夏目房之介の「で?」

諫山創『進撃の巨人』1~2

»

京都の集中講義後、食事会から帰る途中で書店に入った。増田のぞみさん、泉信行(イズミノ・ウユキ)さんと一緒だったが、泉さんが薦めてくれたのが諫山創『進撃の巨人』1~2巻(講談社)で、その日、京都のホテルであっというまに読んだ。
東京に帰ってからヤマダトモコさんが発表してくれた自主ゼミがあり、そこに参加してくれた金田淳子さんが、ゼミ後の食事会のときに強くオススメしたのが、やはり同作品だった。
間違いなく面白いマンガである。客家の住居みたいな、高い塀に囲まれた都市にかろうじて生存する人類と、彼らを食う謎の巨人たち。閉塞した中で長い時代を過ごしてきた人類を中心に描かれ、謎の巨人はみななぜか男性型で、大小がある(へんに顔のでかい巨人がおかしい)。彼らと絶望的な戦いを強いられる人類の兵器は、これも奇妙な現実感のレベルで設定され、要するに巨人によじ登って、首の後部をそぎ落とす他殺すことができない。
この作家のうまいとはとてもいえない画は、たまに何が描いてあるのかわからないコマもあるほどで、マンガとしてもう少しうまければ、と思う場面もある。が、この「うまくない」ところが異様な迫力になっていることも確かで、ヘタにうまくなられるとこのマンガの面白さも失われるかもしれないと思わせる。何となくそういう思いを作品内の不安と対応させてしまうところも「面白さ」かもしれない。また、この世界の閉塞と平和を破る感覚は、たしかに今の我々の「外部」にかかわるものだという感触はある。
泉さんは、僕が発表したマンガの身体にからめて薦めてくれたのだが、どうやら主人公の少年兵士は巨人の脊椎に合体して巨人を制御するらしい(このへんはまだ単行本には描かれていない)。なるほど、拡張された身体としての巨大ロボやアーマーの延長で考えると面白いマンガかもしれない。

Comment(7)

コメント

じつはわたしもオープニングや1巻の最後のほうで、どんな道具を使ってどんなアクションをしてるかよくわからないし、紹介されてないキャラクターの区別がつかない、などで1巻は??でした。ただし2巻の最後はすごく期待を持たせるものでした。「ヘタにうまくなられるとこのマンガの面白さも失われるかもしれない」というのに同意しますが、オッサンには読みにくいマンガですねえ。

>漫棚通信さん
あ、いつもお世話に(笑)。おおむね、そういう感想が多いと思います。行動の分節がうまくいってないのと、絵ですよね。でも、あの巨人の迫力はあの絵だからだし、今後いい具合に「進化」してほしいですねえ。

トロ~ロ

ううう、スゴイですねぇ~~、この漫画。
映画館で「エイリアン」を最初に見た恐怖体験を思い出しました。

ところで。
熱気球を含め、飛行技術はないの(高圧ガスがあるのに)?
それゆえか、高所から外界を監視する部隊がいないのは何故?
どうして落とし穴を掘っておかないの?
どうして火炎放射器(天然ガスがあるのに)とか、ダムからの放水で押し出す仕掛けがないの?
どうして一体づつ集中射撃しないの?
一般的にソフトターゲットには連射兵器や散弾が向いているのに開発されないのは何故?
壁の外に堀を掘っていないのは何故?
壁は数枚用意すれば、時間稼ぎになるんじゃないの?
外壁に大巨人がとり付いている間に内壁から攻撃して時間稼ぎして、内壁に来たら、隠れていた外壁の突撃部隊が急所を狙えるのではないの?
独ソ戦初期に森林内のソ連軍のバンカーは後ろ向きに開いていて、気付かずに通り過ぎたドイツ部隊を後方から掃射していたんだぞ。
最後は飲み込まれて死ぬのだから、自爆兵になるべく、手榴弾を持たせるべきじゃないの?
壁を応急に塞ぐ移動壁が無いのは何故?
ティーガークラスの戦車があれば、侵入して来た巨人を押しとどめて押し返せるのだけど?
人類の闘争本能が減退していますよね。
間氷期の新石器時代、北米大陸の巨大哺乳類を狩り尽くして食い尽くした人類の狩猟技術や本能はどうしたのでしょう。

ていうか、フィクションだったですね(笑)

トロ~ロ

第二巻のラストシーンには既視感を覚えます。
エヴァンゲリオン症候群というか、ガンダム病というか。
汎用人型決戦兵器のエピゴーネンというべきか。

社会心理学的には、巨人という不条理で非生物的な存在に対して、絶望的に抗う人類という図式に、高度にシステム化された現代日本社会(権力装置・搾取装置)vs現代日本青年(徒手空拳・非搾取層)という感覚の投影を感じます。
いわゆるセカイ系の匂いぷんぷんです。
登場人物たる若者たちにとってモデル・ロールになる「立派な大人=英雄」が見えていないのも興味深いです。
23歳の作者が抱えている現実社会への無力感や怒りが、この説得力や迫力を生じさせている様に思えます。
浦沢直樹的な「搦め手の技術=表現力」ではなくて。

学習院シンポでお世話になりましたほうじょうです。その節は、ちゃんとご挨拶もせず失礼をいたしました。
しかし『進撃の巨人』、絵は恐ろしく下手なのになぜか読ませますね(広角レンズの妙なパースとか、引っかかります。「引っかかる」ことは大事ですね)。そのあたりの魅力はうまく言語化できませんが、いろいろな作品の寄せ鍋のようなカオスのなかから何が立ち上がってくるのか、じっとみていたいものです(雰囲気として、『ベルセルク』が始まった頃の印象と似ています)。
1巻の巨人は明らかに『GANTZ』ですが、主人公があれの脊椎とシンクロするとなると、圧倒的他者である巨人との交感といったモチーフも出てくるんでしょうか。異類婚姻的な展開になってくると面白いですが、『ベルセルク』や『クレイモア』などとは違う、新たなダーク・ファンタジーをみせてほしいと期待しています。

ペンペン

『進撃の巨人』
日本の漫画界が救われた気がしました。
昨今の風潮として、まずは可愛いキャラが描けないと売れない。このスタイルになりつつあったのは周知の通りです。
しかし、ストーリーが面白いなら売れる!と言う事が、まだ健在なのが、個人的には嬉しいです。
この漫画を読むまで、「手塚先生や横山先生」のようなアイデアや独創性があっても可愛い女の子が描けなければ、ダメなのか?と感じていたので、まだ、見た目だけでは無いって事に安堵してます。

「ガンツ」や「ぼくらの」に続く、『不条理さをきわめた危機』を描く作品。21世紀的。あえて申しますと、ひきこもりっぽい青少年たちからは、社会がどのように見えているか…ということが、象徴的に描かれたもののような気がします。あの巨人たちは、≪不安≫の形象化ではないでしょうか。不安がただあるよりは、それが形象化されていた方がまし、というところでの情熱を感じる作品です。

コメントを投稿する