ライフワークとしての音楽を考えていきます

「F1、一刻でも早く勝利したい」月刊『広報会議10月号』の「プレゼン力診断」連載第12回はホンダ八郷社長です

»

月刊『広報会議10月号』に、社長の「プレゼン力診断」を掲載いただきました。

「プレゼン力診断」は、経営者やPRパーソンのプレゼン力を、声、表情、身振り、ファッションなどから診断するコーナーです。

連載第12回はホンダ八郷隆弘社長です

7月6日、本田本社にて行われた会見に行ってまいりました。

ホンダ新しい社長の会見ということもあり超満席の報道陣で、注目度の高さもうかがえます。

この日、印象深いシーンがありました。

「ホンダがF1で弱いのは、代表者のF1に対するリスペクトがないのではないか。『頑張りますので、それまで待っててください』という一言があっていいのではないでしょうか」
という厳しい質問がありました。

確かに、F1において素晴らしい時期のホンダを知っている人からすると、今のホンダは苦戦を強いられています。質問者からは、ホンダのF1チームに対する熱い想いやもどかしさ、期待の高さが感じられました。

八郷社長は、「自分としては一刻も早くF1に勝利したい」と冷静に答えたのですが、
「待っている時間などない。一刻でも早く勝つ」
というリーダーとしての強い気持ちが表面に出た一瞬でした。

一見、物腰柔らかで、歴代ホンダ社長とは違うスタイルではありましたが、やはりホンダの熱い遺伝子は受け継がれています。

詳しくは月刊『広報会議10月号』をご覧ください。


電子版もアップされています→「広報会議10月号 電子版」


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する