ライフワークとしての音楽を考えていきます

ピアニストは手を広げるために指を切るのか

»

「ピアニストって、手を広げるために指の間(水かきのような部分)を切る手術をするのですか?」

 
この質問、本当によく受けます。
そして、聞きたくなってしまう気持ちも心底よく分かります。

 
ピアノ音楽は、過去のピアニストが自分のヴィルトゥオジィ(名人芸)を誇示するために作られたものが多く、そういった作品は大抵、幅の広い音程をつかむテクニックが必要です。そして、そのような曲に限って大変に魅力的なものが揃っていることも確か。

 
ピアニストでもある作曲家が自分の手にあわせて書いているのだから、それを手が小さい人が弾こうとすれば困難なことになってしまいます。
弾きたい曲も弾けないなんて・・・。スタート地点でハンディがあるというのは悔しいものです。オクターブが届かないからピアノを諦めたという方も少なからず知っています。

 
そいう背景もあってか、小柄ながら手の大きいピアニストに対して「実はね、あの人は切ったんだよ。」という話が流れてしまうのも仕方のないことといえます。

 
もし、手を広げようとして指の間を切る手術をするとどうなるのでしょうか?

 
実際、指の間(水かきのような部分)を切ったとしても指は広がるようになりません。
 
指が広がらないのは、中手骨(ちゅうしゅこつ:手の平のところにある指とつながっている5本の骨)を連結している中手横靭帯があるからです。だから、この靭帯を切り離せば手は容易に広がります。
しかし、普通には弾けなくなるはずです。
靭帯が切れるというこは、ピアノを弾くときに必要な細やかな動きや、手の支えなどの機能をほとんど失うことになるのです。

 
だから、手を広げるために手術をするピアニストはいないと私は思います。

 
手の大きさは、ほとんどは身長に比例します。
だから大柄な人の方が手が大きいということになります。
もともと持っている手の大きさは、残念ながら、身長を伸ばせないのとほぼ同じような理由で変わりません。

 
しかし、手が小さくとも、練習と技術によって克服することは可能です。

 
私の師匠は身長155センチほどと小柄ながら、以前は「リストのソナタロ短調」という手の大きい人しか弾けない難曲を見事に演奏していました。先生の脱力の技と、自然で卓越した指運びを教えていただけたのは、私の一生の宝です。

 
スペイン出身のピアニスト、アリシア・デ・ラローチャ(1923~2009)もまた、小さな手で有名ですが、輝くような音色でグラナドスやアルベニス、またモーツァルトやベートーヴェン、ショパンなどでも、心に響く演奏をしてくれました。またラフマニノフという巨大な手が必要な作曲家の作品に対しても素晴らしいアプローチを見せてくれていました。

もう一つの方法は、鍵盤の幅が細いピアノを使用することです。
作曲家の中田喜直さんは、もともとピアニストだったのですが、手が小さかったのでご自分のために鍵盤の幅が細いピアノを特注して作曲していました。中田さんのピアノパートは、広い音程が多いのですが、細い幅の鍵盤なら小さな手でも弾きこなすことは可能です。

 
だから、万が一「手が小さいので大きく広げるために手術をしたい」という方がいたらば絶対に止めます。そんなお金と時間があるならば、練習で工夫をするか、幅の細い鍵盤のピアノを特注する方が良いと勧めます。

 
ピアノは素晴らしいものです。一生の良きパートナーとなります。諦めなければ方法はあります。今後ブログでも手が大きくなくても使えるテクニックなどを書いていければと思っています。

Comment(9)

コメント

酢~

永井千佳様


先日は先生の記事があのブログで多くの閲覧がありました。
乙女の祈り等でオクターブの壁を感じる人も多いようです。


細幅推奨の方も地道に活動中です。
集まるかどうか分りませんが、中田喜直さんの細幅鍵盤
ピアノを展示してある見学観光の計画を立てたりしています。


先生のコーラスの動画も拝見させて頂きました。

この記事も非常に参考になります、後日貼らせて下さい。
宜しくお願いします。

酢~さん
積極的に活動なさっていて素晴らしいですね!良い細幅鍵盤ピアノをより多くの方が入手できる日が訪れるよう祈願しています。このブログもお役にたてましたら幸いです。ご活用ください。

酢~

永井千佳様


ご協力有難うございました。
こちらのブログ、リンク集にも早速追加させて頂きますね。


「多くの人が入手出来る日が訪れるよう祈願・・・」


有り難いお言葉に感謝致します。
先生のこれからの益々の発展を祈りつつ
これからも細幅鍵盤の推奨活動に邁進して行く所存です。

クルまろ

ご無沙汰しております。
以前、「バイオリンは子供用のサイズがあるのに、ピアノにはなぜないのか」の記事にコメントさせて頂きました、クルまろです。
その節はありがとうございました。

この度、酢~様の細幅鍵盤推進活動の動画コマーシャルが公開されましたので、そのご報告をさせて頂きたくコメント致しました。

「細幅鍵盤がもしあれば・・・オクターブが届くのに」
http://youtu.be/33G1LtXiqow

酢~様の活動のお手伝いが出来ればと思い、今回動画の作成をさせて頂きました。
よろしければ、観て頂けると幸いです。

クルまろ

度々申し訳ありません。
先程ご報告させて頂きました動画に不備が見つかりましたので、修正して公開し直しました。

URLが変わってしまいましたので、再度ご報告させて頂きます。(修正前の動画は削除致しました)

「細幅鍵盤がもしあれば・・・オクターブが届くのに」
http://youtu.be/4OUlwP4vXFc

お騒がせしてすみませんでした。

クルまろさん
動画を拝見しました。素晴らしいです。細幅鍵盤のピアノが再び作られる日がくるといいですね!

クルまろ

動画を観てくださりありがとうございました。
今後も細幅鍵盤ピアノ普及の為に頑張ります。

ご無沙汰しております。
度々お邪魔させて頂き申し訳ありません。

この度、細幅鍵盤ピアノ普及への大きな1歩となるニュースがあり、そのことをお知らせしたいと思い、お伺い致しました。
来年、アメリカで開催される国際ピアノコンクールで、スタインビューラー社製の細幅鍵盤が使われることになったそうなのです!

元のニュース記事を紹介していますので、もし宜しければ、こちらの記事に目を通して頂けると幸いです。

「細幅鍵盤が、国際ピアノコンクールで採用されることになりました!」
http://littlehands782.blog.fc2.com/blog-entry-36.html

クルまろさん
素晴らしいですね!これからも、もっとたくさんの方々にピアノから人生の豊かさを感じていただきたいですね!

コメントを投稿する