夏目房之介の「で?」

サンケイの知財取材

»

サンケイ新聞の知財特集の取材を受けました。取材にきたのは経済担当記者で、マンガのこと、漱石遺族として、などふだんしない取材をしているようです。記事はすでに掲載されてるようですが、サンケイWEBに特集取材の日記があり、そこにも書かれてます。
「夏目漱石の孫にお会いしました。」
夏目房之介さんにお会いました
とても好意的に書かれています。ただ、こういうコメント取材ではつねにあることですが、

本人からするとニュアンスの違いはある。死後70年延長問題には、たしかに僕は批判的です。そもそも「死後ン十年」の権利にまともな根拠がない、本人ではなく継承者が恩恵を受けることに論理的な正当性を見出せないんで。
しかし一方で、著作権を知財として考えたとき、国際的な競争の場面では日本だけ70年にしないことで生じる利益、不利益があり、著作権が国際的な関係の比重を高めている分だけ、大きな問題になる。もし、日本だけ延長に反対するのなら、きちんとそこに理論的思想的な根拠を主張できないといけない・・・・というような話をしました。早くいえば核と同じで、俺もやめるからお前もやめろ、という主張しかないだろってことですが。
それを「延長に反対」という言葉で書かれると、いや別に反対とはいってないんだけどな・・・・という気持ちになりますね。「反対」というレッテルでとらえられることになっちゃうので、それは違うわな、と思うわけです。
あと「漱石の著作権が今あっても僕には必要ない」という言葉は記憶がない。漱石はすでに国民的な共有財産なので、一遺族がどうのこうのいうべきものではない、ということをいったおぼえはあります。
僕のスタンスは基本的に「著作権は文化の創造性を保証するための、権利と社会的共有の利益のバランスの問題で、その調整をするのが法と運用である」というもので、一貫して主張したのは、そうした理解(大人の理解と対処)と思想が必要だってことだったはずなんですね。
でも、事前に記事をチェックさせてもらえない現状では、コメント取材を受けた時点で、こうした齟齬は必然的に生じます。オウム真理教が報道内容を事前にチェックしていたことが問題になって以来、新聞では原則事前に自分の発言でもチェックできないんですが、これもおかしな話です。
ともあれ、この特集そのものは意義のあるものだと思います。もちろん取材にも記者にも悪印象は全然もってないです。怒ってるわけじゃ全然ないってことは補足しとかないとね。現在では昔と違ってブログという自分自身のメディアで、こうしたことを書けるのでありがたい。
しかしね、新聞はもちろん、出版、広告など、著作権にかかわる企業は、新入生教育に著作権教育をとりいれるとか、もうそろそろちゃんと考えたほうがいい。僕みたいな半端な知識でも、この業界では通っちゃうんですから危ないですぜ(笑)。

Comment(5)

コメント

酒井潤

はじめまして。
産経新聞文化部の酒井潤と申します。
知的財産にまつわる連載企画の取材班の一員です。
このたびは取材に応じていただき、ありがとうございました。ニュアンスの違いや齟齬があった点をご指摘いただき、ありがとうございました。コメントの一部しかお伝えできない事情もありますが、こんごとも十分に注意してまいります。夏目さんのおっしゃる通り、取材を受けていただいた方がブログなどで真意を語られ、取材者も読めるということは、非常に大きな意味深いことです。私たちの方にも緊張感が生まれ、過去のコメント取材などについての反省にもなります。
さて、今回、ネット上の図書館「青空文庫」や文芸家協会の三田誠広さんらの取材を通しても、著作権問題の難しさ、奥深さを感じています。
クリエーターの方々、著作権継承者の方、権利を利用する側によって思いが異なるとともに、それぞれの立場の中でも温度差があります。長く権利を保護することが創作者のインセンティブになるという面もありますし、保護期間の長さがコンテンツ流通を阻むという面もあります。小説なのか評論なのか、ものされている作品のジャンルによっても思いは違うようです。
法整備や保護期間についての議論は尽くさねばならないのですが、最終的には、著作権者(創作者+継承者)と利用者の人間関係と信頼関係に収束するのではないなか、とぼんやりと感じています。
こんごとも取材・連載を続けてまいりますので、ご一読いただき、ご意見などいただければ幸いです。
長々とお邪魔いたしました。

留吉

著作権法が整備されてきた段階では、文字や、楽譜に依拠した分野であれば著作者は版元に権利を全て買い取られてしまうので、いくらなんでもあんまりだろうと言うことで良かったのではないかと思います。だからと言って著作者が著作物に対価を払う読者などとかけ離れて裕福な生活をすることに対していかがなものかと言う気持ちがあります。

特に著作者と著作権者が一体でない場合などはどうなんでしょうねぇ?「泳げたいやき君」などの事例を思えば釈然としません。

特に日本の場合、本歌取りなどの伝統もあるのであまりぎゅうぎゅうに縛るのは自縄自縛のような気がします。

ある程度でパブリックドメインに戻した方が良いのではないでしょうかね?

著作権者が翻訳を許さないなどと言う経済以外の問題もありますよね。

明治時代に今日の著作権法があったとしたら三遊亭円朝の作品のかなりの部分は成立しなかったろうし、場合によったら口語体の文芸が生れていなかったり、落語が消滅していたと言うような可能性も決して低くは無いのではありませんかねぇ?

留吉

Aa

房さまが70年延長問題についてコメントされるのはこれが最初でしょうか。

あれをどう考えておられるのか以前から興味がありました。想像通りでしたけど。

まうまう

その著作権に新たな動きがあるようです。JASRACが漫画の著作権を管理することに対してhttp://d.hatena.ne.jp/side444/20070127/1169903400#c
酔拳の王 だんげの方 - JASRACが漫画の著作権も守ります!!!!!!!
http://blogs.itmedia.co.jp/natsume/2007/01/post_e266.html#more

アニメの方も政府直々に、現場の待遇改善をどうもあきらめたままに、文化外交施策として、振興策を出すようですし、漫画も著作権料を徴収しながらその著作権料をしばしば著作権者にきちんと支払わないと言われている(オーケン事件というものがあったことを、最近ある漫画Blogで知りました)ジャスラックがもみ手しながら、権利の擁護者を名乗り始める・・・

いったいいつから、漫画は利権の対象物になったんでしょうか。

(すいません、長くなります)
この一件について今の段階ではよく分からないことが多いのですが、ただこのことを取り上げたBlogはここ以外に多数に上っているようで、どこも同じような批判的な記事として方々に広がっているようです。
私に限らず、何か、行き場のない”何物”かに対する不信感をそれらBlogのそこここに感じます。


著作権を巡る定義と権利とそれに取り巻く利害とが、今あけすけな綱引きの争いとなって、少しでも自分たちに引っ張れそうなものは強引な手段を使っても、相手をだましてもこっちにひっぱりこんでおこうとする動き、とでも言えばいいのでしょうか、利用者、著作権者不在の泥仕合を見せつけられ、そのことに末端の消費者がいらつき始めている。そんな不信感です。


教育をと夏目さんは書かれてますが、教育以前に著作権の現実の運用そのものがこのような有様では、教育の基本である学ぶことの対象の定義とそれを学ぶためのルール、それを担保するための対象に対する信頼性というところから、教育それ自体が無効化されるのでは、と危惧します。


とにかく、著作権に対して何も分かってない自分のような立場からすれば、信頼できないものの代表格にネット上でなりつつあるこのような著作権料代行団体が、自らを明らかにするどころか全くなんのアカウンタビリティも明示しないまま、畑違いの世界にまでまるで権利の擁護者として乗り込んでいく、またそのような行為の上に成り立つ著作権論争は素人からすれば、まかり間違えば著作権者と消費者が共倒れしかねない危険性をはらんでいるんではないかと見えるんです。

何より、世界的に定義され、整備されていくらしいグローバルスタンダードの基準とドメスティックな利害が、この国では違いにいがみ合って回りの迷惑顧みず泥沼化しつつあるなかで、いったい著作権を守る、ということの定義と、その基準はどこに重きを置くべきか。
そして何より、これはいったい、誰が決めるべきことなんですか。

今のままだと、このような政治情勢だと左右であれ、一次的権利重視であれ、バザール的コモンライセンス重視であれ、著作権を教えるという行動と行為そのものが、空疎な宗教的信念やドメスティック利害的洗脳の温床と抗争の場になって、結果その間に立たされたこれまでの文化だけが、そのような不毛な争いの犠牲となって、守るべきものが帰って衰退する結末にしかならないような気がします。

問題は誰がその教育の内容を決め、その内容を、権利者と権利流通業者と消費者の三すくみ状態になっている現状で、誰が最適な形にしていく努力を背負うのか、ではないでしょうか。権利を生み出すコストと権利の生み出すリターンの透明性をどのように形作っていくか、とも。

著作権の定義と実態がまるで日進月歩で変化しているこんな現状では、それは極めて難しいことと思いますが、
でも、そこを抜きにしてこのことを考えることも出来ない気がします。

馬場

著作権は「知的財産」と呼ばれるようになった以上、実態として「利権」なんですよねぇ。
ま、私なんかは世界に冠たるマンガ王国である日本のクリエイターが粒々辛苦して生み出してきたコンテンツで、私たちの子孫にも雇用が確保できるといいな、と思います。そういう意味で、著作権の保護期間が短いと、私たちの子孫が損をしてしまうのではないか、と危惧します。ディズニーからはいつまでも版権料を取られるのに、むこうではアトムの版権を使い放題、というようなことになったら、私たちの子孫が本来得られて当然の収入や雇用を失うのではないか、という危惧です。
夏目さんもおっしゃっているように、著作権問題は国際的な競争の場面を想定して議論すべきだと思います。

コメントを投稿する