ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

Notesクライアント版LotusLive「LotusLive Notes」、、、ってクラウドとは呼べないんじゃない?確かに便利だけど。

»

 USでは10日、日本では今朝(11日)に「LotusLive Notes」が発表されたが、このNotesクライアント版LotusLive(SaaS/パブリッククラウド)が、意外な盛り上がりを見せている。
 もちろん、IBMのクラウドセンターが提供するパブリッククラウド(SaaS)である「LotusLive」の新しいラインナップが出て、LotusLiveファンや既存のNotesユーザーに新しい選択肢となり、それが、Notesクライアント最新版(8.5.2)から利用できることもあるが、
裏で盛り上がっているのは、
「クライアントソフトがPCにインストールされるのに、それって、”クラウド”って言えるの?」
という疑問である。

 この昼休みの1時間で書ける範囲で、「LotusLive Notes」USで公表されている情報と、パブリッククラウドと言えるかどうかを整理したい。

<LotusLive Notesの概要>

 導入型のLotus Notes/Dominoの機能のうちの、

・メール (25GB)
・カレンダー&スケジューラー
・アドレス帳(コンタクトリスト)

 だけが提供されている。一般的なカテゴリだと「メールのみ」という言い方になるだろう。
 また、
・インスタント・メッセージング
 が組み込まれている。 
価格は
・1ユーザーあたり 5ドル
 だ。 個人の携帯電話代が平均6千円/月であることを考えると、その1割程度の金額であり、かつ、メール関連の運用管理の多くを削減できることを考えれば、重要な選択肢となるだろう。
 しかし、Notes/Dominoの最大の魅力の一つである
・Notesアプリケーション(Notes データーベース)
 は提供されていない。したがって、この新しい選択肢を選ぶ場合は、
手元のNotesクライアントから「LotusLive Notes」のメールと
1.既存の社内サーバーのNotesアプリケーションを利用する (Domino Enterprise Server もしくは、Domino Utility Server)
2.LotusLive EngageなどのLotusLiveのコラボレーション機能を利用する
3.上記1、2の最適なものを組み合わせて利用する

 という形になるのだろう。

 ちなみに、Notesクライアントではなく、Webでも利用することが出来るが、Notesクライアントでしか利用できない社内アプリケーションの利用 のことを考えれば、NotesクライアントからNotesアプリとWebサービスの両方を統合利用する形をお勧めしたい。

 Notesクライアントを利用すれば、利用者はIBMのクラウドセンターか、社内なのかは、それほど意識することなくNotesクライアントからNotesアプリケーションやLotusLiveのサービスを統合利用することができる。

 なお、”2”を選ぶ場合に注意が必要なのは、
・ディレクトリとSSO(シングル・サイン・オン)
だ。 確か今年頭のLotusphereで、オンプレミスと「LotusLive」の、ディレクトリを統合利用するセッションがあったと思うが、検討時には確認すべきだろう。
 また、
・インスタント・メッセージング(チャット、在席表示、、、)
が組み込まれているが、Lotus Sametimeのように、パソコン同士で音声の会話をしたり、ファイルを直接送りあったりするようなことは出来ない。これらは、やはりLotus Sametimeを導入して、同じようにNotesクライアントから利用するべきだ。

<LotusLive Notesはパブリッククラウドと言えるのか?>

 正直に言うと、私はクラウドの定義やクラウドかどうかにはあまり興味がない。
便利なのか?利用する価値があるのか?現実的な導入・利用方法は?
が重要だと考えている。
 しかしながら、LotusLive Notesの開発意向表明が出た約1年前から、私に「この形態はクラウドではない!」と議論を持ちかけてくる人が多いので、一方的に私の考えを整理しておく。

 この「LotusLive Notes」がクラウドではないと主張する方の言いぶんは、
”クライアントソフトをインストールしなくてはならないものはクラウドではない”
 である。

 私は、今回のLotusLive Notesを
「Notesクライアントから、IBMクラウドセンターが提供するSaaS形態のDomino(Notesサーバー)メールサービスを利用するもの」
と捉えている。 平たく言えば、
「NotesクライアントからIBMのパブリッククラウドを利用」
という言い方になるだろうか。

 Notesクライアントそのものは、クラウドかどうかを語る対象ではない。
しかし、IBMのパブリッククラウドサービスである「LotusLive Notes」はクラウドなのだ。

 おっと、今日の昼休みも終わろうとしている。 詳細は以下のリンク先を参照いただきたい。
 今後も、モバイルやアプリケーションサービスを拡張していると開発意向表明している。 新しいLotusから目が離せない。

○LotusLive Notesの概要と価格、問い合わせ (日本語)
  https://www.lotuslive.com/ja/pricing/notes

○LotusLive Notesの各機能の簡単な紹介(日本語)
  https://www.lotuslive.com/ja/services/notes

○LotusLiveのサポート(日本語)
  https://www.lotuslive.com/ja/support/

○LotusLive ビジネス・パートナー・プログラムと連携アプリケーション例(日本語
  https://www.lotuslive.com/ja/businesspartners/

○LotusLiveの各サービスの機能比較(トライアル申し込み付、英語)
  メール関連 https://www.lotuslive.com/en/compare#overview
  情報共有、コラボレーション関連 
    https://www.lotuslive.com/en/compare#collaboration
  Web会議関連 https://www.lotuslive.com/en/compare#meetings

○補足情報 「LotusLive Notes: Open for business! on Ed Brill blog
    http://www.edbrill.com/ebrill/edbrill.nsf/dx/lotuslive-notes-open-for-business

Comment(2)

コメント

morishee

このサービスやっと出ましたか。「クライアントが必要=クラウドではない」という人は、iTuneからダウンロードしてオフラインでもオンラインでも利用するiPhoneアプリや、RIAで重たいプラグインなどを利用するアプリもクラウドではないというのでしょうかね?クラサバのままASP・SaaSとなったものがクラウドと呼ばれているものもあるでしょうし、IBMの定義では、サーバー(データセンター)側の仮想化・自動化・標準化がそろっていればクラウドだったような気がします。何はともあれ、新サービス上梓、おめでとうございます。

morisheeさん

 ありがとうございます。やっと正式商品化です。これからもよろしくお願いします。
(私より良くしってるかもしれない、、、)

コメントを投稿する