ライフワークとしての音楽を考えていきます

バイオリンは子供用のサイズがあるのに、ピアノにはなぜないのか

»

作曲家の中田喜直さんは「夏の思い出」や「小さい秋みつけた」などの有名曲を作曲した人として有名ですね。
 
中田さんはピアノ科出身の人でした。
そのため、合唱や歌曲ではピアノパートが大変充実しています。
 
一般的にほとんど知られていないのですが、女声のための組曲に「魚とオレンジ」という作品があります。これは世界的に評価されてもおかしくないほどの傑作で、特に感覚的なピアノ伴奏が素晴らしい曲です。
 
中田さんは小柄であったし、手が小さかったことからピアノを弾くのに苦労していたそうです。そのため、ピアノを習う子供たちのために鍵盤を細くすることを提唱していました。実際に細い鍵盤のピアノを作らせて自分の作曲にも使っていたといいます。
 
確かに、中田さんのピアノ伴奏は、広い音程をとる技術が多く、既製のピアノだと手の小さい人にはちょっと厳しいところもあるのですが、特殊なピアノを使って作曲をしていたようですね。
 
バイオリンは子供のサイズがあり、成長に合わせてサイズを少しずつ大きくしていき、最後は大人のサイズ(普通サイズ)になるのですが、ピアノにはそれがありません。
小さくて柔らかい子供の手で、あの大きな鍵盤をおさえるのはなかなか困難を極めます。
だから、その子の音楽性よりも、もともと身体の大きい子や、成長の早い子、手がしっかりしている子のほうが有利になってしまうことも多いことは確かです。
子供の頃、私と一緒に習っていた同じ年の友だちは、身体が小さすぎることから向かないとピアノの道を諦めた人がいました。いまだに残念なことだなあ、と思っています。
 
だから、ピアノにも子供用のサイズがあれば良い、という考えはもっともなことだと思います。
しかし、子供用のバイオリンはあるのに、子供用のピアノは依然普及していないのです。
 
バイオリンの場合、サイズ交換のときは先生を仲介して、自分より年下のお弟子さんに譲っていくことをしています。小さくて軽い楽器なので、気軽に持ち運んでお譲りできるんですよね。
その点、ピアノのように専業の運送屋さんをお願いして移動しなければならないような楽器だと、気軽にお譲りするというふうにはなりにくいですね。
サイズの小さいピアノができれば、もう少し子供たちも練習しやすくなるのではと思うのですが、やはり難しいようです。
 
しかし、もう少し子供たちにも気楽にピアノを弾いてもらいたいですよね。
「プロになる、ならない」ということは抜きにして、バイオリンと同じく、子供のときにしかできないことが多い楽器だからこそ、やはり子供に合わせた楽器というのが必要ではないかと思えます。

Comment(9)

コメント

クルまろ

初めまして。
手が小さい人向けのピアノが無いものかと探していましたら、こちらのブログに辿り着きました。
私は趣味でピアノを嗜んでいるのですが、記事にとても共感しました。

こちらに辿り着く前にも、手が小さくてピアノを弾くのが困難だという掲示板のコメントなどが幾つか上がってきて一通り目を通してみたのですが、手の大きさに悩んでいるピアノ弾きさんがかなりの数いらっしゃるように感じました。
中田喜直さんの『音楽と人生』という書籍の事もネット検索の過程で知って、つい最近読みました。私も手が小さく1オクターブが鍵盤の手前から引っ掛ける形でしか届きませんし、9歳の頃に自分から親に頼んでピアノ教室に通い始めたものの、初っ端から手の大きさがハンデとなってすぐに挫折してしまったという経験もあるので、細幅鍵盤ピアノという試みがなされていた事実を知って大変興味深く感じております。

中田喜直さんの主張は至極当然といいますか、もっともな事のように感じたのですが、なぜピアノ界であまり受け入れられていないのかとても不思議に思っております。
あちこちの掲示板や書き込みなどを読んでいますと、“手が小さくても弾き方を工夫と努力を重ねて弾くものだ”という考え方が主流になっているのか、もはや細幅鍵盤ピアノという発想自体がほとんど無いような気がいたしました。

もちろん、鍵盤を細くしようという提案をされている方もいらっしゃるのですが、そういう方に対する反応は決して温かいものではありませんでした。家で弾くだけならいいが、コンクールや発表会はどうするのか、といった問題を指摘されていましたが、それだけではなく、根本的にピアノの鍵盤を狭くすること自体への抵抗がとても強いような気がします。

この件に関してもう少し前向きな議論がなされても良いように思うのですが、ピアノの先生方にはこういった意識があまり無いのでしょうか。それとも、最近はピアノの正しい奏法にはあまり拘らず、小さい手でも自由に工夫して弾くほうが良いという方向になってきているのでしょうか。

もしピアノの先生方の間でも、小さな子供の指導に大きな鍵盤のピアノを使うことへの疑問が少なからずあるのでしたら、少しずつでも働きかけていけるような気がしているのですが、実際のところどうなのか気になっております。

趣味程度の私が、ピアニストの方へコメントするのはおこがましいような気がして迷っていたのですが、どうしてもその辺りの事情が気になりましたので、僭越ながら書き込ませていただきました。

長文失礼いたしました。

クルまろさん
私は狭い鍵盤があっても良いのではないかと思います。やはり楽器のコストがかかってしまうので、皆さんが中田さんのように個人でオーダーするのは難しいかもしれませんね。サイズの違うピアノがあって、好きな演奏を愉しむことが出来れば、その方の人生も豊かになりますし、子供時代も無理な弾きかたをしないですみます。中田さんのおっしゃることはもっともではないかと思います。

クルまろ

その節は丁寧なお返事をくださりありがとうございました。

ピアノは本当に人生を豊かにしてくれます。気分がのらないようなときも、ピアノを弾くと気持ちが落ち着いてまた頑張れるようになります。ですから、弾きたい気持ちがありながら手の大きさのハンデで弾くことを諦めてしまうのは本当にもったいないことだと思います。

ですが、記事にもあります通り、やっぱり楽器の購入や運搬のコスト、それに伴う手間を考えると難しい問題なのだろうと思い、半ば諦めかけていましたら、アメリカのSteinbuhler社という会社が、ピアノのアクション部分を入れ替えることで、自分の手のサイズに合った鍵盤に交換するという方法を開発しているということを知りました。言葉ではちょっと説明しにくいですので、Steinbuhler社の動画サイトを紹介させていただきたく、文末にURLを記入させていただきました。これを見る限り、本当の普及にはまだまだ課題がありそうですが、この問題が大きく前進しそうな期待感が持てました。何より、小柄な東洋人特有の問題だと思っていたことが、実は欧米人の方々の中にもあった問題だということが分かって、もしかしたらこれから世界的に普及していくのではないかと今から楽しみに思っています。

Reduced-Size Keyboards Part1
http://youtu.be/SBfDN9DBsnk

Reduced-Size Keyboards Part2
http://youtu.be/yiF05uBej0c

クルまろ

度々申し訳ありません。
もし差支えなければ、こちらの記事のリンクをこのブログに張らせていただいても構わないでしょうか。

「細幅鍵盤の推進活動中(オクターブが楽に届くピアノがあれば・・」
http://music.ap.teacup.com/vineger/


http://music.ap.teacup.com/applet/vineger/archive?b=4

ブログ内のこの記事にもあります通り、細幅鍵盤が必要ではないかというご意見をお持ちの方々の声を集めて、楽器メーカーさんに見ていただくことを目的としたブログです。

こちらのような貴重なご意見を沢山の方に見ていただきたいと思っております。
宜しくお願いします。

クルまろさん
クルまろさんにとってピアノはなくてはならないほど大事なものなんですね。コメントから伝わってきます。
手が小さくて、弾きたくても弾けない方がピアノを楽しめるようになってもらいたいですね。リンクもどうぞお役立てください。今後普及していくと嬉しいです。

クルまろ

ありがとうございます!
早速ご紹介させていただきます。

酢~

永井千佳様

私は「細幅鍵盤の推進活動中(オクターブが届くピアノが
あれば・・」を先月末にブログ立ち上げた者です。

ピアノ(実は私は8度までは上から掴めるのですが、
それ以上の曲も是非弾きたいたと思っています。
只今、ピアノは初級程度の実力ですが、作曲とソルフェを
習いに行っている50代のサラリーマン、何か一つでもこの
世の為に、残せればと思い曲作りやブログ立ち上げの
お世話をしています。(クルまろさんの熱意に打たれました)

先生のような名のある方の記事が貼れて、光栄です
ありがとうございました。

クルまろさん
すこしでもお力になれましたらば幸いです。

酢~さん
オクターブ以上の作品も演奏してみたいですものね。後世に残るような作品。素晴らしいです!ぜひ頑張ってくださいね!

コメントを投稿する