夏目房之介の「で?」

みなもと先生ぱーてぃ その4

»

壇上でみなもと先生と話すモーニング創刊編集長・栗原良幸さん。その彼が何故ここにいるのかと思って、この祝辞の前に会場で栗原さんにお聞きしたら、何と、講談社入社してマガジン配属になり、初めての担当が『ホモモセブン』(1970年)だったんだそうです。なので、「担当としては面白い作品でしたか?」とお聞きしたら、「微妙だ」と。たぶん、栗原さんは『ホモホモセブン』の面白さがわからなかったんでしょうが、それで「これは、マンガとして面白いというより、この漫画家がこれを面白いと思ってるところが、おかしいのだ。マンガには、面白いマンガと、オカシイマンガがあるのだ」と納得したのだといってました(正直、わかったような、わからんような独特の栗原節ですが)。たしか、宮原さんもあまり評価してなかったように聞いているので、不思議がってさらに聞くとじつは、当時の編集長内田勝さん(あれ、すでに元かな。調べてみないとわかりませんが、多分)が好きだったんだそうです。このあたり、当時のマガジン内部の力学を少し知ってると、まことに興味深い証言でしたね。ちなみに、栗原さんは講談社ではじめての「マガジン配属(すなわちマンガ志望)の新入編集者だったそうです。僕の知る限り、67年以降、はじめてマンガ志望で出版社に入社する若者が出始めています。逆に言えば、「マンガ編集者」は、この時代以降に成立すると考えられます。

Comment(4)

コメント

栗原良幸

少し誤認されているようです。私(栗原良幸)はマンガを志望して講談社に入っておりません。マンガへの拒否感はなかったというだけです。また私を「ホモホモ7」の面白さが分からなかったと評されるのは自由ですが、編集者としての作者・作品への総合評価と同一視されかねないのは困ります。「ホモホモ7」の翌年に後の「風雲児たち」にも通じる「姿三四郎」という作品に挑戦していただいていること、またみなもとさんご自身が「ホモホモ7」を他誌で継続されなかったことなども、ご推考の視野にあってよいのではないでしょうか。余談ですが後に少年マガジンで「姿三四郎」を描いた本宮ひろ志さんは、みなもとさんの「姿三四郎」の好ましい面白さを語っています。また私には当時の編集責任者がホモホモ7を評価していなかったという記憶はありません。おっしゃるところのマガジン内部の力学というのが何を指しているのか判然としませんが、担当編集者として「ホモホモ7」に限りませんが、作品の開始と収束に不自然な力の作用を感じたことはありません。

栗原さま
コメントありがとうございます。
申し訳ありません。どうも早飲み込みの性格が治りません。「マンガ志望」ではなかった件、了解しました。この件は、すがやみつるさんのフェイスブックのコメントで、当時編集部で「マガジンを志望した新入社員がいる」と騒ぎになったと書かれていたことからの、私の勇み足です。
立ち話の文脈での栗原さんの「微妙」という言葉を、「面白さがわからなかったのかな」と聞いてしまったのも、私の早飲み込みです。私の世代にとって「ホモホモ」は一種の伝説的な衝撃的作品であったので、わずか1年に満たない連載期間が、後からみて「意外」だったのですね。ただ、栗原さんの「ホモホモ」の評価も、一応伺ったものの、今一つ理解できなかったのも事実で、今一度ご説明いただけると幸甚です。たしか小野耕世さんのその場での理解では、栗原さんのいう「マンガの面白さ」とは「物語」的なレベルでのことで、「おかしさ」とはそこを外れたもの、ということだったと思いますが。
当時の編集長が内田さんで、マンガ担当副集長が宮原さんだったかどうかは、ちょっとまだ調べておりませんが、内田さんが評価されていたというのは、私にとっては貴重なご証言でした。宮原さんはいかがだったのでしょうか? ここのところは、外側からの情報で想像するものと、現場のものとは異なっても不思議はないところですので、ご教示いただければ、大変に助かります。巷間、マガジン創刊編集長の牧野さん―内田さんのラインと、宮原さんなどのあいだには緊張感があったと聞いております。このあたり、当事者の方々はなかなかお話し難いところだと思いますが、私のいう「力学」はそのあたりを指す言葉ではあります。ただ、そのような事情とは無関係に「ホモホモ」は連載終了したということは、単純に人気があまりなかった(あるいは高い年代のマニアに偏り過ぎていた)、という理解でよろしいでしょうか? 可能な範囲でお答えいただけると、ありがたいです。
また、このやりとりを、フェイスブックに転載してもよろしいでしょうか? 研究仲間はけっこうフェイスブックのほうを読んでいると思いますので。失礼申し上げました。

栗原良幸

夏目さんのコメントに気づきませんでした。丁寧なご返信をいただきありがとうございます。ホモホモ7の面白さについては、この場でどこまで説明するのが適切なのか分かりません。会場の挨拶で申し上げた面白さと可笑しさの違いについても、目の前にいるみなもとさんへの挨拶で話せたことで、当時の関係を想像していただけたら十分と思いました。

1999年にさくら出版からホモホモ7の愛蔵版が出たときに、みなもとさんは会社の私の席に届けに来てくれました。私は留守にしていましたが、冷や汗カットの描かれたメモが同封されていました。愛蔵版にはある漫画家の寄稿による、ホモホモ7は担当編集者の無理解によって面白さが理不尽にも規制されてしまったという後書きが載っていました。みなもとさんともあろう人がと電話をしたところ「ごめん、なんとなく話しているうちにそうなっちゃって」ということでした。そのまま載せたわけですから、みなもとさんにも多少なりとも同じ思いがあったのでしょう。ならばということで、その後の私はホモホモ7の無理解な担当編集者という評価を受け入れることにしました。

ひとつだけ申せば、私はホモホモ7はもっと面白くできると思っていたのです。画期的といわれた要素だけでは実験作に終わってしまう、その上に何を描き込むかが勝負と思っていたのは確かです。ホモホモ7が連載終了した理由のひとつに、パロディーにする元の材料に苦しんでいたことがあります。人気もそれほどなかったかもしれません。私は手がけたほとんどの漫画の人気を覚えていません。ホモホモ7の終了にも他の作品と同じように、担当編集者としての納得と無念が同居していたと思います。その納得は世の中に知らしめるだけの回数は掲載したという自負でもあります。

私個人としてみますと、少年マガジンで担当したちばてつやさん、手塚治虫さん、谷岡ヤスジさん、横山光輝さんたちには漫画を教わったという気持ちがあり、戦後生まれの本宮ひろ志さんやみなもと太郎さんにはコマで考えることを教わったという思いがあります。私は後に日本漫画の基本は画文一致にありとして、コマの原理主義者の趣で雑誌を編集します。みなもとさんから直接・間接に受けた影響はとても大きかったと思います。

当時の少年マガジン編集部の人的な緊張関係については、私には何の記憶もありません。そういうことをまったく気にしなかった私の問題かもしれません。社内力学を押しつけても利がないとでもいいますか、編集部自体が戦後生まれのフラットな価値観を面白がっていたような記憶があります。内田勝さんはぼくらマガジンとの兼務になっていて、時々立ち話をされるくらいでしたが、ホモホモ7の面白さは劇画タッチと漫画タッチのくりかえしにあるよねと話されたのを覚えています。宮原照夫さんのホモホモ7評はなにも覚えていませんが、当時の少年マガジンの総頁数と掲載回数の関係から見ても、低い評価だったとは思えません。先述の愛蔵版に載っているみなもとさんの自作解説に「連載を決めた副編集長」とありますが、それって宮原さんのことじゃないですかね。
私の書いたコメントに夏目さんがお返しいただいたので、ためらいはありますがここまでは書いておこうと思いました。ネットにあげたものですので、フェイスブックへの転載も必要ならばどうぞ。ただこの先はコメント欄を使用いたしません。私はいまのところフェイスブックも利用いたしません。手元に15年前にいただいた夏目さんの名刺がありますが、そのメールアドレスが生きているようでしたら、そちらへ連絡させていただこうと思います。

栗原さま
ご丁寧にお返事いただき、ありがとうございます。理解いたしました。もし、メールいただけるようでしたら、お持ちの名刺のアドレスの@の前に「8」を入れて送っていてください。

コメントを投稿する