IT業界のコメントマニアが始めるブログ。いつまで続くのか?

「テレビ離れ」の“実体”

»

昨日書いた「映画離れ」のオマケとして、「テレビ離れ」について、もう少し触れておきます。テレビの世帯普及率が99%を超えているというだけでは「いざというときのために持っているだけで見る時間は減っているのだ」という反論がありえます。NHK は、2004年以降、個人視聴率調査を実施しています。かつては年に4回調査されていましたが、近年は6月と11月の2回の実施ですので、各年の6/11月の調査結果をグラフにしてみます。

Photo

たいして減っていません。ただし、この調査は年齢別の視聴率が出ておらず、「テレビを見ているのはお年寄りばかりで、若者はテレビ離れしている」という指摘はあるかもしれません。NHK は5年ごとに「生活時間調査」を行っており、ここでは年齢別・男女別のテレビ視聴時間が調査されています。前回が2010年なので少し古くなりますが、このデータをグラフにしてみます。

Photo_2

Photo_3

若い世代で視聴時間が減り、40代以降で増えている傾向があるので、この指摘はある程度正しいように見えます。ただし、この調査でも「テレビを見る人の割合」は、平日で8割~9割に及んでいます(もっとも少ない20代でも平日は78%が視聴している) ネット動画への移行が指摘されることはありますが、2012年のビデオリサーチインタラクティブの調査でも、動画サービスの利用時間は、その時間が長い世代でも1日あたりの平均時間は10分に満たないので、テレビに比べればずっと小さなものです。

Comment(13)

コメント

chapchap

ボクがテレビを見ない(チャンネルを変える)のは・・・
○雛壇タレントばかりの番組
(毎回、同じ顔ぶれ)
○料理番組?・・・”おいしい”しか言わない。
(調理番組だけで良いのでは、レストランなどを紹介する理由はどこに?)
○通販番組・・・みる意味無い!?。
(同じものしかやっていないので、飽きてきた)
○アナウンサーの品のなさ・・物食べながらしゃべる(口の中が丸見え)道徳心なし。
(口は肛門と繋がっているので、人前では口を開けない!と教えられた)
○女性アナウンサーのタレント化?・・最近では離し方が女子高生そのまま・・人生なめてる!!。
(知識は芸能界とオシャレだけ!これで高給取っているから腹が立つ)
これじゃ・・・テレビ売れないわ!。
ましてや”大型テレビ”など・・必要??。

mohno

chapchap さん、
チャンネルを変える、ってことは、テレビ見続けてるんじゃないですか。

abcd

テレビが点灯してるだけで視聴されてない場合にも、アンケートを取ったらテレビをつけてる時間を答えると思いますよ。
一人暮らしの人などが、音がないのが寂しいという理由でつけいるのです。

もっつ

netは動画サービスだけではないと思いますがね
むしろ、ニュースサイトやsns、調べ物など
多種多様な情報取得にPCが使われてる
動画サービスの利用時間だけで比較ってのはどうかと
むしろ、そういう情報収集が利用の主だと思います

mohno

abcd さんは、JASRAC の件にしろ、このテレビの件にしろ、この手の“都市伝説”を語るの人が、まさに「具体的な根拠を示すことなく、自分の思い込みだけを一般論のように語る」という実例になっていますね。
(実際には違いますが)あまりに典型的すぎて、私の自作自演かと疑われそうです。

mohno

もっつさん、
たとえば「余暇の過ごし方」が多様化しているということについては、今ではスマホや携帯ゲームをはじめ、さまざまな手段がありますので、とくに反論はありません。
ここでは、あくまでタイトルが示す“テレビ”(の延長線上)について言及しています。

Theia

テレビ業界がテレビ離れを言い始めたのは「若者のテレビ視聴時間が減っている」という事が、
全体的な視聴時間が伸びたとしてもそれ以上に深刻だからではないかと思っています。

経済状況もあるので常に従うとは限りませんが長期的に見れば
以下のような事が普遍的に考えられると思います。

・スポンサー企業は価値のある顧客に対してCMを打ちたい。
・視聴者が全体的に価値のない顧客であれば広告料は低く抑えたい。


詳細な理由の考察は以下の通り…
70代の視聴者がスポンサー企業にとって有益な顧客である期間はおそらく残り10年程度の事でしょう。
一方10代の視聴者は行こう70年程度の間顧客である事を期待できます。
つまりスポンサー企業にとっては70代の視聴者より10代の視聴者に知られた方が以降収益を上げることを期待できます。
(単純計算ではありますが一定量買い続けると想定した場合70代の視聴者に対して10代の視聴者は7倍のものを購入してくれます=7倍の価値のある顧客とみなせる)

そして10代の視聴者は将来的な40代や70代の視聴者でもあります。
そういった意味でも長期的影響力は今の70代の視聴者とは比べ物になりません。

さらにこの減少傾向が継続していると読み取れることもスポンサー企業にとっては「テレビコマーシャル以外の広告手段」への流れを作り出す要因になっている事ではないでしょうか。
(スポンサー企業としては減りゆく広告手段より増え行く広告手段にかけたいですから。)


また、上のコメントにあるコンテンツを楽しむ方法が増えた結果「音が欲しくてつけているだけ」という視聴者が出ている事ですが、これもスポンサー企業としては広告料を引き下げたい理由になるでしょう。

例えば…100%の視聴者が音の為だけにつけているようなテレビ番組だとしたら…?
スポンサー企業としては自社製品を購入してくれる可能性を期待するでしょうか?
あまり期待できないと考え他の番組でCMを打ちたいだとかとても安い広告費にしたいと考えるでしょう。

一方100%の視聴者がCMを含めてしっかり見ているとしたら?
スポンサー企業としては自社製品の購入をしてくれる可能性を期待するでしょう。

前者と後者と比較した場合は…?当然後者に対して大きなお金を出してでもCMを打ちたいでしょう。


絶対的な視聴時間ではなく「視聴者の質の低下や若者がテレビ以外のコンテンツへ流れ始めているという事に対してスポンサー企業が注目している」という事がテレビ離れの実態ではないかと思います。

mohno

Theia さん、
繰り返しになりますが、その手の話をするのが「具体的な根拠(客観的な情報)を示すことなく、自分の思い込みだけを一般論のように語る人」の実例、その2になっているだけですね。
在京テレビ局の連結決算を見ても、売上は伸び続けてますよ。テレビ局も色んなビジネスに手を出しているということもあるようですから、一概に放送広告だけが成長しているとも言えませんが。
ちなみに、アナログ放送終了時に NHK の“解約”が多かったと報道された時ですら、NHK の“契約者数”は伸びていました。
→http://blogs.itmedia.co.jp/mohno/2012/01/9nhk-7fdf.html

modzku

日経BP社の調査によるとスマートフォンの普及率は2010年の4.0%から2013年の28.2%まで上昇しました。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1309/02/news049.html

他の方が言われるように
スマートフォンの利用促進によって余暇の過ごし方に大きな影響を与えていますが、
NHKの5年ごとの調査にはスマートフォンの普及は反映されておらず、
当記事のように、NHKの調査を根拠として「テレビ離れはない」と結論づけるのは不適切です。

mohno

modzku さん、
「スマートフォンの普及」と「テレビ離れ」が相関すると決めつけるのは、なぜですか?
グラフを見て、視聴時間が多少は減ってるじゃないか、という指摘はありえると思いますが、視聴時間“以外”に「テレビ離れ」の根拠を求めようとするのは滑稽ではないでしょうか。
年齢別を含む調査については、また来年行われるでしょうから、それ次第では「テレビ離れ」していると認めることになるかもしれませんが。

TK

なるほど!と言えるとても内容のあるブログ記事でした。
私も仕事柄、疑問に思っている内容でしたのでとても参考になります。

花王さんのスポンサー不買い運動の時でもとても疑問でした。
視聴しているから起こる事例に対して「若者は見ていないから!&じゃぁ見ないですから」と若者がネットでスポンサーに対して攻撃する。
そしてまた気に入らない放送があると炎上する…見てますよね?と客観的に思ってましたが、ここまでデータが出ているとちょっと安心しました。

テレビ見てますね。そんなに離れてないなーとデータをみて感じました。

ただ少し、昔より娯楽が増えたので枝葉が分かれただけで枝葉までの解析は媒体を串刺しして終えていないだけなのかな?と思いました。
データ的にT&M1層の視聴低下が見られるのは確かに2000年頃からなのでそこがインターネットなどのインタラクティブ媒体が増え始めたのをきっかけに?と言えなくもない、と言いたいのかもしれませんね。データはありませんが。

「映画離れ」よりコメント数を見る限りささくれ立つ内容の様ですね(笑
なにはともあれ、とても参考になるデータありがとうございました。
これからも楽しい記事を待っています!

abcd

これは、そうゆう人もいるよって話だけです。
ながら視聴が多数派だと言いたいわけではないです。

mohno

TK さん、
たしかに「映画」よりも反応が大きいですね^_^;
テレビ局の人は別に安心しているわけではないと思いますが(とくに民放は自社の視聴率こそが重要なので)、ネット動画を(不正利用されるという点以外では)脅威とは思っていない気がします。

コメントを投稿する