25 水木しげる『妖奇伝』(1959年貸本 図版は青林堂『復刻版墓場鬼太郎 妖奇伝(上)』1992年17p)

ご存知、貸本の鬼太郎物の一場面ですが、水木は貸本時代、アメコミの古本(米兵の放出したもの)を参考にしてます。で、今回、50年代の米ホラーコミックスを集めた本に、ほぼ同じ画像を発見しました。水木版のページ下部の、走る男の後ろ姿と土を掘る男に注目。

Photo_4 アメリカのホラーコミックの「掘る男」の姿勢、ほぼ同じ。Warren Kremmer「Amnesia」1953年(Greg Sadowski「FOUR COLOR FEAR  Forgatten Horror Comics of the 1950s」(Fantagraphics Comics  2011年 196p)

Photo_5 こちらも姿勢や陰影もほぼ同じに見える。同上197p
おそらく、これが元ネタの作品と考えて間違いないんじゃないでしょうか。

Photo_8 けっこう、極め付けがこれ。同じ作品の男の顔(196p)。

Photo_9 こちら水木『妖奇伝』の同じように手で顔を覆う男(100p)。

Photo_6 もうひとつ、鬼太郎の父親の元の姿であるミイラ男(水木の設定は生き残った幽霊種族)。これも、かなり近い画像を同じ本から発見。
水木『妖奇伝(上)』(同上)45p

Photo_7これもかなり近い感じです。 Bob Powell「Servants of the Tomb」1951年(同上90p) ミイラ男の立ち姿にも、同じ絵があった記憶があったんですが『妖奇伝』には発見できませんでした。バージョンが色々あるので、ほかの鬼太郎物だったかもしれません。

 水木しげるの貸本時代にアメコミが影響していたのは、以前からわかっていて、とくにコマの割り方にもそれが見られました。陰影の入れ方や姿勢も、別に元ネタがわからなくても、見ればわかる程度に影響があります。このこと自体、50年代における日米の影響関係を示す一例で、水木だけでなくほかにも例があるはずです。が、今回たまたま学習院の身体表象文化学専攻で購入したアメコミのホラー本で発見したものは、ほぼ実証例と考えていいかと思います。水木先生に確認するとか、水木プロで蔵書を調べさせてもらって確認することも今後考えられるでしょうが。この本は、今僕のところで研究員として60年代のマンガと政治の関係を調査にきているアメリカの研究者ライアン氏が購入希望を出したものですが、ヒョウタンから駒みたいなことになりました。ありがたい。

 ところで、この本、あまりにも面白いので、僕もアマゾンで購入してしまいました。いやあ、飽きない。50年代アメコミの、それもホラー。怪しげで、刺戟的で、中には「ひょっとして、これ、メビウスに影響してんじゃない?」と思うような陰影効果や「アルザック」の元ネタ?みたいな作品にも出会えます(Basil Wolverton「Nightmare World」1952年 261p)。色っぽいおネエさんが4コマのど真ん中にまたがっているスタイル画的な構図もあったり(79p)。楽しいったらないんだ、これが!

natsume

Special

- PR -
コメント
JHK 2011/06/05 06:55

これはすごい!もっとやってください。


コメントを投稿する
メールアドレス(必須):
URL:
コメント:
トラックバック

http://app.blogs.itmedia.co.jp/t/trackback/77444/26581678

トラックバック・ポリシー


» このブログのTOP

» オルタナティブ・ブログTOP



プロフィール

<!-- include:/natsume/profile_name.html -->夏目 房之介<!-- /include:/natsume/profile_name.html -->

夏目 房之介

72年マンガ家デビュー。現在マンガ・コラムニストとしてマンガ、イラスト、エッセイ、講演、TV番組などで活躍中。

詳しいプロフィール

Special

- PR -
最近のトラックバック
カレンダー
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Special オルタナトーク

2014年に向けて

カテゴリー
エンタープライズ・ピックアップ

news094.gif 顧客に“ワォ!”という体験を提供――ザッポスに学ぶ企業文化の確立
単に商品を届けるだけでなく、サービスを通じて“ワォ!”という驚きの体験を届けることを目指している。ザッポスのWebサイトには、顧客からの感謝と賞賛があふれており、きわめて高い顧客満足を実現している。(12/17)

news094.gif ちょっとした対話が成長を助ける――上司と部下が話すとき互いに学び合う
上司や先輩の背中を見て、仕事を学べ――。このように言う人がいるが、実際どのようにして学べばいいのだろうか。よく分からない人に、3つの事例を紹介しよう。(12/11)

news094.gif 悩んだときの、自己啓発書の触れ方
「自己啓発書は説教臭いから嫌い」という人もいるだろう。でも読めば元気になる本もあるので、一方的に否定するのはもったいない。今回は、悩んだときの自己啓発書の読み方を紹介しよう。(12/5)

news094.gif 考えるべきは得意なものは何かではなく、お客さまが高く評価するものは何か
自社製品と競合製品を比べた場合、自社製品が選ばれるのは価格や機能が主ではない。いかに顧客の価値を向上させることができるかが重要なポイントになる。(11/21)

news094.gif なんて素敵にフェイスブック
夏から秋にかけて行った「誠 ビジネスショートショート大賞」。吉岡編集長賞を受賞した作品が、山口陽平(応募時ペンネーム:修治)さんの「なんて素敵にフェイスブック」です。平安時代、塀に文章を書くことで交流していた貴族。「塀(へい)に嘯(うそぶ)く」ところから、それを「フェイスブック」と呼んだとか。(11/16)

news094.gif 部下を叱る2つのポイント
叱るのは難しい。上司だって人間だ、言いづらいことを言うのには勇気がいるもの。役割だと割り切り、叱ってはみたものの、部下がむっとしたら自分も嫌な気分になる。そんな時に気をつけたいポイントが2つある。(11/14)

news094.gif 第6回 幸せの創造こそ、ビジネスの使命
会社は何のために存在するのでしょうか。私の考えはシンプルです。人間のすべての営みは、幸せになるためのものです――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(11/8)

オルタナティブ・ブログは、専門スタッフにより、企画・構成されています。入力頂いた内容は、アイティメディアの他、オルタナティブ・ブログ、及び本記事執筆会社に提供されます。


サイトマップ | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告案内 | お問い合わせ