ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

クジラ「捕鯨船を操ったアメリカの一等航海師」の店で、シアトル風にネットを使う

»

 今、船橋ららぽーと。娘が服を買っている間、ここ「捕鯨船を操った人」の名前がついたシアトル生まれのカフェで勉強している。

 この店では、WindowsのミニPCでネットにつないでアマゾンで本を立ち読みし、RealPlayerでイチローの活躍を見るのが似合うのではないだろうか。

 そう、小説「白鯨」で、モビィ・ディックを追う捕鯨船を操った一等航海師の名前が「スターバック(StarBuck)」であり、私が今いる店の名前となっている。

----------------------------------------------------------
「Our Heritage - StarBucks」 ,,,The name, inspired by Moby Dick, evoked the romance of the high seas and the seafaring tradition of the early coffee traders.,,,

-----------------------------------------------------------

 「白鯨」のストーリーを少し追ってみよう。

 この捕鯨船の船長「エイハブ」は、モビィ・ディック(白鯨)に片足をもぎ取られ鯨骨の義足となり、顔面に大きな傷痕が残っていた。

 彼は、モビィ・ディックへの復讐に全てを捧げていた。そして、船員たちも、賞金を得ようとモビィ・ディックを捕まえることにやっきになっていた。 その中で、「白鯨」という神のような存在を仕留めることに反対し、船長と対立した冷静な一等航海師として登場するのが

「スターバック」だ。

 彼らをあざ笑うかのように神出鬼没なモビィディックとの最後の3日間の戦いは壮絶だ。最後、船長はモビィ・ディック背中に乗り銛を刺すが、銛のロープにからまりそのままモビィ・ディックと共に海中に消える。 「スターバック」が操る捕鯨船もモビィデックの尾で砕かれ沈没する。そして、、、。

 さて、ITの話へ。 このブログ記事の最初で、

「(スターバックスでは)WindowsのミニPCでネットにつないでアマゾンで本を立ち読みし、RealPlayerでイチローの活躍を見るのが似合う」

と書いたが、今のマイクロソフト繁栄のきっかけとなったのが、スターバックスの本拠地「シアトル」にあるコンピューター会社「シアトル・コンピューター・プロダクツ」の開発した「86DOS」(Disk Operating System)であろう。(QDOSとかCDP-DOSと言う方がわかる人も多いかもしれないが)

 マイクロソフトがこれを買収し、PC-DOS、MS-DOSとなり現在のWindowsに引き継がれている。 このシアトルはIT産業が盛んで、

「RealNetworks

「アマゾン」

の本社があることでも知られている。

 思わぬところで、結びついて思わずブログ記事を書いてしまった。 氷川丸やボーイング、任天堂アメリカ、イチロー、黒舟、にも触れたかったが、ITとは関係ないし、娘から

「服の候補決めたから見に来て」

とメールが来たので、今日はここまで。

 シアトルの最新情報は、シアトルでマイクロソフトで働いていた、オルタナティブブロガーの佐川さんに譲りたい。(落ちないブロガーの無茶振りか?)

佐川明美の「シアトルより愛を込めて」
http://blogs.itmedia.co.jp/akemi/2010/03/post-c82f.html

*本記事は、3月13日に投稿し、16日8時30分に公開するようにセットしました。

*タイトルが”シカゴ”となっていたものを”シアトル”に変更 8:44

Comment(6)

コメント

吉田さん、
トラックバックをいただいていたのに返事が遅れてすみません。
シアトルにはいらっしゃったことはありますか?次回いらっしゃる際はぜひお声をかけてください。一緒にスタバ第一号店に行きましょう。

佐川さん

 コメントいただき、とてもうれしいです。
 シアトルはトランジットで空港に立ち寄ったことはあるのと、雪のために乗り継ぎができずに、近くのモーテルに泊まった以外は外に出たことはありません。
 次回行った時には、連絡しますのでよろしくお願いします。

釣本直紀

ITがこれっぽっちも関係無い下らない親父ギャグだ。シアトル出身企業であるという以外に繋がりが無く面白さを見出すのは無理が有る。
「吉野家ではVAIOでゴジラを観るのが似合う。何故ならどれも東京生まれだからだ」と言うのと同じ位意味が分からない。捕鯨問題を扱った真面目な記事だと思って読んで損した。

釣本直紀さん

 おっしゃるとおりです。恥ずかしい限りです。
 もっとしっかり書くようにします。

 ありがとうございました。

スターバックスにはそんな意味があったのですか!知りませんでしたし、そもそも語源を考えようとも思いませんでした…。
『白鯨』も、名作としてのタイトルしか知らず、読んだことがないので、今度読みたいと思います。いろいろ勉強になりました。ありがとうございます(笑)

川上良太さん
 コメントありがとうございます。
 捨てる神あればひろう神あり。とてもうれしいです。
 川上さんの記事は、今見てましたら、ひとつしか読んでいないので、読んで関連記事書きたいと思います。(私は最近、月に1、2個なのですが、、、)

コメントを投稿する