あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

思考停止の諸類型、あるいは人は思考をサボる言い訳を探している件

»

思考停止という現象に興味があり、以前からそれについてのアンテナを立てている。

人間は本当に思考を面倒くさがる。だから思考停止が許される言い訳ができると、それに飛びつくように見えることすらある。もうそれ以上考える必要がなくなって、ホッとしているみたいに見える。

注意深く観察していると、「ああ、この人は思考停止しているな」というのはわりあい分かるものだ。
ただしそれはあくまで「他人から見ると分かる」という話であって、当人にとっては全く逆だ。なにしろ思考が停止しているので、「今、ひょっとして、思考停止している?」とは中々気づけない。もちろん僕自身もそうだ。
だからこそ、思考停止は怖い。知らず知らずのうちにきちんと考えることを放棄し、その場の空気なり、決定事項なりに流されてしまう。そうして、後々問題が起きてから「あの時もっと良く考えておけばよかった」と後悔する。または上司に「これくらいのこと、考えておけよ」と怒られて、歯噛みする。


思考停止は自分では気づきにくいけれども、人が思考停止に陥る癖みたいなものを知っておけば、多少は避けられるかも知れない。そう思って、随分前から思考停止を目にすると、コツコツとiPhoneにメモを残してきた。いつかブログのネタにしようと思って。
記事でいうと5個分くらい溜まったのだが、ネタを薄めて記事の数を増やす趣味はない(閲覧数気にしてないから)。
だから、思考停止にどんなパターンがあるのかを、一気に吐き出してみようと思う。

(うちの会社の人は、白川がこのパターンにハマっている時は遠慮なく指摘してください)




★ルールなので、前例がないので
僕は変革プロジェクトという、前例がないことをやったり、ルール自体を作るのが仕事なので、こう言われても「だから何?あなたの見解を聞いているんですけど?」と思う。けれども、世の中にはこれを言えば相手が黙るとか、自分がこれ以上考えなくて済む、と無意識に思い込んでいるタイプの人がいる。


★それっぽい反省
うちの会社は結構反省会というか、振り返りの場が多い。そうやって仕事の質を上げていこうね、という趣旨なのだが、そこで語られる反省が、改善につながりにくいケースが結構ある。曰く、
「準備不足でした」
「仕事の目的をよく考えずに取り組んでしまった」
「ゴールをみんなで共有しなかった」
「作業見積もりに失敗した」
とか。

そしてこれを言ったことで満足し、これ以上深く考えないケースが多い(思考停止)。
例えば「ゴールをプロジェクトメンバーみんなで共有し、納得する」なんて、本質的に難しいことだ。その難しいことが十分やれなかったなんて、ある意味当たり前。問題は「どうしたらゴールを共有できるか?」であって、そこにこそ改善の余地がある。
でも、難しいからそれ以上考えるのをサボる。


★CS向上を事業戦略に掲げる
どんなビジネスであれ、お客さんに満足してもらうなんて、当たり前に目指すべきことだ。満足してもらわないと売上があがらず、ご飯が食べられない。
だからCS向上を戦略として掲げるのは「それ以上戦略について考えるのをサボる言い訳」だと思う。
本来は、「どの顧客に、どうやって満足してもらうのか?」そのために「どの顧客を諦めて、何に投資するのか?」こそ、考えるべきことだ。

日本企業で一番良くある「CS向上」をやり玉に上げたけど、「思考停止の言い訳として掲げられる戦略っぽい言葉」は他にもある。


★言ってもしょうがないことを言う
例えば、採用やマーケティングについて議論していて「うちは知名度がないからなー」と言うとか。
まあ、単なるボヤキならば聞き流せば良いのだが、「あなた、それを言ったっきり、思考停止してません?」というケースが結構ある。

知名度がない、という現状認識があるならば、
a)知名度をあげるために何に投資するのか?を考える
(時間を投資してPR記事を書いてもらう働きかけをやるとか)
b)知名度が低くてもビジネスが成り立つ方法を考える
のどちらかを考えなければならない。
知名度がないことは、あなたが思考停止する言い訳にはならない。


★作業に没頭する
真面目な人に多い。
例えばプロジェクトを立ち上げる際、「この事業の本質的な課題はなんだろうか?」「何を変えたら業務が劇的に良くなるだろうか?」をとことん考え尽くす必要がある。
でも、何度も言うように人は考えるのをサボりたがるので、逃げる。逃げるために何をするかというと、手当たり次第調べるのだ。

「とりあえず現場の意見を聞け」
「まずはアンケートやってみよう」
「今やっていることを片っ端から棚卸ししてみよう」
とか、聞いたことないですか?

業務改革のプロとして言わせてもらうと、何の仮説も持たずに「とりあえず」で現場仕事を調査しても、本当にショボイことしか分からない。Webでアンケートとったりしても、「これ、何に使うの?」というボヤキが大量に集まったりする。
(そうやって活用されていないアンケートの残骸を、後から来た僕らが、活用することはちょくちょくある)

なので「ひたすら情報を集める」みたいな、没頭できる作業に逃避するのは、やっぱり思考停止のサインだ。真面目な人こそそうなるので、指摘はしづらいんだけどね。

「まずは見積を受け取ってから考えよう」
なんかも、これとほとんど同じだと思う。金額は選択の一つの要素でしかないので、見積もりもらう前に考えるべきことって沢山あるし、ひょっとしたら見積もり依頼をしなくてすんだりするのにね。


★ケリが付いたことにする
これ、ちょっと分かりにくいかもしれない。言い方をかえると「モヤモヤという感覚を大事にしよう」になる。プロジェクトで難しいテーマについて議論していると、必ずしも誰もが納得するスッキリとした結論にならない。こういう時に、「何に引っかかっているのか、いますぐ言語化できなくても、モヤモヤしていること自体をまずは表明しよう!」というルールをケンブリッジでは採用している。
だから特に若手メンバーが「ちょっとモヤっているんですが・・」と議論をとめ、それをきっかけにもう一歩深く議論をすることも多い。

逆に、そういう違和感をあまり拾わずに「それは済んだ話だから」とスパンスパンと見切る人もいる。その人が完璧に見通せているならいいのだけれども、「本当は立ち止まって議論した方が良いのだが、もう考えるのをやめたいからケリが付いたことにする」というケースもある。もちろん無意識レベルで。
なので、「それ、もう終わった話でしょ」とか「意見としてまとまっていないなら発言するな」みたいな発言は、実は思考停止への欲望だったりするのだ。

※これ、大事な話なので、そのうち単独の記事として書くかも。


★○○が決まってないので検討できない
例えば、
「予算が決まっていないからスケジュール検討できない」
「システムが固まっていないから業務設計ができない」
みたいに、方針Aと方針Bが「ニワトリとタマゴ」状態になっていることは、プロジェクトではよくある。
方針Aが決まらないと、方針Bが検討できない。一方で、方針Bが決まらないと、方針Aも検討できない。

当たり前だが、そういう場合は無理やりAの仮案を作り、Bに当てはめ、そのフィードバックを元にもう一回Aを考え・・と、往復検討をするしかない。Bの仮案を先に作る場合もあるだろう。

そんなの考えれば誰でも分かることなのだが、AとBの担当者が別人の場合、「○○が決まってないので検討できない」というのが、考えない言い訳として多用される。オイオイオイ。

「方針Aが1に決まるなら方針Bは2、方針Aが3なら4」みたいに事前に考えている人はいない。「方針Bの立場からは、方針Aは1ではなく2であって欲しい」みたいなことを考えている人も稀(もし考えていたなら、ああいう言い訳はしない)。


「準備不足でした」とか「○○が決まってないので検討できない」とか「ルールなので」という言葉を聞くと、僕のアンテナは「思考停止ワードかな?」とピクリと反応する。
繰り返すけど、言っている本人には悪気はないのだ。サボっているつもりもないのだ。単なる習慣なのだ。
でも、それが仕事のブレーキとなる。検討の穴にもなる。

プロジェクトファシリテーターというのは、そういうのを一つ一つ取り除くみたいな仕事でもある。

********

Comment(1)

コメント

TETSU

作業に没頭するのは、確かに思考を停止させる時によくやるかな
アイデアに詰まった時にやる方法で、考えるから逃げるというより、頭を切り替える方法の一つとしてよくあるので、昔からよく使ってました。
確かアイデア本にもにたようなこと書いてあったけど、昔からよくある方法で、日本でも3上と言って一旦問題を忘れる方法ですね(馬、枕、厠だったかな、江戸時代からある方法で、今だと風呂やシャワーも効果ある)

コメントを投稿する