あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

スマートに発言する<<<とにかく言うべきことを言う、あるいは組織の意思決定をミスリードするのは誰か?

»

僕が会議で、同僚に一番怒りを感じるのは、発言すべき時に発言しないことだ。
(いま、この記事もその怒りに任せて書いている)

ファシリテーションが下手くそなのはしょうがない。能力の問題だから。
資料がイケてないのはしょうがない。能力の問題だから。
発言の内容がアホなのはしょうがない。僕もアホなことをいうから。

そういう場合、お客さんに申し訳ないと思うし、改善は必要だからアクションはするが、怒りはしない。怒っても能力はすぐに上がらない(むしろ誰かが怒ると、周りの人の能力は下がる)。

でも、発言すべき状況で、情報をもっているのに口を開かないのは、仕事への姿勢の問題だ。

そして、とても危険なことだ。
例えば、プロジェクトではこんなことがよく起こる。

・事実Aと事実Bを考慮した上で、方針βにきめた
・後から、コアメンバー以外の人が「Aという事実があるのだから、βの方針はおかしい。αにすべきだ!」という主張をする

こういう人はしばしば、「Aの事実を掴んだ!」ということで、声高に主張する。
そして、「こんな単純な判断すらできないのだから、プロジェクトチームはおかしい」みたいな流れになる。
(僕だって逆の立場なら、そう言うかもしれない)


この時、「いや、実はBという事実もあり、それを踏まえて議論した結果、αではなくβを選択したんです」という意見を、必ず言う必要がある。
プロジェクトチームのピンチとか、コンサルタントとしてまずいという話以前に、その会社が、誤った情報を元に、誤った意思決定をしてしまうから危険なのだ。

今一度「事実Aと事実Bを考慮した上で、方針βにきめた」という経緯を共有し、「でもやっぱり考え直して、αに方針を変えよう」という話であれば、別によい。
そうではなくて、「事実B」をすっぽり考慮せずに方針αに変えるのは、誤った意思決定だ。(ミスリードと呼ばれる)


声高に主張している人が、偉い人(社長とか)の場合は、「お言葉ですが・・」と発言する難易度が上がる。
声高に主張している人が、怒っている場合は、難易度は更に上る。

それでも、誤った情報、偏った情報を元に意思決定しそうになっているのであれば、きちんと発言しなければならない
怒っている社長に対して発言すると、発言した人に(理不尽な)怒りが飛ぶことがある。サラリーマンならクビとはいかなくても、左遷くらいはされるかもしれない。それは避けたいので、そういう状況で発言しない人が多い。
強い組織というのは、この手の発言が歓迎される組織だから、本当は左遷などもってのほかなのだが、現実の組織は理想通りではないからね。。。


こういうときのために、僕らコンサルタントがいる。
コンサルタントは部外者だから、こういう場面で発言すると、社員よりも怒りを買いやすい。そして簡単に契約を打ち切られる。
でも、言ってしまえばそれだけのことだ。一生働く会社で、一生冷や飯をくらうよりは、遥かに低いリスクだ。
だからこそ、僕らコンサルタントは言うべき時に、言うべきことを、言わなければならない。
そうでなければ存在価値がない。


会議の後、「あなたのほうが情報をもっているはずなのに、なぜあの時ちゃんと発言しないのか?」と、(怒りをにじませながら)同僚に質問すると大抵「白川さんが先に言ってしまった」という言葉が帰ってくる。

そうかなー。僕の方が情報をもっていないんだから、真っ先に口を出すということは普通しない。でもこれ以上言わないと話がおかしくなる、という時に仕方なく発言しているつもりだ。

そしてもう一つの理由。

「言うべきことは分かっていたが、タイミングを見計らっていた」

あのね、それがいかんのだよ。
「適切なタイミングで、スマートに発言しなければならない」
「お客さんや上司に失礼にならないように発言しなければならない」

という話にも、ある程度は意味があるのだが、「意思決定を正しくするために、適切な情報を場に提供する」ということの大事さに比べれば、鼻クソみたいなものだ。
そういう人は、僕が発言しなくたってどうせ発言しないのだ。そして話題は移り変わってしまう。


タイミングなんて、手を挙げて「あのー、ちょっといいですか」で、流れをぶった切ればいい。
話題が移り変わってしまったとしても、本当に大事なことなら、「あのー、さっきの件に戻るんですが」と切り出せばいい。
そして会議の場の失礼さなんて、プロジェクトを(そうと知っていて)失敗に導くことに比べれば、本当に本当にどうでもいいことなのだ。

第一、どこの会社でも、立派な人物であればあるほど、仕事に真剣であればあるほど、礼儀なんかよりも、きちんと意見を言うことを尊重してくださる。

先日読んだ「最悪の事故が起きるまで人は何をしていたのか?」は、原発や飛行機事などの巨大機械システムの事故についての本だ。

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか

この本の一番最後に、「飛行機の安全にとって、最も重要なのは耳に痛いことを言う副操縦士だ」と書かれていた。

機長が優秀なことよりも、きちんと言うべき時に言うべきことを言う人こそが、大事故を未然に防ぐのだ。逆に言うと、問題の予兆に誰かが気づいていても、「機長がああ言うのだから」「彼がエキスパートだから」といって何も発言せずに、大事故になだれ込む事例が、この本にはたくさんたくさん載っている。

優れた会社はそのことをわかっている。

Comment(4)

コメント

ubic

怒ってますねぇ。珍しく。
当社のように、体質の古い会社でそれやると、嫌われます。
なので、嫌われてます・・・

白川

ubicさん、こんにちは。
嫌われるリスクは常にありますよね・・。嫌う側の人は、「このまま行くと飛行機が落ちるかも」という辺りの想像力がちょっと不足しているんじゃないかと思うんです。あまり失敗することがなかったんでしょうね。

栗木

とても共感しました。
気になること、言うべきことを持っているのに、すぐ言わない人たちは、その状況に飲まれていたり、勇気がなかったり、俯瞰して見れなかったりしていますね。また、その人が悪気がない点が余計たちが悪と感じます。悪意がないから治しにくいというか。

元をたどると日本の教育が、自発的な発言を奨励してなかったり、口数が少ないことが美徳と考えられる場面が多かったり、そういう大きな雰囲気も影響している気がします、このテーマは毎回。

結局プロジェクトでは、細かな意思決定が個別のミーティングの中や担当同士の会話の中で行われており、その都度お客様に対して御用聞きスタンスなのか、正論も反論もきちんとするパートナースタンスなのかで、徐々に軌道を外していくのか、軌道を常に捉えて進むのか、左右されるのでとても難しいですね。

白川

栗木さん、こんにちは。

>元をたどると日本の教育が、自発的な発言を奨励してなかったり、
>口数が少ないことが美徳と考えられる場面が多かったり、
>そういう大きな雰囲気も影響している気がします
そうなんですよね。
だからこそ、日本の組織ではかならず、この「言うべき時に言わない」が問題になります。ルーティーンワークだと、それでもヌルヌルっとうまく行ったりするので問題になりにくいのですが、新規事業とかプロジェクトだと、必ず失敗しますからね・・。
なので、きちんと言うようにしているんですが、そうすると「白川さんは武闘派だから」みたいに言われたりしてツライ・・。

コメントを投稿する