「使いやすく」「ハマる」技術とは! それは・・・

日本一安全で暮らしやすい土地は岡山市だそうです!住人の意見も少し加えてみました

»

関東脱出!本気で移住マニュアル(出版社: イースト・プレス)に安全で暮らしやすい都市として我が岡山県岡山市が1位に選ばれています。
これは大変光栄なことです。
この本の紹介ページ
を見てみると岡山市には以下の安心で暮らしやすい条件が整っているそうです。

1.日本国内でも比較的地震が少ない地域である。
2.岡山市がある県南エリアの直下に活断層はないとされている。
3.南海大地震が発生しても、四国や瀬戸内海を挟んでいるため被害は甚大になりにくい見通し。
4.夏は涼しく、冬は暖かいという気候。
5.日照時間が日本で一番長い。
6.放射能リスク、最も近いのが原子力発電所で120キロ程度。しかし、その間には中国山地がそびえたっており、隣接する県に原子力関連施設もないのは大きなポイント。
7.大阪や神戸などの主要都市まで新幹線で1時間ほどと交通アクセスが良い。
8.求人倍率は1倍以上で、商業も栄えているため、生活に困ることはないだろう。

ここで、1点、正確な情報を加えさせていただきます。
6.に関してですが、ネットで調べたところ一つ問題を見つけました。
岡山県県北の中国山地に人形峠があります。そこでは、ウラン鉱床跡があり1963年に閉山していますが、掘り出したウラン鉱石が放つ放射能は、今もなお完全には取り除けていないそうです。

人形峠のことを除けば、このように物理環境的には安全で暮らしやすいことは事実だと思います。
物価も安く、特に農業漁業畜産業も盛んな県なので食品が新鮮で安く手に入ります。
医療も、大きな病院がいくつかあります。

そこで、あえて一つ言わせていただきたいことがあります。

公立小学校でも制服のところが多いことです。これは学生服の生産が盛んな土地柄ゆえなのだとか?我が家の子どもは、東京で自由な服装になれていた為、非常に嫌がりました。親から見ても、暑さ寒さは体感温度に個人差があるのに、一律同じ服では調整ができないし、汚れも非常に目立ってて、不衛生だと思うこともあります。参観日に行ってもみんな同じ服装なので分かりにくいし、個性がまったく感じられません。自分が子供のころは当たり前で何の抵抗もありませんでしたが、今となってはあまり制服着用のメリットが良く分かりません。お金もかかる。確かに、一律に服装が揃っていると非常に見栄えするし、学校が好きな子供にとっては愛校心の象徴にもなるので、変えたくないのかもしれませんが、ならば行事の時は強制、それ以外は自由、くらいの柔軟さがあってもいいのではないかと思ってしまいます。何より、その日着ていく服を自分で考えることって、これからの時代に大切な、「他人に左右されず自分で考える」ことを一番手っ取り早く実践できるのではないでしょうか?

これからは上記書籍のように岡山市に移住される人が増えてくると思います。
助け合い、そして時代の流れにそった制度や体質を備えて、物理環境だけでなくソフト的にも生活しやすい岡山市になっていけるよう、私も含めて頑張っていきたいと思います。

 

Comment(2)

コメント

たけし

南海地震の件について、埋立地の多い岡山市は安全ではありません。特に岡山市南区は埋立地が多く昭和南海地震地震で香川愛媛広島岡山の4県の中で岡山が一番家屋の被害が出ました。後岡山県南部は歴史的に見ると埋立地の多い所なんですよ。あと岡山市は基本的に車社会でバスの本数も昔に比べると大幅に減っていて車がないと不便なんです、岡山市内の路面電車も路線距離がたしか日本で最も短くて使いものにならないのです。

匿名

都市部で歴史的に埋め立ててない場所自体日本では難しい。岡山南部は岡山・倉敷のみ都市部でそれも狭い。それ以外の市の方が住むならいい。あと都会でも持ち家の人は自動車を持つ。

コメントを投稿する