夏目房之介の「で?」

小林まこと『青春少年マガジン1978~1983』

»

もちろん僕は小林まことが大好きである。『1・2の三四郎』の垢抜けないけど無理押しなギャグセンスが大好きで、あきらかな手抜きがまた好きで、その後、絵もセンスもどんどん良くなるにつれ、驚くほど洗練されて、無理押しギャグも手抜きもともに高度な「間」になって、あの顔面の崩壊する唇のギャグもジム・キャリーばりの芸になっていった過程が大好きだ。

その小林まことが『青春少年マガジン1978~1983』(講談社)を出した。マガジン50周年記念企画で、小林の11歳頃からの作品紹介やデビュー作『格闘三兄弟』再録、没ネームなどが収録されている。小林まことファンのみならず、マンガやマンガ編集やマンガ史に興味のある向きは必読の内容である。

週刊誌マンガ家の過酷な日々が「笑い」とともに展開される部分は、よくある回想マンガなのだが(いや、それにしても、あの手抜きは一人で週刊マンガを描いていたからなのか! 恐ろしい)、初代担当や、のちに「モーニング」を創刊し、小林に『ワッツ・マイケル』を描かせる名編集者・栗原良幸氏が登場し、そのやりとりが再現されるあたりが興味深い。

・・・・で、じつは回想マンガとして凄いのは、ここから先だ。
デビュー後仲良くなった小野新二、大和田夏希との交友が描かれ、次第にそれぞれ追い込まれてゆく心理状態が描かれる。小林自身、ビルから飛び降りる気持ちを手摺を握り締めて耐える場面があり、あとの二人は自死と肝臓で相次いで亡くなるのだ。
本当に週刊マンガ誌の現場って過酷で死屍累々なのだな、と思わせ、ここで初めて本の帯にあった〈ボロボロ泣きながら描きました〉という言葉が、ありきたりのものじゃなかったことに気づくのである。ここまで描いた回想マンガを、しかもマガジン本誌に連載するというのは、ちょっと前なら考えられない気がする。どんな業界でも、急速に売れてゆく産業市場の現場とは、多分こんな風に過酷なものなのだろう。

必読である!

Comment(4)

コメント

BB

そ~なんです、実に壮絶な話でした!
マガジン連載中に読んでいて、自分も涙が止まりませんでした。

先日、江東区森下文化センターで原哲夫さんも、ご自身の身体がボロボロだとおっしゃっていました。それでも、「命がけで描かないと良い作品は残せない」と力説しておられました。

こちらも、感動した!とその場で表彰状を差し上げたいほどでした(T_T)

『1・2の三四郎』は、
『1・2のアッホ!!』とともに、
青春の笑いのバイブルでした。

「で?」
「でぇ~!」

natunohi69

マンガでは、ないけれど、『おじゃる丸』のアニメに少し関わっていた時期があったので、2006年に原作者の犬丸りん氏が飛び降り自殺をされた時には結構精神的にまいりました。『おじゃる丸』の方は、何事もなかったかのように続いていますが。あの作品のプロデューサーも敏腕で名プロデューサーですが、切れもの過ぎて怖いところもあったですし。
栗原氏ももちろん名編集者ですが、切れものだけに、彼に追われた漫画家が、さんざんぐちをいうのを聞かされたことがあります。もっともその漫画家は、栗原氏を見返すべく他紙で大ヒットを放ったのですが、その間の精神的な追い詰められようは並大抵ではなかったようで、家庭崩壊寸前まで行ったようにも聞きました。

natunohi69

『青春少年マガジン1978~1983』やっと購入して読みました。
小野、大和田両氏の死について、怖いくらいリアルに書いてあるのですね。
ギャグマンガを書く人の「人を見つめる目」というのは残酷なくらい冷徹です。
購入したのは吉祥寺の啓文堂で、やはり、あの町で「もう仕事ができない」と言って飛び降り自殺をした犬丸りん氏のことを改めて思い出しました。
あの人も確か、初期の『モーニング』で活躍した一人ではなかったかしら?
栗原氏との接点もあったかも知れませんね。

コメントを投稿する