夏目房之介の「で?」

1)一般財団「夏目漱石」の解散

»

 7月に一般財団「夏目漱石」なるものが設立されたことにつき、私と多くの親族が反対する旨を、このブログで公表し、新聞記事にもなりました。その後、私は財団の理事であったI氏から連絡をいただきました。氏によれば、多くの財団参加者が他の親族の同意を得た上でのことと信じて参加したとのことでした。I氏とは、その後財団問題の解決を探って面談もし、メールでのやりとりを続けておりました。

 I氏の対応は率直で誠実でした。氏も財団解散を望みましたが、議決に至らず、他の親族の同意なければ活動休止という線でようやく落ち着きそうでした。そこにさらに「夏目漱石」の登録商標申請の問題が起きました。さいわい、こちらも取り下げとなり、ほぼ落着といって状態にたどり着きました。

 これらの経緯をブログに公表すべく原稿を用意し、I氏にも確認してもらっておりました。それが10月1~2日のことです。

 10月3日(土)夜、I氏よりメールが届き、財団設立者・夏目一人氏と相談の上、財団を解散することになった。これから手続きに入るとのことでした。

 これが現実となれば、漱石財団の問題はようやく決着することになります。

 いずれにせよ、私にはこの件についてブログで経緯を報告する義務があります。そこで、解散の話が入る以前に作成したブログ記事原稿を、そのまま以下に掲載します。詳しい経緯は、以下の原稿をご参照ください。ただし、解散の情報が入る以前のものであることにご留意願います。

 

 今後、財団解散の事実確認をすることになります。それをもってこの問題は解決といっていいでしょう。

 ただ、財団法が変わり、非常に簡単に一般財団なるものができることになったことや、歴史上の人物などの登録商標問題など、この件は知的財産や文化継承を巡る多くの課題をはらんでいると思われます。チェック機能をどうするのか、文化の財産的側面、権利と、その社会における共有、継承のバランスをどう考えるか。これからも考えてみたいと思います。

 この件、すでに朝日のネットニュースに報道がなされております。
http://www.asahi.com/national/update/1005/TKY200910050310.html

※なお、この原稿は財団のI氏、A氏にも読んでいただき、若干の事実確認や表現の直しを入れた上で公表しています。また、当記事のネット検索で本名がさらされ、I氏、A氏の本業にも影響する事態は私の望むところではないので、イニシャル表記にさせていただきました。

Comment(6)

コメント

natunohi69

房之介先生、この間本当にお疲れさまでした。
今回の問題に関わって、我々のような、知的財産を享受する一般市民の側に立ってのご配慮、ご努力をしていただいたことに対する感謝する気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

Hecto

解決に向けてのご努力、頭が下がります。
今回の決着は、重要な前例となっていくことと存じます。
本当にお疲れさまでした。

トロ~ロ

非常にわずらわしいこの件が、望ましい方向で決着を見たことを心よりお喜び申し上げます。
で、我々ネット雀のもうひとつの関心事は、こちらのブログに「夏目一人」氏名義にて書き込まれた(たいへん拙い文章の)コメントが実際にご本人のものであったか否か、なのですが、一難去ってまた一難を招いては真に申し訳なく存知ますので、聞かざる言わざる見ざるにて得心致しましょう。
そうですよね、皆さん?

くろべえ

「財団法人夏目漱石」の公式ウェブサイトでは、いまだに「ただいま活動に向けて準備中です」となっていますね。一口3000円也の「会員証」とやらを買ってしまった人がいるとすれば、そちらの返金の行方も気になるところではあります。

http://www.soseki-natsume.org/

natunohi69

以下。1月26日付け、読売新聞の引用です。
『吉田松陰、高杉晋作 歴史上人物の商標「ダメ」』
 特許庁は、山口市が出願した同市出身の詩人、中原中也の名前の商標登録を認めない一方、東京都内の会社による幕末の志士、吉田松陰や高杉晋作、桂小五郎の名の商標登録を取り消すことを決定した。

 歴史上の人物の名前に関して、ゆかりのない企業から商標登録の出願が相次ぎ、出身地などとトラブルが生じたことから、特許庁は昨年10月、審査基準を策定。人物の著名性や名前の利用状況、出願目的などを考慮したうえで、公共の利益を損なうおそれがある場合や利益を独占する意図に基づく場合には登録を認めないことにした。

 山口市は昨年2月、「中也の名を文化的資源として保護する」として出願。特許庁は8日付の通知で、「山口市の独占的な使用が、全国の観光振興策などの妨げになると判断した」と説明している。

 一方、吉田松陰ら3人の名の商標は2005年6月、宮城県の会社が出願し、07年9月に登録された。その後、貸金業などを行う東京の会社に商標権が移っていた。3人の出身地の山口県萩市は08年2月、商標登録取り消しを求めて異議を申し立てた。特許庁は「人物名を使った地域おこしを阻害する」として、13日付で申し立てを認め、登録取り消しを決定した。

(2010年1月26日 読売新聞)

ふーじぃ

>natunohi69さん
記事、ありがとうございます。
特許庁の判断は、今後起こりうる混乱を避けるためにも、いい基準になるかもしれませんね。

コメントを投稿する