エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

セカンドライフは日本で定着するのだろうか、それとも

»

 Second Life(セカンドライフ)が来月には日本に上陸するらしい。結構楽しみにしている反面、ちょっと懐疑的に思っている部分もあったりする。

 先日のMySpaceの到来のときにパソコン通信時代のAOLのことを思い出したように、今回のセカンドライフについてはなんとなく、昔のウルティマオンラインの上陸前に似た印象を受けるのだ。

 既に報道されているセカンドライフの内容は実に興味深いしなんか面白そうだ。仮想世界で実世界さながらに生活して、いままで出来なかったことや現実には難しいことを試してみたくなる。私も既に人生の年数をかなり刻んできたが仮想世界でこれをリセットできるという可能性とその誘惑は魅力的だ。
 
 でも最近セカンドライフが話題になる事は、ゲーム内でお金を稼いでリアルでもお金持ちになれる、仮面をかぶったアバターを介したコミュニケーションといった内容が多いように感じる。なんとなくもうひとつの仮想世界で暮らすという趣旨よりは、より判り易い一般人が認識しやすいほうへ流れていっているような気するのだ。別にこれはなんにも悪いことではない。でもこういう流れを見ているとなんとなく、こっちに特化するならなにもセカンドライフではなく日本でもっと、日本人好みのプラットフォームが提供されればそっちが盛り上がるようにも思えてくるのだ。
 毎度パソコン通信を引き合いに出して恐縮だがコンピュサーブを手本にニフティが日本独自の発展を遂げたように、仮想世界の日本版としてより可愛く、そして日本人好みな部分でよりディテールに凝ったものが直ぐに出て来てとって替わる可能性があるのではないだろうか。より実世界に近い仮想世界を新たに組み立てていくというような壮大なコンセプトは日本人には真似ができないかもしれない。しかしなんと言っても改善・改良や応用開発なら我々日本人は得意だ。実際日本のゲームベンダーがこのあたりについては、今のところ静観といった感じなのはかえって不気味に感じる。

 実のところ私はセカンドライフについては一旦登録を試みたのだが結局面倒になって途中で辞めてしまった。だからこんなことを書く資格はないのかもしれないし、このような予想はぜんぜん的外れかもしれない。ただセカンドライフの日本上陸は今年のビックニュースのひとつになると思うので今後も注目はしておきたいと思っている。

#うん、やっぱりこの週末にもうちょっと試してみておこう、Second Life。

Comment(8)

コメント

anonymous

まったく同感です。
少し遊んでみたところ、セカンドライフは(これまた古い表現で
すが)バタ臭い印象が拭えず、日本で一般化するのかどうか懐疑的でした。
そういった意味で、任天堂の「どうぶつの森」は、オンラインゲームをうまく日本人の好みに咀嚼されているケースだと思っています。RMTやゲーム内支社も、こういった形ならば受け入られ易いのではないか、と思っています。

g

日本で流行るかどうかというのは同じく疑問です。
ただし、参加者はワールドワイドなので、外国気分を味わう、外人の友達を作る、というスタンスであれば日本では流行らなくても問題ないと思いました。
セカンドライフに限らずネットのサービスは世界中に門戸が開かれていますが、日本人は英語アレルギーというか、ドメスティックなものを求めがちなのでもったいないなと思います。

みなさん、コメントありがとうございます。
 私も別にセカンドライフを否定しませんしい、日本でも一定の評価は受けると思います。ただ、日本人が好むかどうかと言うとちょっと疑問で日本人はより日本人的なモノを支持しそうな気がします。
 あと、チャットするだけなら仮想現実世界を組み立てる必要はなく、面白そうなオンラインゲームで事が済んでしまうというのもセカンドライフに懐疑的なひとつの要素です。

poYoYoq

自分は吉川 日出行さんとほとんど同意見です。

ゲーム感覚でお金を集めたり、ネットの中でもう一つの人生を作るなんて現実的でなく、むしろ気持ち悪い感は否めません。
mixiでもそうですが、ほとんどの女性の方はmixiで出会いなどは求めていませんし、バーチャル世界で恋愛をするなんて少数の方しかしないと思います。

このセカンドライフや、日本独自のセカンドライフ?のコンセプトについて吉川さんと話し合いたいと思います。
是非よろしければご一報下さい。
他の興味ある人のメッセージも歓迎します。

poYoYoqさん、連絡ありがとうございます。
 できましたら、私としても引き続き議論をしたいと思います。ここのコメントでも良いですし、メールでもmixiでも良いのでまたご意見をいただければ幸いです。

私はセカンドライフは新しい世代の日本の若者に受け入れられていくように思います。 高機能パソコンが必要でビジネス目的の人が多いために30代のビジネスマンが中心層になっていますが、だからこそ、新しい世代のSNS(社交場)として利用されることになるのではないかと思います。 また、そうあって欲しいと思っています。 また、非同期でなく同期型であることも興味を覚えます。
 また、現実の世界には確かにかなわないのですが、電話、メール、ブログ、チャットなどがそうであるように、コミュニケーションの補助的な手段としても利用できるのではないかと思っています。

吉田さんコメントありがとうございます。
新しい世代が新しいコミュニケーションを求めていることは確かでしょう。現実世界で得られないものを仮想世界で求める気持ちは分かります。だから、仮想世界でのコミュニケーションが日本で特に若年層に受け入れられていくのは、たぶん確かだと思います。
 ただ、それがセカンドライフなのかモバゲータウンなのか、Lotus Connectionsなのか、それとも別の何かなのかは、私にはわかりません。
 ただなんとなく、それはセカンドライフとLotus Connectionsでは無いというのを私の直感が囁いています。

モバゲータウンですか。宿題聞いたりなんだりで重宝しているようですね。
 私も何が担うかは確信がないのですが、
・企業内および企業が主導してマーケットでコミュニティを作る
・コンシューマー主導・主役のコミュニティ
の二つに分かれていくように思います。
結局、今後のそれぞれの製品なり、サービスなりが、それぞれの層に対して操作感、現実感として受け入れられたものが残るのではないかと思っています。
前者を将来のLotus Connectionsが担い、後者はどこでもいいから、マイクロソフト以外が担ってくれるといいと思っています。

コメントを投稿する