへの衝撃のセンサーシステムになっているのだ。 我々は八卦掌の練習で老師から毎年、夏はスジを鍛えて伸ばし、冬は骨を鍛えるといわれているので、そうか、これが「若さ」を保っているのかあ、と妙に感心。でも、最初にそういわれたときは、「骨ぇ? なんだかなー」と感じたのだから、いい気なものだが。
にしても、そうなると長い時間重力から逃れられてしまう宇宙飛行士や今後さらに遠く火星まで行こうという人間は、何らかの形で重力を再現しないと、ただひたすらひ弱で物覚えの悪いバカになってしまう可能性があるなじゃないの、と思ってしまった(笑)。やっぱ『2001年宇宙の旅(Space Odessey) 』のループ型宇宙船すか?

Comment(1)

コメント

くみかおる

『2001』のあれは今後も採用されないのではと思います。理由は二つ。①回転体を宇宙船が抱え込むと軌道変更が難しくなる、②メンテナンスが大変。零戦の有名な戦法に「左ひねりこみ」というのがあります。アニメの『紅の豚』でも(架空のフロート付き戦闘機でしたが)出てきます。プロペラが回りますね。すると力学の関係で、旋回するときに半径が小さくできて、敵機に背中を取られても相手の背後に回れるという日本海軍の戦闘機技術です。で、宇宙船内にプロペラ的な回転体があって、ロケット噴射で軌道変更をかけると、ちょうど零戦が左ひねりこみするのと同じ力学が働いて、計算した方向に軌道が変わってくれないのです。むろん回転体の質量や角運動量を計算に入れればいいわけだし、回転体を二対にして互いに反対にまわせば角運動量が相殺されるので一応解決なのですが、今度は②の問題が出てきます。エスカレーターだって定期的に点検しますよね。ということは点検のために回転を止めないといけないわけですが、止めると今度は宇宙船本体のほうが逆回転を始めてしまいます。先の二対回転体に設計すれば回転の完全停止は可能ですけど(互いに回り続ける回転体に同じ減速をかけて止めればいい)、故障パーツの交換はどこから調達するのでしょう?宇宙船は荷物が少ない方がいいから交換部品なんて少ない方がありがたい。こう考えていくと『2001』式の回転体は現実の宇宙船では今後も採用されないのでは、という結論になります。乗員に一日一時間の筋トレを課するほうがメンテが楽なのです。(現在の宇宙ステーションがまさにこれです)

コメントを投稿する