夏目房之介の「で?」

2017年日本マンガ学会新潟

»

2017年日本マンガ学会が新潟で開かれ(6月24~25日)、無事終了。24日の研究発表を聞き、夜は翌日のトーク午前の部の打ち合わせ。『球場ラヴァーズ』の石田敦子先生、『フットボールネイション』の大武ユキ先生と宮本大人氏。午後の部の小林まこと先生は、あとで聞いたら12時半頃に原稿を残してこられたらしい。翌日、午前の部トークを何とか進め、大好きな小林まことマンガを語りたいよおーというオーラを出し続けていたら、吉村和真氏が憐れに思われたのか、乱入してよろしいとのお言葉。よろこんで参加した。そのほか、個人的にも小林先生といろいろお話できて、まことに幸福。満喫して、スタッフの打ち上げに。が、せっかく新潟にきてるのに、う~~ん、これは違うよなあ、という憤懣を抱え、呉さんと佐和さんと3人で密かに脱走。駅近くの恵比寿やという店で、ようやくうんまい刺身にありついた。やった。これだよ、これ! その後、打ち上げ二次会に再び合流。小林まこと論を酔いながらたたかわせ、12時にホテルに帰りました。いやあ、楽しかったー。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する