「日本の家電市場をもっと盛り上げたい!」という思いで、取材・執筆活動しています。記者会見や取材の時のこぼれ話、家電と一緒に使うと便利なグッズの紹介などを通じて、家電の魅力をお伝えしていきます。

男性にも知ってほしい"つわり家電"その1――炊飯器は絶対「蒸気レス」

»

 地上デジタル放送への完全移行とエコポイント制度の導入、さらに今年4月の消費増税とここ数年、国内の家電市場は政府の施策に踊らされてきました。それぞれ一時的に市場が盛り上がるものの、結局は需要の先食いにほかならず、嵐が過ぎ去ったあとには冬の時代が待っているのです。
 特に国内家電メーカーは海外市場への出遅れもあって、国内市場の低迷が直に業績に影響し、地デジ化完了以降、厳しい経営を余儀なくされてきたのは周知のとおりです。そのような元気のない国内家電業界を再度盛り上げたい、もっと家電の良さを知ってもらい、家電を楽しんでもらいたいという思いから、このブログを始めることにしました。

・男には理解できない苦しみ

 記念すべきブログ第1回目は、男の立場からはとても発想できない「つわり家電」を取り上げたいと思います。
 弊社の女性スタッフがこのほどめでたく懐妊しました。それ自体はおめでたいことなのですが、大変なのが"つわり"だそうです。食欲がなくなるのはもちろん、調理する際の匂いさえもキツイとのこと。男性にはなかなか理解できないことですが、「常時、二日酔い状態」と言われて、なんとなく納得。ならば、家では惣菜や弁当ですませればいいのでは、と思ったのですが、味噌汁の出汁も昆布と鰹節と煮干しから取るほど食生活にこだわりを持っており、「これまでのスタイルを変えたくない!」との弁。
 よーし、そこまで言うのであれば、われわれが得意な家電で解決しようぜ、となり、女性スタッフに「つわりの時期に欲しい家電製品」をピックアップしてもらいました。

・炊飯の匂いが吐き気を誘う

 家電メーカーによる炊飯器の発表会でも"妊婦さんは炊飯時の匂いがダメ"という説明は再三行われ、女性スタッフも知識としては持っていました、しかし、経験がないので半信半疑だったようです。いざその身になってみると、「本当に辛くて、家にない間に炊き上がっているようにタイマー炊飯しているけど、それでも家に帰ると残り香がそれなりにあるし、そもそも、朝の出勤準備のバタバタ時に夜のお米をセットするのも辛い」。結局、帰宅してからご飯を炊くのですが、炊飯の匂いに我慢できずにキッチンから退散。夕ご飯の用意が進まない、ということが多々あると。

 そこで俄然欲しくなったのが「蒸気レス炊飯器」。現在、三菱電機と日立の2社が発売しています。三菱のNX-XW105Jは、タンクに入れた水に炊飯中の蒸気を注入することで外部に水蒸気を出さない仕組み。日立のRZ-VW3000は、内蓋の中に蒸気を溜め、蒸らし時や保温時に釜に戻す仕組みです。「"数年後に苦しむことになるから蒸気レス炊飯器を買いなさい"と新婚当時の自分に言ってやりたい」(女性スタッフ)と悔しがるほど、妊婦にとって蒸気レス炊飯器はマストアイテムのようです。

mitsubishi.jpg

三菱の蒸気レス炊飯器最新モデル「NJ-XW105J」

hitachi.jpg

日立の蒸気レス炊飯器最新モデル「RZ-VW3000M」

 蒸気レス炊飯器の利点はもう1つあります。子供が生まれ、成長して動き回るようになった時でも、蒸気レスモデルならば高温の水蒸気が噴出されないので、子どもがうっかり触ってやけどする、という事故を防げるのです。また、炊飯の蒸気はキッチンの室温を上げる要因にもなります。冬ならばいいですが、今のような猛暑の時期は辛いですよね。室温の上昇が抑えられるのも蒸気レスモデルのメリットです。

・結婚祝いに最適な高級炊飯器

 こうしてみると、蒸気レス炊飯器は会社の部下や自分の子どもの結婚祝いとして最適な家電とも言えます。この秋に結婚を控えている男性諸君も、新婦に高級炊飯器をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。美味しい食卓は家庭を明るくしますよ。

 次回は調理系家電を取り上げてみます。

Comment(1)

コメント

Yokohamasogo

第一回目のブログ、視点がいいね。

コメントを投稿する