夏目房之介の「で?」

「谷口ジローの味わい方」終了

»

台風のおかげで30分早く終了で、残念でしたが、久々にお会いした谷口さんは、やはりフランクに色々話していただけて、楽しい時間でした。宮本大人氏が鬼のように準備した画像も素晴らしく的確で、僕が宮谷一彦の話を出したら、即座にぴったりの宮谷作品の画像を出してくれたのにはびっくりした。お話は『孤独のグルメ』に始まり、『『坊っちゃん』の時代』『青の戦士』『歩く人』『事件屋稼業』『神々の山嶺』『父の暦』『遥かな町』など、画像を次々に見ながら、青年劇画の時代から今の谷口さんに至る時代の変遷を通し、けっこう谷口マンガの全体にわたる話ができたと思う。BDとの関係も少しは触れられたし。

その後、スタッフと食事。そこでも、デビュー作についてや、BDと日本マンガの違い、アシスタント時代の話、石川球太アシ時代につげ義春に会いたくて水木プロに行ってデビュー直前の池上遼一に会った話、川崎のぼるや山川惣治のところに行った話、上村一夫アシ時代には、ローテーション違いで会えなかったが福山庸治がいたとか、面白い話満載でした。いや、楽しかった。谷口さん、ありがとうございました。みなさん、お世話様でした。

ところで、終了後、谷口さんがすらすらとロボを描く場面を目撃。しまった、本もってくるんだった!

2012930

追伸

思い出した! 何と、谷口さんと僕の靴が、まったく同じでした!
だからどうしたって話ですが。

さらに追伸

こんな貴重なご提言つきの感想を書かれた方も。

http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/blog-entry-933.html

Comment(1)

コメント

八島秀二

今日、最前列で拝聴していた者です。 先生の絶妙な問いかけで、こんなにも谷口さんが、正直に答えてくれて、ものすごく面白い鼎談でした。(特に 宮谷一彦、、青春の件) 宮本先生の画像インサートも感心しました。 私は三省堂で買ってきた「孤独のグルメ」にちゃっかりサインをして頂きました。突然の事で少し驚かれてましたが、ササッとご自身の横顔とサインを描いて頂き、天にも昇る嬉しかったです。 学習院でのBD来日イベント、公開でしたら、ぜひ、見学に行きたいと願っております。

コメントを投稿する