ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

人は、言われれば言われるほど、やらない

»

<良くある風景>

 ダイニングでテレビニューアを見ててコマーシャルになったので、

「そろそろ風呂掃除でもするか」

と、立ち上がろうとしたときに、キッチンにいる妻から

「風呂掃除してよ。あんたの仕事でしょ」

などと言われると、無性に腹が立つ。そして、

「いまやろうと思ったのに、あーあ、やる気なくなった。後でやるわ」
と言ってしまう。

 隣の部屋では妻が息子に言っている。

「夏休みの宿題はやくやりなさいよ」

息子はクライマックスにさしかかったテレビに夢中で聞えない。それは、まるで冬ソナにはまっていたときの妻のようだ。 テレビにのめり込んで何も聞えないだ。

「聞えないの!?すぐやんなさいって」

「え、何?」

「何回言わせるの、宿題やりなさいって」

「もうやったよ」

とむくれた口調で言う息子。

 ここでよせばいいのに、私は妻に一言。

「宿題しなくて困るのは自分なんだから、ほっといてあげれば?」

そして息子に助け舟。

「おい、風呂入ろう。俺たちシャワーでいいから。シャワー浴びながら風呂掃除しようぜ。」

<妻の視点>

 妻からすると、夕方に買い物行って、早朝に干した洗濯を取り込んだところで、6時頃みんなが帰ってきて、

「え~まだご飯出来てないの~お腹すいてるのに~。早くなんか作って~」

と言われ、5人分の料理を作り食べさせて、食事が終わったら食器を洗って、

次に5人分の洗濯の山を仕分けしながら、たたまなくてならない状況で、

二人の男子は、テレビで大笑いたり、くつろいだりしているのだから「なんかやれよ」と思うのも無理は無い。 かといって、料理や洗い物を、子どもや旦那にさせたいとは思わない。

 自分が自由に好きに、きれいに使っている聖域だからだ。

<仕事上でのコミュニケーションを良くするポイント>

 実は似たような会話は、会社でも行われている。

「提案書は作ったのか?」

「日報は書けよ」

「ちゃんとCRMをアップデートしたか?」

 などの上司からの指摘から始まるものである。

 家庭に比べると上下関係があり、ガバナンスがきくので、強制的にやらせることが出来るが、
 

言われた方は不満が残る。

「報告書書いたからって、売上げが増えるわけじゃないだろうが」

 とTwitterでつぶやきたくなる気持ちもわからないではない。

 さて、これらからコミュニケーションのポイントが見えてくる。

・人は誰でも他人から指示、指摘をされると、やりたくなくなる

・指摘した相手の見ている前で、すぐにはやることに屈辱を感じる

 という二つの感情である。

 例えば、私が妻に

「そろそろ、洗濯物たためば」

と言うと、120%の確率で怒って、やらなくなるだろう。

 逆の視点からとらえると

「指示、指摘をせずに、見てないところで後からやる自由を与えれば、動く」

 ということである。 たとえば、妻の場合、私に、

「8時頃にウオーキングから帰ってきて、お風呂に入るからよろしくね」

と言い、息子には、コマーシャルのタイミングで

「宿題、週末なら手伝えるから言ってね」

 と言っておくと、お互いに気持ちよく動ける。

 また、私や子供たちはお腹が空いているのに、ご飯が出来ていなければ、

「今日は部活大変だったからお腹すいた~。先週のパスタおいしかったよね~」

 と言うのである。

 社員がやりがいを持って、気持ちよく仕事が出来、かつ自律した個人を作り上げ、チームの力を高めるための、基本的なリーダーシップ&コミュニケーションスタイルとして、

「GEM」

があるが、これらを家庭で使うことで非常にスムーズになる。

 これらのスタイルの基本は以下である。

・最終ゴールを明確にしお互いに合意する

・自由裁量の範囲(条件)を極力広く設定して、時間と行動の自由を与える

・ゴールに達成できた時に得られるものが大きい

・ゴールを達成できなかった時には指示した人からの罰則でなく、結果そのものが代償となる

 家庭では、

・直ぐにやらせるのではなく、期限だけ設定してその範囲内でいつやっても良い

・親の目の前でやらせるという屈辱を与えない

・やらなかった代償は、親が与えるのではなく、先生に怒られる、学校でかっこ悪いなど結果から代償をうける

 という形である。

次回、時間があるときに、GEMについても紹介したい。

Comment(2)

コメント

同感です。
心理学ですね。

家族や友人とのコミュニケーションとは少し異なるのかもしれませんが、商談でも、「買ってください」と言われると、買いたくなくなる人が多いのかなぁと思います。
とはいえ国民性や、その方の性格によっても異なると思うので、そのあたりを見極められる感性があるといいですよね。

Seanさん
 twitterをフォローに加えました。今後もよろしくお願いします。
 コメントありがとうございました。

コメントを投稿する