ライフワークとしての音楽を考えていきます

知事と松崎しげるさんの絵になる舞台 湯崎英彦広島県知事『広報会議9月号』「プレゼン力診断」

»

月刊『広報会議9月号』に、「プレゼン力診断」を掲載いただきました。
 「プレゼン力診断」は、経営者やPRパーソンのプレゼン力を、声、表情、身振り、ファッションなどから診断するコーナーです。

 9月号は湯崎英彦広島県知事です。

 2016年6月22日赤坂ガーデンシティにて開催されました「広島県 新観光プロモーション 記者発表会」に行ってまいりました。

今回は湯崎知事と共に、あの松崎しげるさんがゲスト登壇し、「愛のメモリー」を広島県用に歌詞をアレンジした「愛のメモリー・特別バージョン」を、ライブで歌ってくださいました。

舞台に立つだけで空気までもが華やかに変わる、まさにスター。
相変わらずの声量と、表現力も素晴らしく、松崎さんのライブ演奏に酔いしれた一時となったのです。

しかも松崎さんは、歌だけでなく発言も素晴らしい方でした。
司会者に「すばらしい声量ですね」と褒められると「日本で一番声の大きい67歳ですから」と言ったり、「今度の都知事は誰が良いですか?」と聞かれれば「広島県知事の湯崎知事のような人が良いですね」と気の利いたコメントをしたりと、皆を明るく楽しませようとするサービス精神が際立っていたのには感心しました。

また、周囲に対してとても細やかな気遣いが感じられ、人柄の良さも伝わってきました。松崎さん単独の囲み取材では、たくさんのメディアが集まり、松崎さん人気を改めて実感してきたところです。

湯崎知事も爽やかなイケメン知事で、松崎さんと並んで絵になる舞台でした。

詳しくは月刊『広報会議9月号』をご覧ください。

電子版はこちら→プレゼンから香り立つ品の良さ...広島県・湯崎英彦県知事の「経営者」目線に注目

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する