Windowsの話題を中心に「知っているつもり」のお話を書いてみます。

緑の草原の記憶 - ありがとう、そしてさよなら Windows XP -

»

 ついに本日(2014/4/9)にMicrosoft Windows XPがサポート終了となります。日本時間では2014/4/9 16:00のようです。(そういえばWindows 2000の時もそうでしたね。)Office 2003もInternet Explorer 6も終了ですね。いろいろなところで騒がれたWindows XPのサポート終了。私の会社もWindows 7に移行してWindows XPマシンは原則として使用禁止になっています。

 Windows XPは、Windows 2000の後継OSとしてプロダクト名 Windows NT 5.1が商品名Windows XPとした2001年11月に登場したOSです。当時私は自作PCでAMDのAthlon/1GHz(Thunderbird)のマシンにインストールして使っていたと思います。また、この年の年末に買った”IBMの”ThinkPad X22にもプリインストールしていました。それまで主力として使っていたOSはWindows 98 SEで、Windows 2000も使いつつもゲームやマルチメディア関係で今一つ乗り換えきれず、開発機としてだけNT系のマシンでWindows 2000を使っていました。そして登場したWindows XP。Windows NT系の強固な作りとゲームにもマルチメディア(もう死語か??)にも使えるOSとしてようやくOSが一つにまとまったといえるOSでした。Lunaと言われるそれまでのWindowsとは違うデザインのスタートメニューを初めとする画面デザイン。当初は「こんなもの使いにくいのでクラシックに(つまりWindows 2000と同じに)戻した」とかWebの記事では「目新しくもないWindows 2000から乗り換える必要性を感じない」などと書かれていたのが懐かしく感じます。(まあ、マイクロソフトのOSは毎回言われるんですが。)それが12年間のロングラン製品として活躍してきました。

 私はWindows Vistaが出たときにVistaに切り替えましたが、Vistaの要求するハードウェアスペックが高かったこともありXPは併用し続けネットブックのOSとしても使われ続けました。Windows 7が出てXPからWindows 7に切り替えた方も多いと思います。(いわゆる”Vista”飛ばし)私は新しいOSに早々に切り替えましたが、仕事ではWindows VistaもWindows 7も認められず長らくWindows XPとOffice 2003を使っていました。おそらく使っている時間が最も長いOSだったかもしれません。

 今では無理やり使われ続けている古いOS(でも、切り替えられない)ものとして、扱われていますが大変素晴らしいOSだったと思います。Windows XPに感謝して今日の日を迎えたいと思います。

総員!!Windows XPに敬礼!!

 そして、本日Windows 8.1 Updateがリリースとなります。今までのOSに感謝しつつ新しいOSに進もうではありませんか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する