ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

大きな声で独り言を言っている若者が急速に増えた!? ー その理由は、、」

»

 先日、知人たちと飲んだ席の話題の一つとして、

「大きな声で独り言を言っている人が増えた」

というものがあった。 特に若者に多いと。

 テーブルや喫煙所の灰皿が相手だったり、ホームで前の人の背中に話しかけたり、電車の中や、歩きながら大きな独り言を言ったりしているそうだ。

 時に笑い、時に怒り、テーブルや花瓶と会話しているように話しているのだと言う。
私は意識してないからか、ほとんど見かけないが、他の4人は、ここ数年で急に増えたと言っていた。

 飲み会に参加した一人の女性などは、自宅に帰る暗い道で、後ろから二人で話しながら歩いてくる人がいると思ったら、男性が一人で独り言を言いながら追い抜いて行ったという経験を持っているそうだ。

 この飲み会のメンバーはIT系の人ではないが、
「ツイッターやFacebookで独り言を書くようになって、独り言の癖がついたのではないか」
「最近はストレスの多い人が多いのではないか」
の二つの結論で終わった。

 実は、私も寝ている間の独り言がひどい。妻の話では仕事の内容らしいが相手がいるかのように話すそうだ。

 現代社会を生きていくためのストレスは、以前に比べて極めて大きくなっている。

 「昔からストレスはあった」と言う人もいるが、私や私の親達が若い頃に経験した、高度経済成長期のストレスとは違う。
あの頃は、やったらやっただけ自分の生活が良くなり、社会も良くなっていくと「感じられる」時代であり、今のストレスとは質が違うのだ。

 実際、現在の自殺者数は年間約3万人前後で、高度経済成長期の約1万5千人に対して倍増している。

 独り言は、ストレスを解消し精神を安定させる効果があるそうだが、そんなことから、若者たちの独り言が増えたのだろうと、その飲み会では結論付けた。

 後日、客先に行くために事業所内を歩いていると、ホールの椅子に座った私の同僚が、軽く上を見ながら話していた。

 イヤホンをしているので、恐らくイヤホンにはマイクが付いていて、そのコードはiPodのような音楽プレーヤーではなくスマホに繋がっているのだろう。 電話をしているのだ。

 その瞬間に独り言が増えた理由がわかった。

 そう、

「マイク付イヤホンでスマホから電話が、独り言に見える」

のである。 最近はコードレスもあるらしいから、なおさらだ。


 電話会議が多い私も、会社のカフェや自宅から会議に参加する時などに利用している。

 よく見れば電話だとわかりそうなものだと思うのだが、イヤホンにマイクが付いているとは思ってもみない人には、独り言というか、壁やテーブルと会話しているように見えるのだろう。

このイヤホン付のマイクの良さは、

・音楽を聴いている最中に電話が来ても、そのまま電話に出られる
・両手がフリーになるので、電話をしながら、両手でパソコンのキーボードを操作したり、資料をめくったりすることができる
・外出先のうるさい所でも、イヤホンからクリアに聞こえる
・自分の顔の頬が、スマホの画面に触れて誤操作することがあるが、これを防げる

などがある。

ツイッターやブログなどを調べてみたが、このイヤホン・マイクを利用した電話には違和感を感じている人は多いようである。


・独り言のようでうざい
・壁や自動販売機と話している
・「ほら、俺ってかっこいいでしょ」と見せびらかしている
・電車や図書館でもOKだと勘違いしている
・道や駅のホーム、トイレを歩きながら独り言は怖い
・オフィスで仕事中に音楽聴いて遊んでいる


と感じるようだ。

 対策だが、人目があるところでは、
「イヤホンを使いながらも、スマホを耳に当てる」

という方法以外はなさそうである。

 私の場合は会社のカフェと自宅での利用のため、恐らく問題ないだろうが、外では使わないほうが良さそうだ。

 何か良いアイディアがある人は、コメントをいただきたい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する