エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

ノーツって良くできているなぁ

»

 ここ最近、ノーツユーザからの相談がまた増えてきている。このテーマは周期的に盛り上がるのだが、またしてもという印象だ。とはいえ、前回の時よりもより明確にノーツ脱却を図りたいという話が増えてきている気がする。

 ノーツのアーキテクチャーがあまりにも古臭くなってきたことが一番の原因だろう。また、最近はノーツのバージョンアップもあまりぱっとしないし、シェアポイントやエクスチェンジをはじめとした他のグループウェア製品も一定の域までは錬成してきたこともあろう。

 ただ、そうは言ってもノーツはやはり良くできた製品で、特にアプリケーションプラットフォームとして活用してきた企業は、安易に他の製品に切替えられるとは思いこまないほうが良い。

 一昔前に比べて、切替先のベンダーがノーツをターゲットにしたマイグレーションパスを提供する事も減ってきているし、各自がそれぞれ自社の状況にあわせてより効率的で、時には長い目で見た移行パスを設計する事が肝要であろう。

 ということで、我々のようなノーツマイグレーションコンサルタントが、忙しい時期がまたやってきたw

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する