ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

亀田が悪役ではなくなった~私の勝手な期待

»

2年前に、

内藤、亀田戦に見る「約束」の意味と悪役への期待

というエントリーを書いた。 2年前の10月の「内藤×亀田大毅戦」で、新聞、雑誌などが

「亀田一家追放」

ムード一色になっていた時期だった。

 私の記事の中で、

・「悪役」と「苦境の中で若者が人間的に成長していく姿」

・未熟な彼がボクシングを通して人間的に成長し、私たち観客に新しい感動を与えてくれること

 を期待していると書いた。

 それ以来、今日(現在、29日日曜日)の「内藤×亀田興毅戦」の試合を楽しみにしていた。

 そして、亀田興毅が勝った。 残念ながら「悪役」ではなかったが、ボクシング選手として、一人の人間として、マスコミから叩かれる中で成長した亀田兄弟を見ることができた。記者会見も立派だったと思う。

 次は、徹底してこのベルトを守りきって、また、内藤から挑戦を受けてほしいのだ。

 そして、そこで内藤が勝って、その時に亀田興毅が悪役になってくれれば、私の思惑どうりであり、ボクシングの盛り上がりを維持できるだろう。

 追伸 実は、内藤×亀田戦とおなじぐらい待ちこがれていた「NHK坂の上の雲」が、よりによって内藤×亀田戦と同じ時間になったので、リビングとダイニングの2台のテレビをつけて両方見ることになってしまった。

Comment(2)

コメント

トラバありがとうございます。
ですが、私はちなみに悪役復帰を望んではないですけどね(笑

トラパパさん
 私は熱烈なボクシングファンではないのですが、素人目には、いい試合だったと思います。
 ボクシング界が変な策略なしで活性化するといいですね。
 コメントありがとうございました。

コメントを投稿する