ライフワークとしての音楽を考えていきます

自分らしくプレゼンする方法

»

自分らしくふるまうと気持ちが楽になるものですよね。
身体のムダな力みも抜けます。

これは、プレゼンも同じです。
自分らしくふるまえば、プレゼンもぐっと楽になります。出来不出来の差も少なくなります。

必ずしもTEDやジョブズが理想型ではありません。

じつは自分らしいプレゼンをするやり方があるのです。

その方法が「トッププレゼン・マトリックス」です。

4年間、会見でのトッププレゼン取材と記事執筆を経て、この方法論にたどり着きました。

「トップ」という名前が付いていますが、心配することはありません。すべての人が使うことができます。

これは「感情重視―ロジック重視」と「自然体重視―個性重視」という2軸で整理して、話し手を「パッション型」「信念型」「ロジカル型」「優等生型」の4タイプに分類したものです。どのタイプがよい・悪いということはありません。それぞれに各々に強みと課題があります。これを考えることで、自分らしさを活かした、訴求力あるプレゼンが可能になります。


宣伝会議デジタルマガジン10月号に、特別企画記事を掲載いただきました。もしご興味ございましたら下記をご覧下さい。プレゼンでお客さまに必ず聞いてもらえる内容を導き出すフレームワークもご紹介しています。


「トッププレゼン・マトリックス」で御社トップの強みを活かそう



Comment(0)

コメント

コメントを投稿する