ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

自分のキーボード入力を見直そう - タッチ・タイピング(ブラインドタッチ)の練習

»

 個人の生産性向上、ITリテラシーが企業の業績に与える影響が大きいことが叫ばれて久しい。 その基本がキーボードによる文字入力であろう。

 キーボード入力で重要なのは、疲れず、思考を妨げずに、素早く文字を入力することだが、最も効果的なのはタッチ・タイピング(ブラインドタッチ)だろう。

 私が入社した時代にはキーパンチャーという職業や部門があった。○○コンピューター(電子計算)センター、○○情報処理センター、○○コンピューターサービスという会社には、たいてい、コンピューターセンターに隣接して2、30人の女性パンチャーがいた。

 IT系企業の営業職の社員などは、このパンチャーと知り合いになって彼女にしようと、些細な間違いの指摘や納期の交渉のためにこの部屋に行っていた。(私も)

 タッチタイピングは、このパンチャー達が、パンチカード穿孔機(コンピューターに読込ませるカードに穴をあける)や端末に、思考を使わずに伝票や顧客情報を入力するという効率化としてマスターしてきた。 伝票、帳票、メモなどの紙をキーボードの左側に置いて、キーボードを見ずに紙と画面だけ見て次々と入力していく労働集約型の作業の効率化が目的であった。

 今では、頭の中にあるアイディアを画面だけを見て文字として吐き出したり、届いたメールを見て返信を書いたりというときに、キーボードを見ないことによって、思考を邪魔せずに、素早く形式化(文字に)することが主な利用となってきている。

<タッチタイピング練習方法>

 以前にその、キーパンチャーからタッチタイピングを教わった(それを理由に飲み会に誘ったのだが)。 私の母がパソコンをはじめたときも、この方法で教えた。

①準備

・タオル

・パソコン

・キーボードの配置図

 キーボードの配置図は、この記事の最後のリンク先のものを印刷しても構わないが、ベストな方法は、コピー機に自分が使っているパソコンのキーボードを乗せてコピーするのが良い。

②基本練習方法

・まず、ホームポジションに指を置く。

 ホームポジションは”J”と”F”に人差し指を置いて、そのまま横一列に各指を置き、何かのキーを押したら、必ずホームポジションに戻す。

 ”サーバー”のようにちょっと遠いキーを押す場合でも、最低限、人差し指だけはF、Jの位置に残して置くようにする。

 →必ずホームポジションに戻すことで、頭で考えなくても指がキーの位置を覚えてくれる。

・両手の上にタオルをかけて、うっかりキーボードを見ることが無いようにする

 キーボードをすっぽり隠すようにタオルをひき、その下から手を忍ばすように、タオルの下に手を入れてキーボード打つようにする。

 タオルの下の指でホームポジションを探そう。キーボードのFとJにポッチや引っかかりがあるはずだ。

・キーボードの配置図を左側に置いて、ホームポジションからの位置を判断する

 では、A、B、C、D、、、と順番に打ってみよう。Qを入力したかったが、Wを入力してしまった場合は、間違えた文字を修正せず、そのままで、キーボード配置図を見て、小指のAとWとの位置関係からQを探して打ってみる。

 これを繰り返すことで、ホームポジションとの関係から位置が覚えられる。 また、自分が実際に打っているキーボードを見る癖がなくなり、ブラインドタッチになっていく。

・”っ”などの小文字や濁点の混じった文字の打ち方を練習する

 ホームページなどからローマ字とカナの関係を調べながら、徐々に文章を入力するようにしながら、順次、濁点、丸、小文字などの入力を覚えていく。 この時も自分のキーボードは見ないようにタオルで隠すことを忘れないように。

③キーボード練習に役立つサイト

 ①を守った上で以下のサイトを見ていただき、タッチタイピングをマスターしてほしい。 2日間守って練習できればマスターできるはずだ。

Touch-Typing

キーボード練習盤(QPON)

なるほどタイピング (なるほどネット)

IT講習会支援サイト キーボード入力練習(IT講習会支援サイト )

キーボードの涙(テキスト入力教育支援ネットワーク)

 まだ、文字入力が遅い方にも、かなり入力できるが、キーボードを見てしまっている方でも、大いに役立つはずだ。 ぜひ、トライしてほしい。

*9thNov2009: "Touch-Typing"を追加

Comment(12)

コメント

TonTon

一番効果的なのは、USキーボードでローマ字入力でタッチタイプの練習することだと思う。
カナキーボードよりも、よほど簡単にタッチタイプがマスターできると思う。

ごぶさたしてます!

私も、最初は似たようなことして、タッチタイプ覚えました。私の場合は、段ボールを利用してキーボードを覆う「タッチタイプ養成箱」を自作したのですが(笑)。

早く次世代入力デバイスが出来るといいですよね。一体何年キーボード使っているんだ、IT業界!

affox

>両手の上にタオルをかけて、うっかりキーボードを見ることが無いようにする

これって一番重要なことですよね。こうしないとついつい見てしまいます(笑)。それが癖になってしまうといつまでたってもブラインドタッチできません。

近藤 荘司

>IT系企業の営業職の社員などは、このパンチャーと知り合いになって彼女にしようと、

 はい。 私は、そのパンチャーを彼女にして結婚してしまいました。 もう、別れましたが。 みんなが狙っていました。 勝ち取ったはずなのに、、、。

住吉さん
 コメントありがとうございます。
元気そうでなによりです。
>早く次世代入力デバイスが出来るといいですよね。
>一体何年キーボード使っているんだ、IT業界!
次世代入力デバイスは、私もとても興味を持っています。
 しかし、結局はデファクトになるものが出てくるかどうかだと思っています。 住吉さんのところで画期的なものを開発しません?

paddyleaf

ブラインドタッチ
これからキーボードを毎日使うのであれば、当然マスター
すべきことですが…

本当にブラインドタッチできるのでしょうか?
カーソルキーは?
バックスペースが遠い!

「そんなキーを使うときは別だよ」
というのが常識ですが…

どうしても効率が悪いので、常駐ソフトを作って
みました。

カーソルキーやバックスペースキーをホームポジション
から手を離さずに使おうというものです。

このようなキーがホームポジションで使えるという
だけで、かなり気持ち良くなります。okuu

TonTonさん
 私もUSキーボードでローマ字入力がいいと思います。
右手が自由になる気がするので。

 コメントありがとうございました。

affoxさん

 そう、タオルは重要です。 それと、キーボードのコピーを忘れないようにお願いします。

 コメントありがとうございました。

近藤 荘司さん
 コメントありがとうございます。
>パンチャーを彼女にして結婚してしまいました。 
 羨ましいです。 え、別れてしまったんですか。
 いろいろありますね。 世の中。

paddyleafさん

>本当にブラインドタッチできるのでしょうか?
>カーソルキーは?
>バックスペースが遠い!
>「そんなキーを使うときは別だよ」
>というのが常識ですが…

 カーソルキーとバックスペースは文字入力中は、まったく使っていません。 マウスポインターで操作していますので、両手ともホームポジションのままです。

 Thinkpad以外でどうするか?はわからないのですが。
 常駐ソフトはとても興味があります。 一度試して見ます。 コメントありがとうございました。

「タッチタイピング」の習得法について興味深く拝見いたしますた。
かつて学生にパソコン操作を指導してきた者ですが、タッチタピング習得についてご提案させて頂きたいと存知ます。

パソコン自体は日進月歩で著しく進歩発展していますが、キーボードだけは、タイプライター時代からの文字配列、キー配列をソックリ継承していて、使いかってが悪いと云われながらも依然として改良の兆しが見えてきません。

この最大の要因はキーボード操作にあるようです。ご存知のように、タイピング操作は「手続き記憶」であり、体で覚える技能ですので、一旦体で覚えてしまうと、なかなかやり直すことが困難です。キーボードは世界中で、年齢を問わず、使用されていて、新しく習う方よりも既に操作方法を身につけている方が圧倒的に多く、改善改良はなかなか受け入れられないのでは無いかと思います。

一方、キーボードとは対照的に新しい機器である携帯電話の文字入力法は数値キーの組み合わせですが、かなり複雑です。しかし、いとも簡単に受け入れています。

どちらも「手続き記憶」ですので、使っているうちに慣れてくるとそれなりに使いかっても気にならなくなります。

以上のようなことから、思いついたのが、タッチタピングにおいては、「ホームポジションからの指の動かし方自体が文字」であると云うことです。言い換えれば、「ホームポジションからの指の動かし方自体がかな文字を表示するための筆順」であると云うことです。

私達は幼少の時に「かな文字」を覚えるのに、かな文字練習帳でなぞり書きを何度も何度も繰り返し長い時間をかけて練習し、身につけてきています。今やそんなことも忘れ、言葉を思いつくがままに文字にし、文書にすることができます。

このことを考えると、タッチタピングを習得するのに、キーの配列や位置を覚えなくても、ホームポジションからの指の動かし方を最初から身につけた方がよいことが分かります。

一般的には直感として、キーの配列や位置を覚えなくてはと思い努力して覚えるのは普通鵜です。しかし、覚えてしまうと、どうして視覚の誘惑に陥ってしまいます。その結果、キーボードを物理的に隠さなければならず、「覚えて、隠す」。何か、矛盾しているのではないでしょうか。

ところで、大変、前書きが長くなりましたが、ご提案ですが、最初から、キーの位置は配列を意識しないで、「ホームポジションからの指の動かし方をイメージしたかーど」を作りました。このカードを学生指導に使ったところ、意外に効果がありました。その詳細については下記のサイトで紹介させて頂ました。

http://homepage2.nifty.com/m_iwata/

今後のタッチタピングの指導上の参考にして頂ければ幸いです。

m.iwataさん
 ”かな文字を表示するための筆順をイメージ”という発想は素晴らしいですね。ホームページも見に行きましたが、役立つ情報も多いようです。
 「キーボード入力を子供に教える」という章を含む本の最終原稿が先週終わってしまったのですが、そこで紹介したかったところですが、残念。
本記事にお役立ちサイトとして追加しました。
 これからもご意見,情報をよろしくお願いします。

コメントを投稿する