計測できそうでできない多くのこと。エンピリカル(実証的)アプローチで。

コードレビューの記事が半年で10,000回閲覧

»

2010年2月に米国のIBM developerWorksに掲載いただいたコードレビュー記事の閲覧数が6ヶ月で10,000を超えた。こちら。現在公開から7ヶ月たって11,000になっている。元々は日本語版のもので、ソフトウェアインスペクションワークショップのイベントの紹介とともに掲載いただいた。日本語版はこちら。日本語版のほうの閲覧数は公開当時には存在していなかったので、実際の閲覧数は表示されているものよりも多いと推測される。

記事は個別の調査結果や研究結果ではなく、コードレビューに関係する広い意味でのツールをインスペクションのフェーズ毎に整理したもの。

Comment(2)

コメント

森崎様

US dWに公開した記事も好評のようで何よりです!
今後も、このような案件がございましたらば、微力ながらお手伝いさせていただきたく存じます。

ありがとうございました。

コメントありがとうございます。

またの機会にもよろしくお願い申し上げます。

コメントを投稿する