ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

「マーケのやつらは、何をやっているのかわからない」「あいつらは、現場の苦労がわかっていない」と言うが、、、。おまえもだよ。~部長のお仕事(3)

»

「あいつら、なにやってるのか全然わからない」

「あいつらは、現場の状況や苦労がわかっていない」

 これは、マーケティング部門、事業企画、ブランドなどの本部に対して、営業部門の者が良く言う言葉である。

 これは、自分の業績が悪くなったときの悪者探しだったり、頭が良さそうな人への僻みであったりすることが多いようだ。

 このようなことを言う者がいると、私は必ず質問している。

「ところで、君は彼らに対して、自分が何をやっているかを、どうやって伝えているの?」

「なぜ、そう思うの?事実としてどんなことがあったの?」

「わかる努力しているの?彼らには聞いたの?」

と。

 自分の部下が、他部門を理由もなく非難することをマネージし、他部門の様々な活動に感謝と尊敬を持たせ、円滑な協力関係を維持することは、部長の重要な仕事の一つである。

 部下が言ったことの事実関係も調べずに、一緒になって他部門を非難している部長は、人材を育てるどころか、組織の中で「人罪」、「人災」になっていると言ってもいいだろう。

 さて、皆さんは言ってないだろうか、言わせていないだろうか。

 予断だが、こんな時に、

「twitterを使えば、みんなが何をやっているかがわかり、、」

では、浅はか過ぎますぜ。 twitterは非常に有用なのだが、問題は根本的なところにある。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する