エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

サービスの問合せに回答したらサービスを真似されてしまった件

»

 ちょっと前の話になるが、ベンチャー企業から 「貴社のサービスを導入したいのですが、・・・・」という問合せを貰った。

 そのサービスは大企業向けだったので怪訝に思ったが一応電話で対応したところ、次に「詳細を知りたいので説明に来てほしい」とのこと。先方の事務所に出向いたところ、やはり小所帯で該当サービスの導入の必要性は少ないと感じたので念のために「本当に貴社に導入するのですか?」と確認したところそうだという。他のベンダーからもいくつか相見積もりを取っていると言うので、小一時間サービスの説明をして帰ってきた。
 そして数週間後、説明した担当者から唐突に以下のような電子メールが届いた。
===
題名:【新規サービスリリースのお知らせ】
この度、新規サービスをリリースさせて頂きましたのでご連絡致しました。
<○○○○○サービス>←弊社のサービスと似た内容
URL:~~~
~~~~~~~~~
~~~~~~~~~
====
 そしてホームページにはうちの渡した資料から取ったらしき当サービスの普及状況の調査結果の数字も掲載。
 予想していたとは言え、ここまで露骨にやるとは。しかもよりによって、ノウハウを盗んだ元の新サービスの案内をメールで送るというのは・・・
 まあアイデアだけなら特許でも縛れないし、真似されてなんぼの業界なので、ある程度は仕方がないとは思うものの、あまりにも酷いやり方であったので丁重に抗議文をさしあげるとともに、相手先の会社と担当者を今後継続的に監視することとした。
 業界は狭くってどこかで繋がっているんだから、同じ真似するにしてももうちょっとうまくやりなさいよというしかない事件だった。

===2012.8.20 12:50追記(一部本文で不適切な表現を改めました)

 本文中に若干誤解を招くような表現がありましたので本文を修正するとともに補足しておきますが、当件大きな問題になっているわけではありませんし、個人的にもメールでクレームを入れた段階で決着済みだと思っております。
 正直、実際に内容をすべて真似されたかはわかりません。証明もできませんしする気もありません。もしまるっきりパクリだとしても本文中にあるように、今回のようなケースで法的にガードかけれるわけではないので、仕方がない事だと思っています。そもそもネット上の公知情報を利用することには何も問題はないわけですし。
 そして、類似サービスが増えることによって、サービス群全体の認知度があがるという効果もあり得るわけで、似たサービスが出ること自体は否定してはいけないし、その権利は誰にもないとも思っています。
 ただ正直、最初と途中で何度も確認したので、それに嘘をつかれた感は強くその面で当初に個人的に憤りを感じたのは確かではあります。最初から自社ではなく他社へ提供するサービスの情報収集だと断り(実際にそういう問合せも多数あります)を入れていてくれれば、やりようはあったのになぁと思っています。
 
Comment(4)

コメント

TETSU

ちょっとだけ疑問点が・・そのサービスってアイデアだけで簡単にマネが出来るようなものなの?それも小さな会社が・・

まぁやっていることは確かに腹が立つかも知れないけど、もしかしたら似たようなサービスの開発は既にしていたのかもね?
もし自社で開発していたサービスが、既に他社から出ていたら・・・調査するということはありえるでしょう。
もちろん、外部からは真実はわからないけどね。

youmix

この記事は企業コンプライアンスのについての内容なの?
ただの愚痴なの?
なんなの??

TETSUさん、コメントをどうもありがとうございました

 おっしゃるとおりで、自社で新しいサービスを開発する際に競合を含め事前調査をするのは当然です。
 実際に私自身もネットで調べたり資料を請求したりすることはよくありますし、うちのサービスについて明らかに競合他社とわかる相手から資料請求を受けることもあります。そしてその場合もきちんと資料と情報は提供しています。

 当然今回の件も警戒はしていましたし、だからこそ何度も確認をしたわけで、それにも関わらず呼びつけられて詳細の説明を求められ、挙句の果てに「新サービス開発したのでよろしくね」メールまで送りつけられたのでカチンときたわけです。
 まあご指摘のとおり簡単にすべてのマネができるわけでもないので目くじらたてても仕方ないのですが、せめて節度と最低限の敬意は持ってやってくれよと。

 まあ、情報収集したら自分たちでできそうに思ったので自社開発に切り替えたという言い訳も十分にありうるわけで、細かい事を文句言っても仕方がないわけですが。

youmixさん、コメントありがとうございました

はい、これは単なる私の愚痴でございます。
このようなところに愚痴を書いてしまいお目を汚しで大変申し訳ありませんでした。おゆるしくださいませ。

コメントを投稿する