ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

男性が、職場での恐怖のバレンタインデーを乗り切る方法

»

 明日はバレンタインデーである。

 日本では女性が愛する男性にチョコレートを贈る日である。職場ではお世話になっている男性の同僚や上司、部下にも贈る。

 非常に華やかな楽しい日であるはずのバレンタインデーだが、ストレスや恐怖を感じている男性も多いようだ。その恐怖とは、

 「一つも、もらえなかったらどうしよう」

という不安である。 その恐怖のあまり

 「バレンタインデーは、チョコレート会社の策略だ。それに、まんまと乗せられるなんて、、、」

 とか

 「俺は仏教だから関係ない」

 と、ひねくれた事を言う男もいる。しかし、そんな恐怖のバレンタインデーを気持ちよく過ごせる方法がある。 明日のバレンタインデーに

 「お世話になっている同僚の女性に、お菓子を上げてしまう」

 

のだ。そう。

「もらう日ではなく、バレンタインデーは感謝の気持ちを伝える(あげる)日」

と捉えてはどうだろう。m

 愛情ではなく日ごろの感謝の気持ちを形にするのであれば、女性も喜んでくれるだろう。

 日本人は、こういったイベントを利用して

「相手に感謝の気持ちを伝え」たり

「支えあい、人と人とのつながり」を持つ天才だ。

 宗教に関係なくクリスマスを祝い、旅行に行けばお土産渡し、少し面倒に感じることもあるが、昔からの日本の習慣を利用して人が集まる場を作っている。

 お菓子会社の策略と考えず、他の行事と同じように、感謝を伝える日とすればいいのだ。

 とはいえ、女性の集まっているチョコレート売り場に行くのは考えものだ。

 「あの人、チョコレートもらえないから、見栄はって自分のぶんを買ってる」

 と思われてしまうからだ。まあ、他人からどう思われてもいいのだが、知人の女性に会うとばつが悪いので気をつけたほうがいいだろう。

 さて、私は今からYAOKOに行って、普通のクッキーを買いに行くつもりだ。

○ビジネススキル記事一覧

○子育てとIT

Comment(10)

コメント

わからんでもないが、そこまでせんでもいいような気がします\(//∇//)\

nonbeeさん

 私を含め、割と小心者が多いのです。(笑

猫のみー

こんにちは。14日もすぎ、やれやれデスね。私は国際結婚です。昨日夫が「今日はST.バレンタインだったね」と言うので、催促しているなと思いましたが、「明日何かいいものあげるから」とすまなそうでした。そうなんでした、男性から女性にプレゼントするのが、夫の文化では主流でもあるのです。私は小ぶりの花束がいいですけど。来年も頑張ってください。

猫のみーさん
 小ぶりの花束ですか。私は誕生日に鉢植えの花を渡すようにしています。
 ずーーーっと残るでしょ。
 コメントありがとうございました。

Ifreeta

リスク回避ということで、私達の職場では、職場単位で義理チョコを買って配っているようです。
お返しも、職場単位ですねえ。あくまでも義理の分だけですが。

freetaさん

 コメントありがとうございます。
 日本的でとてもいいですね。(日本企業か外資系かわかりませんが)
 ホワイトデーのお返しも、職場単位で誰かが取りまとめてくれるのでしょうか。

以下のコメントの内、特定の宗教を攻撃していると思われるもの、本ブログ記事と関係ないものについて、失礼ながら一部を削除いたしました。(吉田 4/8)

拝 啓  
 突然の送信をお許し下さい。 
 是非、ご一読 賜りたくお願い申し上げます。
 貴方様の関係しているバレンタインデーに関して送信させていただきました。
 バレンタインデーは、ローマ帝国がキリスト教と対立していた時代に起因しています。
 統治上、ローマは安泰を図るため自分たちの信じる『ミトラ教』や、ローマ帝国の領土であった多神教のギリシア(僚友的)の関係から、宗教的にキリスト教の教義と相容れませんでした。キリスト教は一神教です。
 この頃は、生存のための領土拡張戦争が多い時代で、ローマは、その生存理由から強い兵力を作りたいとしていました。その理由により兵士でいる時の結婚を禁止しました。キリスト教徒の方は迫害・殉教と言われますが、ここがバレンタインデーの発生ポイントです。
 結果を申し上げますと、ローマ政府の方針に刃向かうキリスト教聖職者のバレンタインは殺されます(兵士に対して結婚行為を行っていました)。「統治と生存の権利」と「宗教の教義行為」との相容れない面です。
 これと逆の行為は、キリスト教にもあります。キリスト教も生存を理由に、「魔女狩り」という行為、民の益の収奪行為を行なっています。資産家や富裕グループ関係者を(女性が多いです)魔女裁判の末に殺し、その資産を収奪しています。 
 魔女狩りは、不当な理由づけで行われた私利私欲の行為です。詳しくは岩波新書の「魔女狩り」をお読みください。
 バレンタインデーをキリスト教徒の方たちは美しく話をされたいのでしょう。しかし、企業が一体となって本当の真実を知らない民衆の方たちへの行為は、利を目的としての企業の方たちが、この様な宗教的な面を持つ、キリスト教という特定の宗教の伝道行為にもなっている行為を行う事は、道義的におかしいのではないでしょうか。御検討を戴きたいと思います。
(以下削除 by 吉田)

"バレンタインについて"さん
 コメントありがとうございます。恐れながら公判の直接記事と関係ないと思われる記述は削除いたしました。 氏名の部分のリンクはそのまま残しましたので、興味のある方は、そこから"バレンタインについて"さんのサイトに行ってご意見を見ることはできるようにしておきました。 ご理解のほどよろしくお願いします。

随分前の記事ですがコメントさせていただきます。
私の以前勤めていた会社でも、女子の中で代金を徴収して「みんなから」ということで配っていましたね。意外と慣例化しているんですよ(苦笑)

けんじろうさんのように、2月14日に感謝されたことはありませんが、3月14日に個人単位で、センスの良い小物と可愛いお菓子を持ってきた男性には女性一同好感を持ちました。ご参考までに^^

センスの良い小物と可愛いお菓子というのが、なかなか難しいですよね。いつも妻に用意してもらうようにしていますが、、、。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿する