ライフワークとしての音楽を考えていきます

スカイマーク・佐山展生会長『広報会議12月号』「プレゼン力診断」記事掲載いただきました

»

 月刊『広報会議12月号』に、「プレゼン力診断」を掲載いただきました。
 「プレゼン力診断」は、経営者やPRパーソンのプレゼン力を、声、表情、身振り、ファッションなどから診断するコーナーです。

 12月号はスカイマーク 佐山展生会長です。

 2016年9月14日、スカイマーク格納庫(東京都大田区羽田空港)にて開催されました「スカイマーク×ネスレ日本 共同プロジェクト発表会」に行ってまいりました。

 2015年、経営破綻したスカイマークの支援に名乗りを上げたのが、投資ファンド代表だった佐山氏でした。その後会長に就任し、搭乗率80%、今期、4月〜7月は92%近くに来ており、これは業界トップクラス。誰もが「スカイマークはもうだめだ」と思っていた中、ここまで業績を上げてきたところ、経営者として見事だったと思います。

 今回、質疑応答でカウンターチェアを使っていました。このカウンターチェア、美しく座っている方はなかなか少ないものです。ちょっとしたコツがあり、片足を中段ステップにかけて、もう片足はのばして座るとスマートに見えます。しかし佐山会長は、質疑応答で堂々とカウンターチェア中段に両足を乗せて座っていました。しかしなぜか、その姿は、軍配団扇を持った戦国武将を思わせて「勝負師の佐山さんらしいな」と感じてしまいました。すべての方にお勧めはできませんが、佐山会長ならアリなのかな、と思わせる迫力があり、ご紹介させていただきました。

 厳しい状況を乗り越えて来られている社員さんたちも、明るく活き活きとした雰囲気でふるまっていたのが印象的でした。今後の発展が楽しみです。


詳しくは月刊『広報会議12月号』をご覧ください。

電子版はこちら→ プレゼンから香り立つ品の良さ...スカイマーク・佐山展生会長のプレゼン分析「戦国武将のような冷静さ」

ブログの関連記事:スカイマーク支援 佐山氏に見たしたたかさ

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する