ライフワークとしての音楽を考えていきます

本当に音楽をとめるべきだったのだろうか? 「NYフィルの公演中に携帯の着信音、指揮者が演奏中断」

»

コンサートにおける携帯電話の着信音。
その瞬間に感動が一気に吹き飛んでしまいます。
 
逆に演奏している立場でも会場の音というのは気になるものです。
客席に持ち込んだ花束を包むセロファンがこすれる音(本来は受付に預けるようになっています)、プログラムの落ちる音、咳やくしゃみ、このような様々な音は、演奏している方にとって、集中を途切れさせないようにするための心得が必要なほどです。
 
それは、講演のような話しているときでも同じです。
例えば、話の合間の沈黙する瞬間。
その瞬間にこそ、深い真実があるのです。
 
携帯の音は、音楽であれ、話であれ、それを暴力的に破壊してしまう威力を持つのだと思います。
 
2012年1月10日夜、米名門オーケストラ、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートの最中に観客の携帯電話が鳴り響き、指揮者が演奏をストップするハプニングがありました。→記事
 
マーラーの交響曲第9番。
死の恐怖との闘い。のたうちまわり断末魔のうめき声をあげる。・・・そしておとずれる最後の静寂の音楽。
 
そのとき携帯の音が3~4分鳴り響き、指揮者のアラン・ギルバートさんは音楽を止めてしまったと言います。
 
このマーラーというユダヤ人の作品を、1930年代にユダヤ系ドイツ人のブルーノ・ワルター(1876~1962)が演奏したとき、ナチスドイツのありとあらゆる嫌がらせがあったと言います。
ワルターが演奏するコンサート会場には、臭気爆弾が投げ込まれ、脅迫状が舞い込み、ナチス党員による咳払いや、わざと大きな音を立てて歩き回る音で妨害される。自身は暗殺されかけ、さらに長女の逮捕、次女は実の夫により殺害されてしまいます。
 
そんな状況下でも、ワルターは音楽を演奏し続けたのです。
 
それにしても3~4分も続く着信のマリンバ音はあまりにもひどすぎます。ギルバートさんの苦渋の判断だったと思います。
しかし、9番は最初から演奏して初めてその重いメッセージが伝わる作品。途中からやり直しをしようとすべては変わってしまうのです。
 
もしワルターだったらば、いや、マーラーだったら、そのとき演奏を止めただろうか。
ふと、そう考えました。
 
もしかしたら、音楽を最後まで演奏し続けたのではないだろうか。
そのような思いがこみ上げています。
 
・・・・・・・・
 
追記
近頃は、クラシックコンサートホールに携帯電話抑止装置をつけるホールが増えています。施設内に「圏外」を作り出すことで、着信音などの迷惑を防ぐ装置です。以前「究極の携帯カンニング防止装置」という記事で書きました。このような装置があれば、仕事が終わってホールに駆けつけたときに、あわてて何度も携帯の電源を確認する心配もありませんね。

★関連記事

2011/03/03 究極の携帯カンニング防止装置

Comment(12)

コメント

マーラーの交響曲第9番は、2回演奏経験がありますが、この第4楽章の最後の部分は、管楽器奏者も演奏が終わってから5分以上息を潜めて、消えていくような音楽の成り行きを見守る(聴き守る)場所なので気が抜けず非常に緊張しているところです。なので、iPhoneのアレが鳴っちゃったら、その緊張の糸が緩み、私でもやってられなくなります、きっと。なのでギルバートさんの気持ちはよくわかります。私が初めてこの曲を演奏した時には運悪く風邪をひいて咳がひどく、咳止めを飲んで本番に臨んだのですが、最後のこの部分では咳をこらえていて涙が出た(勿論、音楽にも感動していたのですが(笑))苦い思い出があります

おおた

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/01/14/kiji/K20120114002428090.html
 この記事によると、鳴ったのは着信音ではなく「目覚ましのアラーム」だったとか。となると電波抑止装置では防ぐのは難しいことになりますね。また、国や地域によっては「妨害電波を出せるのは軍と警察だけ」という法律があったりもするので(先日オーストリアの学校で電波妨害装置をカンニング防止目的で設置した校長が法律違反で警告を受けています)、やはり観客個人の『強い自覚』に委ねるほかないのかもしれません。
 
 演奏を止めてよかったのか、ということについては、先日(今回の件とは関係ない)テレビ番組で「音楽は(流れというものがあるから)絶対にやり直してはいけない」というのを聞きましたし、一方で演奏家の方の緊張が切れたらやってられないだろうな、という気持ちもわからなくもないです。
 クラシックには詳しくないのですが、演奏の後ろに「爆撃機に向かって発砲する高射砲の音」が入り込んでいるレコード(確かベルリンだったような)、というものを以前聞いたことがあります。ワルターもそうですが、演奏家の方は並々ならぬ覚悟と集中力で音楽に向かっているのだな、と今回のお話で改めて感じました。
 もちろんそれがゆえにギルバート氏もさぞかし苦渋の決断だったのだろうな、というのがわかりますね。
 
#ところで、大昔のコンサートは観客が勝手に騒いだり暴れたりしていた、という話も聞いたことがありますが…(汗)。

あとり

数分間鳴り続けても止めない悪質な嫌がらせであったようですが、
演奏者に妨害に屈するなというのは一理あります。
でも、聴衆に対して、騒音の混じった演奏を聴かせ続けるのもどうなんでしょう。

バスーン♪さん
あの箇所で咳をこらえるのは辛いですね・・・!私も、特に合唱の伴奏では静かなアカペラの部分においてかなり気を遣います。ほとんど物体と化す状態^^
そんなところで携帯の音が鳴ったら、演奏者にとっても聴衆にとっても、大変残念なアクシデントですね。

おおたさん
ギルバートさんも、ちょっと鳴るくらいだったらきっと止めなかったと思います。音楽は時間の芸術でもあるので、一度始まったものを外部要因で止めることは「音楽の息の根を自らの手で止めてしまう」ほどの苦しみが伴います。よほどのことだったのでしょうね。携帯の恩恵を被っている現代においては、なかなか避けがたいアクシデトなのだと思います。コンサートホールや音楽事務所側にも何か良い対策を考えていただきたいですね。

あとりさん
マーラーの第9番を愛するものにとっては耐え難い「事件」だったのだと思います。それほどマーラーの第9番というのは特別な存在。止めるか止めないかというのは、もう指揮者の音楽に対する考えにゆだねるより仕方ないでしょうね。。。

ardbeg32

事の是非以前に。
犯人は普段からコンサートの最中の咳や話し声に腹を立ててたクラッシック愛好家だとの事。
数分も目覚ましが鳴り響いていたのなら、周りの人も「お前じゃないの?」と気がついておかしくないと思うし、本人だって「ひょっとして俺?」と気がついて然るべきだと思いました。そうすれば中止する事もなかっただろうに、曲を止めてからも自分が犯人だと気がつかなかったってどういう耳をしているんだか。

いつも楽しく拝読しております。
指揮者にとって苦渋の選択だったのでしょうね。
大戦中ナチス下での演奏等、曲にまつわる背景を鑑みると続ける選択もあったのですね。

qqqr

元の共同通信社のニュースが不明なので
産経ニュースから。。。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120114/ent12011411410008-n1.htm
携帯音、腹が立ちますね。話し声は殺意が沸きますが。
ですが、後日談が出た以上、追記してあげたほうがよいのでは?
マナー違反もいいところですが、後日談もなしではちょっとお気の毒です。

ardbeg32さん
その方は「まさか自分ではあるまい」という何か確たる自信があったのかもしれませんね。逆に満員電車で自分と同じ着信音がすると自分でなくともなぜか携帯を確認してしまうことがあります。このような時代ですから、いつ自分がうっかり鳴らしてしまってもおかしくないという気持ちを常に持っていたほうがいいかもしれないですね。

多摩境ナビゲーター さん
いつもご覧いただき有り難うございます。痛みが伴う判断でしたでしょうね。続けるにしても、止めるにしても、やはり一瞬の深みにおけるリーダーの「腹決め」にあるのではないかと考えます。そして、最終的な責任はすべて指揮者が背負うことになるのだと思っています。

qqqrさん
行き違いになってしまってごめんなさい。昨日の記事で続編を書いております。どうぞご覧下されば幸いです。

コメントを投稿する