ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

日本が「Speedo」の水着に「あと4年は絶対に追いつけない」理由~大規模な水着開発プロジェクトと最先端技術

»

 ここ数ヶ月、知人(飲み会で知り合った方)を通じて、ダイソン、ノキア、Speedo、任天堂、アドビなどのグローバル専業メーカーの研究開発とマーケティングについて調べていた。

 以前書いた「なぜ日本の家電メーカーはダイソンと同じものが作れないのか?」の時と同じように、今回も知人を頼って情報収集してみた。

 今回は、関西・四国圏にある国産スポーツメーカー(以前、Speedoと提携)系列の工場長の息子さんにSpeedoの新しい水着「LZR RACER」(レーザー・レーサー)を着るとなぜ早く泳げるのかを、”社外に公開されている情報”の範囲内で教えてほしい、と頼んだ。

 私がテレビなどで知っている限りでは、

・新開発の素材(イカのようにツルツルしているのかな?)

・繋ぎ目が少ない(前と後ろの2箇所以外は一体で作られているだろう)

 というところだ。

 新素材なんていうのは日本企業の得意分野であり、すぐに作れるはずだし、継ぎ目のない水着も車のモノコックのような製法で作れると思われるので真似は簡単だ。

さらに、ミズノは昨年5月までSpeedoとライセンス契約を結んでいたので、Speedoのことは十分知っているはずだから、今回のオリンピックまでに日本のスポーツメーカがSpeedoの水着と同じようなものを作ってくるだろうと考えていた。

 しかし、先週には、ご存知の通り、Speedoの水着を着たときだけ世界新記録、日本新記録を更新するという結果となり、昨日、オリンピックでの着用を認める発表が行われた。(それぞれの選手がスポンサーからの承認をえなくてはならないが、ミズノは認めることを発表)

 さて、Speedoの水着の速さの秘訣はなんなのだろう。

 オリンピックを中心にSpeed社の研究開発部門である「aqualab」の水着開発の歴史を追いながら、Speedoの水着を着用すると、なぜ早いのか? なぜ日本の企業が最低4年は追いつけないのかを解明してみたい。

<Speedoの競泳用水着開発の歴史>

 今回のSpeedoの水着は、20年近い研究と執念の集大成ともいえるものだった。

1992年のバルセロナオリンピックの「S2000」で大きく脚光を浴び、

1996年のアトランタオリンピックでは「アクアブレード」という新製品を投入。

 水着の抵抗感を極端に少なくしただけでなく、水着の面を水が違う速度で流れるようにした特殊な撥水プリントを施して、わずかな水流の流れの乱れを抑えることに成功。また、伸びている姿勢に加え、クロールの捻りと平泳ぎという3方向の水流に対応させた。

 結果、メダル獲得選手の76%が「アクアブレード」を着用していたことで「Speedo」の地位は圧倒的なものとなり、”水着で競泳のタイムが早くなる”ことが世界の競泳界の常識となった。 (なんと、今から10年以上も前のことだ)

 この1996年のアトランタ五輪は有森裕子が女子マラソンで銅メダルをとったことが印象に残っているが、日本競泳選手団の結果はどうだったのだろう。 *1

 前年のパンパシフィックでの好成績から特に女子のメダルラッシュが期待されたが日本人選手達(特に女子)は次々と予選で脱落し、個人では、

・男子200m背泳の糸井5位、100m背泳の近内9位

・女子200m平泳の田中5位、200m背泳の中尾の5位

・女子200mバタフライの春名7位、100mバタフライの鹿島の4位

と一つのメダルも取れずに終わった。

 ちなみに、1992年のバルセロナオリンピックの競泳200m平泳で金メダルだった岩崎 恭子は100m、200m平泳で共に決勝に進出できず、私の大好きな千葉すず選手も予選敗退だった。

 しかし、多くの日本人は「水着で、それほど大きく変るわけがない。 変るとしたらそれは違反だ」の声が大きく、日本の水着メーカーもそれほど力を入れていなかった。(Speedoの製品のライセンス生産をしていた)

以降、

・2000年シドニーオリンピック:83%のメダル獲得者がSpeedo「ファストスキン」を着用

・2004年アテネオリンピック:「FS(ファストスキン)2」を着た選手が47個のメダルを獲得

とオリンピック毎に大きな成果を上げてきた。

そして、それを改良したFS Proで、昨年(2007年)には、21個の世界記録を更新した。

<北京に向けた最新水着の開発>

 FSの改良版に平行して、北京オリンピックに向けて、アテネオリンピック直後からFSのノウハウを生かしながらも、まったく新しく開発が開始されたのが、今回話題になっている「LZR RACER」(レーザー・レーサー)である。

 研究開発部門である「aqualab」は最先端の研究、コンピューター解析、実証実験、選手からのフィードバック、改良を3年以上も繰り返してこの水着を完成させた。

 aqualabが行った研究開発の様子と研究開発者の声がビデオに残されているので見ていただきたい。 → http://www.speedo.jp/lzr_racer/speedo_dev.swf

 私が得た情報を要約すると以下のようになる。

○NASAの“SPACE AGE”において世界で最も正確な風洞装置(宇宙船の大気圏再突入時に機体の表面に生じる摩擦実験用)を使い、100種以上の水着用素材の中で最も摩擦抵抗が低い「高性能特種素材」を開発

(”NASA”という言葉で競合他社が腰を引き、利用者は”成功するはずだ”と暗示にかけられるという常套手段ではあるが、、、)

○400人以上の世界のTOPスイマーの3次元ボディスキャンを実施し、スイマー特有の体の構造を正確に把握。 最新のIT技術を用いたパターン設計により泳いでる間の筋肉や皮膚の「動作パターンに合った3次元構造」と「高い密着度」の最適化を実現。

○航空宇宙産業やF1、ヨットアメリカズカップの開発でも活用されるスーパーコンピューターを利用したコンピューター流体力学(ANSYS社のコンピュータモデリング技術「流体解析ソフトFLUENT」により複雑なフロー問題を数値的に解決)によりスイマーの体を仮想的にとらえ「周囲の水流と抵抗箇所」を算出することで、どこで抵抗を効率的に軽減できるかを発見し、その箇所にフォーカスして徹底して改良。

 ANSYS社(日本法人)のホームページ http://ansys.jp/

○開発した様々な試作の水着を実際にスイマーに着用してもらい、ニュージーランドの大学にある最先端の海流水路にて、科学者たちの目で繰り返し抵抗実験を実施。 新デザインの水着を着用して泳いでいる状態での受動抵抗値と選手の酸素摂取率(つまり、どの試作品が一番、選手の疲労が少ないく負担をかけない=効率が良いか?)を1000回以上繰り返してテスト。

○完成に近づいたこの水着は、スポーツ科学の世界最高峰であるオーストラリア国立スポーツ研究所にて一流選手による生理学的水泳テスト(スタート、10m、フリースイム、ターン、牽引状態における、受動抵抗、呼吸能力、運動自由度)が行われ、aqualabに対してフィードバックされ、細かい改良が加えられた。

(もともと、Speedo社はシドニー ニュージーランド*の企業) *6/19 17:00訂正

「抵抗の低い素材を使い、縫い目を減らし、形をSpeedo社の水着に似せる」というようなことを、日本企業がいくら繰り返しても追いつけないことが、ここまでの歴史を見ていただければ理解できるだろう。 研究、IT、実験、フィードバックの繰り返しのたまものなのだ。

<日本企業はいつ追いつけるか?>

 この記事のタイトルに「あと4年は追いつけない理由」と書いたが、ここまで読んでいただければ、この後、私がくどくど書かなくても当分追いつけないことは理解していただけたと思う。

 ここで違う疑問が頭をよぎってくる。「4年は追いつけない」ではなく「4年で本当に追いつけるのか?」ということだ。 私は以下がポイントだと思っている。

○日本人スイマー以外のTOPスイマーを中心にスポンサー契約できるためのActionをとる事

 国内の選手、協会、企業の関係の中でビジネスをしていては、世界に通用する製品は作れない。 世界のTOPスイマーに契約するために、どのように商品開発に取り組んで、どのようにTOPスイマーの協力得るかの最大限考えられるActionをとることが必要だろう。

 金銭的に国内選手を優遇して、その代わり、多少悪くても着てもらうという考えでは、成功しない。

○明確に「2010年のオリンピックでメダリストの数でSpeedoを上回る」をゴールに設定

 明確なゴールとライバルが設定されると、チームは最大の力が発揮される。 ミズノが「2010年にSpeedoに勝つ」ことを目標に掲げて、産官学選手に対するリーダーシップをとれば、必ず追い抜くことができる。 これが達成できれば、プロジェクトX並みのことだろう。

 日本のIT産業は世界最高の力を持っており、日本の水泳の選手層は広く、日本人はチームに協力して目標に向かっていく文化と習慣を持っている。 今からはじめれば、必ず4年後に間に合うはずだ。

 ミズノはSpeedoとのライセンス契約を昨年解消し自前路線に変更した。 それは、世界に通用する水着を作るというミズノの燃える思いであると理解している。

私はミズノの、こらからのリーダーシップに期待している。 

Comment(21)

コメント

あき

疑問に感じていた事がスッキリしました!水着で記録が変わるわけだー・・・。
徹底した研究と細やかな調整で、日本人が到達出来なかった1秒が縮んだ。speedoの情熱的なドラマに感動しますね。
水着開発という競技の方が楽しみな私としては、わくわくしてしまう記事でした!

おおた

「LZR RACER」が用意周到かつ絶妙なタイミングで投入された、まさに秘密兵器であることは言うまでもないのですが、「ファストスキン」(アクアブレードもそうだったと思うのですが)はそもそもはミズノの開発なんですよね。SPEEDOとミズノが提携していた時代は、ミズノが開発を行い、それをSPEEDOが売るという分業が行われていたように記憶しています。
 ミズノが2006年末に「ミズノイズム」を掲げてSPEEDOとの提携の解消を発表した時点では、おそらくは自社の技術力でいけるという自信があったのだと思います(ファストスキンはSPEEDOに残りましたから、なおさら)。それが過信だったのかそうでないのかは素人の私にはわかりません。ただ、SPEEDOがファストスキンの成功におごらず、「その次」を3年前からしっかり準備していたことが今回の『大勝利』に繋がったのは間違いないでしょうね。なにせファストスキンは2007年に禁止されてしまったわけですし。

スピードスケートのシューズ革命(フラップ型の登場)と良く似ていると思います。あの時も、たしか、オリンピックの直前に登場したような...
日本は、選手の動きやすさを最大限尊重する思想の水着に対して(既存の古い考え方か?)、SPEEDO社はそれを打ち破り、動きやすさを無視してもからだのでこぼこを平らにする思想(革新的な新しい考え方?)を出してきて、結果を出した。
それに、今回の記事のような事実が明らかになっていくとすると、考え方(開発の前提)を刷新するには時間がかかるでしょうね。
情報、ありがとうございました。

あきさん
 コメントありがとうございます。
これからも
「水着開発という競技」
を楽しんでいきましょう。

おおたさん

>「ファストスキン」(アクアブレードもそうだったと思うのですが)はそもそもはミズノの開発なんですよね。

 アクアブレードはミズノへの技術供与が行われ、その後ミズノがSPEEDOの協力を得てFSを製造(開発もかな?)を担当したとききました。 ミズノもある程度技術の蓄積があるようですね。 そう、自信があったんでしょう。 しかし、その後、完全に関連会社任せにしてたようですから、それほど力は入ってなかったのでしょう。

>SPEEDOがファストスキンの成功におごらず、「その次」を3年前からしっかり準備していたことが今回の『大勝利』に

 まったくその通りですね。 最近、同様の例を良く見かけます。 日本企業も謙虚に、愚直に研究開発を頑張ってほしいと思います。

 コメント&情報ありがとうございました。

Kawakamiさん
>スピードスケート、、、たしか、オリンピックの直前に登場

 殆どのスポーツグッズの開発は、次のオリンピックに向けて行われているようです。 一般の市販品は対象となる季節に向けて、1年が区切りですが。

 今回の情報を得て、スポーツ用品の開発も、ソフトウエアの開発並みの規模だと感じました。 あらゆるものが高度になってきましたから、新しいものを作るのは簡単ではなくなってきていますね。

コメントありがとうございました。

私のブログへのコメント、ありがとうございました。呼ばれて出て参りました。ちょっと出遅れ。
 
でも、言いたいことは、みなさんが言っちゃったなあ。
 
日本の各社は何年も前から、この事実を把握していたはずで、基礎研究のクイックな変更をしなかったのは、営業方針だったのでしょうかね。振り返って IT 業界も、同様な事が基礎研究などの分野では日常のように起こっているので、こういった大戦略を判断する CTO の存在は重要だと思います。

ryuka

今回のミズノの一件から、単に水泳の世界だけでなく、あらゆる面において今の日本企業の危うさと言うものを感じました。


私の感じたところはこうなってしまうのは企業が「コスト」のみを重視する表面的な流行の経営を真似ているにすぎず「技術の蓄積」と言うものを忘れた結果だと、感じました。

「コスト」のかかるところはすべて「アウトソーシング」し、多少セキュリティが必要になってくるものは「派遣・請負」によって作り上げ、文字通り表面的なところしか、会社の財産にならず、いざそれを活かそうと思っていても技術やノウハウはすべてほかのところが持っており、結局のところライセンスやら、継続して自社で外部の技術者を雇うやら、で結局独自の商売を始めることが出来ない。


また、世界標準にあわせる、とか、もっとグローバルになろうと言う言葉もきかれますが、「世界が自分達に合わせるぐらいのものを用意してやるぜ!」と言う目標を語った方は私の見る範囲では、いませんでした。(私自身もたいして人を知っているわけではありませんが)

SPEEDO社は有名ブランドの下請け的位置からしっかりと技術を学び、蓄積し、それを自分達で積極的に促進開発、そして、積極的に性能をアピールすることで「世界標準」を勝ち取った、という風に感じました。
SPEEDO社が世界にあわせたものを作ったのではなく、世界がそれにあわせるぐらいすごいものをがんばって作った、というのが今回の私のイメージです。


そういう意味では表面的なお金の流れだけを見るかのような、考えを改めない限り追いつくことは出来ないと思いました。常に4年の開きがあるだけではないかと。

しかし、スポーツ業界はまだしも、日本のIT業界はまさに、技術なき空洞企業の巣窟な感じではないでしょうか。

とおるさん

 コメントありがとうございます。

>基礎研究のクイックな変更、、、
>、、、大戦略を判断する CTO の存在は重要

 目的のはっきりした基礎研究が必要だと思います。
 その辺は、欧米、中国、韓国はとてもしっかりしています。
 以前は、欧米よりも日本の方が、目的のはっきりした研究が進んでいるといわれていましたが、、、。
 事業目標と自社のコアコンピタンスを結びつけるCTOの存在は、どんな会社でも重要だと思います。

ryukaさん

>「技術の蓄積」と言うものを忘れた結果だと、感じました。

 私もそう思います。 この記事の最初にいくつかの企業を書きましたが、全ての企業が5年後のビジョンを持ち、それに向けて技術の蓄積を行っています。

>「世界が自分達に合わせるぐらいのものを用意してやるぜ!」

これはとても重要だと思います。 市場を自分たちが作り出すという気概が重要ですね。

>日本のIT業界はまさに、技術なき空洞企業の巣窟な感じではないでしょうか。

 私は、携帯電話、半導体設備など、本当の基礎的な部分は、まだ、日本の技術蓄積は大きいと思います。
 ただ、ソフトウエアやサービス開発の面では厳しくなっているのかもしれませn。

コメントありがとうございました。

ryuka

>私は、携帯電話、半導体設備など、本当の基礎的な部分は、まだ、日本の技術蓄積は大きいと思います。
> ただ、ソフトウエアやサービス開発の面では厳しくなっているのかもしれませn。

すいません。これを書いた時にはIT業界というのをソフトとサービスの業界、というくくりで書いていました。
半導体設備など、製造というところまで含めれば日本の技術蓄積は高いことに同感です。
(ソフトウェア・サービス開発の分野にいるもので、ちょっと視野の狭い物言いになってしまいました。)

これからは、どんな業界でも「創れる人」がどれだけいるかにかかっているのかもしれません。そして企業は自分達のリスクをどれだけ覚悟しながら、彼ら「創れる人」をちゃんと自分達で抱えられるか、が決め手になると考えています。

KMND

>私は、携帯電話、半導体設備など、本当の基礎的な部分は、まだ、日本の技術蓄積は大きいと思います。
> ただ、ソフトウエアやサービス開発の面では厳しくなっているのかもしれませn。

今回競泳用水着で起こった出来事が近いうちに再び起こると思います。
なぜかというと、iPhone3Gを触った日本の消費者が既存の日本の携帯電話と比較し始めるから。
携帯ももはやソフトウェアがクオリティに密接に関与してて
個人的に二つを並べて操作すると決定的な違いが感じ取れてしまうんですよねぇ。
携帯を作ってる大手メーカー各社が消費者の心を掴んだアップルに悔し涙するんじゃないんでしょうか。

ryukaさんの最後のコメントにも同感ですね。
競泳用水着でも大阪のたこやきラバーという素材だけは注目されました。
日本は半導体製造などの精度は高いでしょうし、各種機能も負けてない。
でも素材や部品を合わせて製品にすると、ところどころでボトルネックが生じまったく生かせてない状態になる。
特にソフトウェアの面を含んだ上での「アーキテクチャ」のセンスがひじょ~に欠落してる感じです。

ryukaさん

>これからは、どんな業界でも「創れる人」がどれだけいるかにかかっているのかもしれません。

 真にその通りだと思います。 ソフト、ハード、ハードを創るハード、ビジネスモデル、サービス、強いチーム、人、、、あらゆる面で、新たに創れる”人”の勝負でしょう。
 私も強いチームとビジネスモデルを創れるIT業界のプロフェッショナルとして存在価値を示して、常に私のノウハウ、経験を必要としている会社、組織にいたいと思っています。

 コメントありがとうございます。

KMNDさん
>iPhone3Gを触った日本の消費者が既存の日本の携帯電話と比較し始めるから。
>携帯ももはやソフトウェアがクオリティに密接に関与

 そう思います。 SPEEDOも、本記事に書いたように、専用の解析ソフト・システムを使っていますが、日本の企業では、この手のソフトがあまり売れないのです。 USやEUでは売れているのですが。
 携帯電話では組み込み系全体を見ることの出来るソフトウエア技術者の不足は問題だと思っています。

 コメントありがとうございました。

吉田さん、わたしのエントリーにもトラバつけていただいてたんですね、見逃していました、すんません&ご配慮感謝です。

吉田さんのエントリーを読むうちに、独自視点で先端技術を創る(頂点目指す)か、業界が全体的に向かっている方向で攻めるか、、、はたまたAと見せかけて、実はBも用意してました、、、みたいな戦略の重要性もひしひしと感じました。

oldboy

記事内容に誤りがあり.speedoはシドニーにて創業されたブランドである。nzではない。次にrukaさんが書いている「下請け的存在」こちらも大きな謝りです。speedoは一貫して自社ブランドです。ライセンス契約は世界各国において実施されています。開発、パテント保護、マーケティングすべてはライセンサーとして責任を果たしていることに加えて強いプライドを持ち続けていることも特筆に値します。日本のブランドが開発において優れている点はあまり」多くはありません。ただし生産技術の改良、改善については優れていると評価します。

oldboy

ryukaさんでしたね。訂正してお詫びします。謝りも変換ミスです。誤りに訂正します。次におおたさんのご指摘にありますミズノが開発しspeedoが生産する云々について述べます。結論はやはり誤りです。単発的にはミズノが開発に参加し、採用されたことは事実です。しかし常にそのような仕組みが存在したわけではありません。米国、英国、豪州3か国により殆どの開発計画、マーケティング戦略が推進され、ミズノもその仲間に加わることはありました。誇り高いアングロサクソニアン達ですね。ミズノは開発力があることを過信し、自社ブランドで世界に進出したいという経営の意向が強く出すぎたのでしょう。今回の出来事はspeedoの力を見せつけられというべきでしょう。

ryuka

oldboyさん>
ご指摘ありがとうございます。やはり不慣れな業界を多少調べた程度で話すのはよくありませんよね。


日本のブランドが開発の点において優れていないのは、「ブランド」としてのビジネスに慣れていない、と考えています。ブランドという指標があってそれに向かって技術を進化させるのではなく、まずは技術の進化があってその後ブランドが出来る、というような考えでいるのではないかと思いました。


考えてみると、欧米などのものづくりはとりあえず作ってから改良していく(場合によってはとりあえず発表してから)、といったスタイルが多いような気がします。
(これは最初は品質が悪い、といったものではありません)


反対に、日本のものづくりは最初に技術を蓄積してから物を作る、といったスタイルが多いような気がします。


ミズノが開発力を過信したかどうかは私にはわかりませんが、ある程度期間を経てブランドを前面にアクティブに動きたくなった、という気持ちはわからないでもありません。
日本は2番煎じが得意だと思っている私の場合はそういった方式も決して悪くはないとは思います。


ただ、今の日本でその方式をやるには色々と問題があるような気がしないでもないのは確かです。
スリップストリームに入ったのはいいが、そこから抜くだけのパワーと技術の車でないために結局追い抜けない・・・そんな不安定さを感じます。

佐々木さん

 コメントありがとうございます。 
 佐々木さんのコメントの通り、どのような戦略をとるにせよ、「戦略を立てること」「それに向かってExcecutionすること」が大切だと思います。
 結果は読めませんが、読めないから戦略なき経営をするのではこまりますから。

oldboyさん
 コメント、ご指摘ありがとうございます。
 修正いたしました。
 日本企業は一部を除き、確かにブランドマーケティングが弱いですね。 また、「ブランド」というものに投資するという考えも薄いように思います。
 今回のことを教訓に、日本企業にも長期、大規模な投資を意識したブランド戦略に取り組んで欲しいと思います。

ryukaさん
>「ブランド」としてのビジネスに慣れていない、
 私もそう思います。 技術進化のあとで、それをコア・コンピタンスとしてブランドを立ち上げてもいいと思うのですが、どこに向けて技術を蓄積するのかという戦略が必要と思います。 
 スリップストリームですか。 いい表現ですね。 私もそう思います。
 コメントありがとうございました。

コメントを投稿する