夏目房之介の「で?」

『のだめカンタービレ』と「キャラ」の現在

»

 やっぱり、けっこう面白いけどなぁ、テレビ。
 オーボエのクロダなんか、かなりイイんじゃないかね。のだめに恋する瞬間なんか笑ってしまったよ。ところで、今日気づいたんだけど「ピンクのモーツァルト」って松田聖子だったっけ? 遅!
 先日、前の奥さんの家で6人ほどで話していてテレビ『のだめ』の話になった。前奥さんは、あまりにも無理にマンガを真似た学芸会がシラけて全然ダメな人で、たしかにそういう意見もブログで散見する。でも、今日のハリセンがのだめを片手でポイと持ち上げてピアノに座らせるとこなんか「マンガやってます!」っていうのがおかしかったんだけどな、僕は。のだめの先生だった西村とハリセンもよかったな。ミッチーもそろそろ本領発揮するかな。
 まずは、この「わざとらしさ」を受け入れるかどうかで賛否両論がくっきり分かれる傾向にあるみたいだ。ひょっとしてリアリズム傾向の受け手に拒絶感が強いんだろうか。
 次に、

誰それはあってる、いや違和感が・・・・というキャスティング話になったのだが、これがもう人それぞれで喧々囂々。
 「上野樹里がぴったしだと思うけどな」
 「えー! ダメじゃん、あれ。絶対やだ」
 「いや、あんな感じだよ」
 「私の中ののだめちゃんは、ああいう喋り方じゃないのよ!」
 「私は千秋が違うと思う」
 「え? いいと思うな、あのイヤらしさが」
 「えー、でもあの指揮は許せない」
 「そりゃ、しょうがないんじゃないかねー」
 「私はミッチーがダメ」
 「うん、僕もミッチーは好きだけど、違和感があるな」
 「いや、基本的に竹中直人のシュトレーゼマンが出た時点で何でもアリだよ」
 「うん、それはあるなぁ」
 「面白いねぇ。人それぞれ『のだめ』の思い入れてるトコが違うんだねー」
 というような話が俄然盛り上がったのだった。多分、マンガを読んでいるときのキャラクターへの感情移入の優先順位とかで違うんだろうねぇ。しかし、30代から50代の男女が酒飲みながら盛り上がる話題がコレだっていうのも、何かいいねぇ。みんないっせいに雀みたいにピーチク始めるんだもんなぁ。

 こういうテレビドラマが成り立つためには、作り手も演者も受け手も、マンガという表現のツボとか特徴とかを共有して、それを「わざとらしく」表現することを受けとる下地がないといけない。マンガのリテラシーの成熟と、その共有感覚をどういうレベルで再現するかっていう面白さの合意みたいなものっていうか。
 『西洋骨董洋菓子店』のときの阿部寛がどんぴしゃだと思っていたら、椎名桔平が「これ、アベちゃんしかいないよ」っていって決まったキャスティングで、しかもじつは原作者が彼を連想して描いていたって話は、前によしながさんから聞いてコラムに書いた。ここには、マンガのキャラクターがすでに俳優やタレントのキャラクターと相互に参照する形で共有されるようなリテラシーが成り立っていることを予想させる。今の映画、テレビのマンガ原作ブームには、そういうリテラシー共有関係の背景があるんだと思う。
 そういう形で現在のテレビや映画も作られており、逆にマンガやアニメも(無意識にせよ)作られているとすれば、そこで問題になるのはまさに「テクストから遊離するキャラ」かもしれない。ただ、ここでは映像と画像が互いに浸透しあってるので、伊藤剛の定義とはズレてくるけど、多分言語表現も含めて相互に参照しあうようになってるんだと思う。

Comment(21)

コメント

シン

ボクは「のだめ」はマンガ派かなぁ。でも3丁目の夕陽みたいなとこまでいくと全く別世界として見れるからむしろ映画をオリジナル作品として見れていいかも。
むかしおふくろがさざえさんはドラマ版に限るって言い出して、ボクはほとんど憶えていないし、サザエさんのドラマなんて想像できないって言い返して口論になったことあるけど、確かに作品への感情移入や思い入れ(思い込み?)によって印象はずいぶんと変わってきますよね。
そう、リアリズムと言えばボクの場合音楽もそうで、例えばジャズを聴くにしても、ビッグバンドだと現実味に欠けるというか、もし仲間でやってみたいと思っても人数多くて大変じゃん!みたいになってしらけちゃった時期がありました。だから、今でもクラシックのオーケストラはなんか苦手。ピアノ独奏だったら好きですけどね。
あぁ、ボクは活用センスがからっきしないと感じる今日この頃・・・・。

トロ~ロ

「のだめ」は原作マンガを読んでいないので、ドラマは「何が何だか判んない」デス。従って全く楽しめません。
CG、VFXの無い時代の海外・国内のドラマを見返すと、演技と演出と脚本で如何に視聴者を引き付けて見せるか、努力しているのが判ります。
原作「キャラ」と映像化「キャラ」の「コラボレートで(を)見る」というのは「新しいリテラシー」と言い切ればそうかもしれませんが、演劇畑の人から見ると「学芸会以下」以外の何物でもにでしょう。

今回のドラマは「実写版・漫画のだめカンタービレ」とでも呼びたいデスヨ。

番組宣伝でちらりと視た上野樹里のピアノの弾き方に鬼気迫るものを感じ、先週初めて「のだめ」視てみました。
私はマンガは読んだことありませんが、全然オッケーでしたよ。
タイトルとかエンドロールも含めて、こういう世界なんですよというパッケージがされていますし、竹中直人の外人で目の設定をすると、不思議とのめり込んで視ることができました。
私は40代ですが、80年代にはああいう冗談がよくあったから慣れてるのかもしれませんね。
上野樹里の芝居は、ご本人は知らないかもしれませんが「ケイゾク」の中谷美紀にすごく似てますね。

> 今日のハリセンがのだめを片手でポイと持ち上げてピアノに座らせるとこ
 
があまりに自然だったので、おおうと感心しながら見てました。最初の頃より「自然」な「マンガ」的表現をやってて、すごくおもしろいです。くろきんもよかったですが、清良と峰のかけあいもよかったです。
 ミッチーの違和感はやっぱりマンガのキャラとしてでなくミッチーとしてそこにいたからじゃないかと。原作と合ってるとかそういったレベルじゃないです。ミッチーはミッチー。おもしろかったけど。

そふ

ピアノに座らせるシーンは見逃した…!

僕も原作は未読ですが、十分面白い。
これも原作の力と、製作側の原作に対する愛かな~と思ったり。
そして音楽の力かな? 漫画じゃ音は出ないしさ。
さすがにクラシック。ン百年も生き延びてない。

>ひょっとしてリアリズム傾向の受け手に拒絶感
こういうのにリアリティを求めて苦手に感じつつも、ベタな恋愛ドラマにはまったりしてしまうタイプだったりして(そっちのがリアリティないけど)。

上野樹里は割とはまってると思う。

安部

オーボエはクロダじゃなくて黒木くんですが。

ローズ・マダー

私は両方見てますが、両方をどこかで別ものとして見てるところがありますね。
のだめは上野樹里ちゃんでOKだけど、千秋は玉木君のイメージじゃなかったし。そういうことを言い始めるときりがない。そこへもってきて、竹中シュトレーゼマンが出てきたところでもう何もかも許せちゃったという感じですかね。
だから、似てるキャラがいれば、「お~似とるわい」、ミッチーが出てくれば、「あのポエムをやれるのはミッチーだけだ!」、理事長が秋吉久美子でも、「おお、設定よりずいぶん若いのう」、黒木君のオーボエを見ると「がんばって指をあわせてるけど惜しい!ほんの少し遅い!」、とか。
原作とドラマで2倍楽しんでる感じです。

アオヤギ

初めて書き込みさせていただきます。
のだめ、どちらも楽しんでおりますが、私にとっては、
「長生きしてください」とか
「おじさんがはさまってるよー」とかの
名シーンは、なぜか漫画の方が圧倒的にいいです。
ドラマのいいところは、やはり実際に音が聞こえてくるところですね。
主要キャストについては、昔のコントみたいに常に浮き足立って
面白いこと言うぞ言うぞと待ちかまえているような峰A太だけが
全く受け付けられず、彼が出ているシーンはほとんど楽しめません。
のだめ千秋はいいです。
上野樹里は、一部で役を憑依させるイタコと言われていますが、
見事にのだめが降りてきていると思います。

元妻E

「のだめ」の2巻<レッスン7>の表紙から数えて、
3P<4コマ目>で真澄が、わーって叫びながら去ってゆく部屋の左よりにある(居る?)ものは何でしょ?
4巻<45p><1コマ目>にも同じ場所に出てくる。
あれは、楽器?キャラクター?暗喩?
N井氏妻とも話したんだけど、気になりましゅ~。

クラオタ

>3P<4コマ目>で真澄が、わーって叫びながら去ってゆく部屋の左よりにある(居る?)ものは何でしょ?

http://www.10d.mae.jgsdf.go.jp/butai/butai/10band/image/memberimage6/tuba.jpg

テューバのつもりでしょう。
全く気にしなかったけど言われてれば確かに「人の顔」に見えますねw

>左よりにある(居る?)もの
あはは。たしかにワカラン。しかし常識的にいって楽器だわな。多分クラオタさんが正しいんでしょうが・・・・たしかにねー。ムーミン系の妖怪に見えなくもない(笑

元妻E

クラオタさま、写真まで添付してくださって、ありがとございます。
お陰様で私の2、3の友人と共に、ホッとできますです

Etsuko

私も違和感はあまり感じませんし、これはこれだなあ、と思って楽しめるのですが、やはりどうしてもハリセンの「変な関西弁」だけは引っかかってしまいます…。何でもそうなのですが、方言だけは気持ちが悪くなってしまいます。むしろそれならいっそ、わざと変!くらいにしてくれたらなあ、という望みがあったりします。

ファン・クーレン

実はキャスティングはそんなに深く考えていなかったりしますよ。事務所の力関係とか、単純にスケジュールの問題だったりあの人が出るならあの人は出させられないな、とか。あと、監督や演出とあの俳優は仲が悪いからってのもあるし。ちなみにアニメ化も決定しましたね、のだめ。主演は音大のピアノ科卒の川澄綾子ですw出演作のオープニングやBGM、アルバムの歌も自分で作ってしまう人ですから、「裏リアルのだめ」とでもいえる存在です。ピアノ弾くシーンは自分で弾くかも。てか、プロデューサーはメディアミックスで裏リアルのだめコンサート本気で考えてるかもですwww

上野樹理の「のだめ完コピ」ぶりと、CGを含めた演出が光る力作だと思いますね。ドラマ化すると聴いた時は「あの白目絶叫シーンはどうすんだ?」と思いましたが、そこをきちんと再現することこそがあのドラマのキモだったのだということが判りました。シリアスだったらできて当たり前ですから!

私はドラマの『のだめ』好きです。
結構別物として見ていますが。だって、ぎゃひーとか普通に言ってたら、おかしくて当たり前ですし…
竹中直人は『スウィングガールズ』の再来として見てしまっています私は。(あれも上野樹理と共演でしたね)漫画のミルヒーとは別物。
最近ドラマ・映画化される漫画は、結構キャスティング頑張ってるなあと、素人の私としては感じています。
『ハチクロ』も私的にはキャスティングよかったし。(はぐが大き過ぎるじゃん!と最初思いましたが、蒼井優、笑顔も画を描く姿もすごくよかったし)
『DEATH NOTE』はL役の松山ケンイチが私的にかなりヒットでした。
なんか話逸れちゃいましたが、最近の漫画の実写化、私はかなり肯定派だってことです☆

>『DEATH NOTE』はL役の松山ケンイチが私的にかなりヒットでした。
 うん。僕はちゃんとは見てないんですが、あれはかなりキてました。素の役者もちらっとテレビに映ったんですが、全然違うのね。多分、今の役者さんはマンガのキャラになれるってことなんじゃないかなー、と。

おしい、黒木くんですね、オーボエは。
福士君ファンとしては最初にお名前を出していただいてとってもうれしく思いました。
私も漫画っぽいところが受けてます、このドラマ!!

はじめまして。

のだめカンタービレはドラマで知ったので、配役についてはあまり違和感がありません。ドラマも、マンガも、アニメも、のだめカンタービレは全部好きです。

その時、 ロング ラブレター は突然に地響きが起こる。激しい揺れが収まった時、二人が見たものは……。「ごめんねも、ありがとうも、愛してますも、今日の内に言っておけ。」

コメントを投稿する