ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

マイクロソフト新社長の「愚直論」

»

 ここ数年、私は「今の仕事に愚直に向き合って天命を待つ」ということを信条に仕事をしてきたが、そんな中、年始にブロガーミーティングでご一緒させていただいた辻 俊彦さんが「愚直に積め!」という本を出版した。 そして、先週、3年ほどの前に読んで非常に大きな影響を受けた「「愚直」論」という本の著者である樋口 泰行さんがマイクロソフトの社長になることが発表された。 大好きなこの二人が「愚直」という私が大好きなキーワードで表舞台に立ったわけだから、これが時代の必然なのかもしれない。

 楽に金儲けをする、上手に出世する人やビジネス本、雑誌がもてはやされてきたが、それはそれとして、愚直に仕事と向き合うことの大切さが改めて問われるエキサイティングな時代に突入したわけだ。

<マイクロソフト 樋口 新社長>

 私のように要領が悪い人間には何ともありがたい時代ではないか。しかし、よく考えると喜んでばかりはいられない。それは、マイクロソフトが、私たちの最大唯一のライバルだからである。1年ほど前にマイクロソフトに樋口さんが社長含みで入ったときも「現場の社員を大切にしない、どこかの大会社のエリートが社長になって、社内のモチベーションをさらに下げて欲しい」と願っていた。

 しかし、

恐れていたことが事実となりマイクロソフトとしては5年ぶりの日本人社長となり、「社会に貢献」「お客様第一主義」という松下からの精神そのままに「パートナー企業や顧客の声に耳をかたむけ、かつ社員も生き生きと働ける強い会社にしたい」と記者に対して語っている。

 樋口さんの経歴だけ見ると、松下電器産業、ハーバード大学でMBA取得後ボストンコンサルティング、アップルコンピューター、コンパック入社の後に日本HPの社長、ダイエー社長、マイクロソフト最高執行責任者という経歴であり、理想的なジョブホッパーとして順調にキャリアを積んできたように見える。 しかし、彼の二つの著書を読むと、様々な問題を戦略的な視点と愚直な行動で解決してきた(かならずしも解決できてはいないが)ことがわかる。

 松下電器で安全靴に防護服といいういでたちで溶接機の技術者として働いていた時代から、日本HP社長までは先ほども紹介した「「「愚直」論」で彼の経験してきたことが強烈なリアリティで疑似体験でき、ダイエー時代は「変人力」という本で伺い知る事が出来る。

<愚直論>

 日本HP時代の話は、現役時代に書いたからかHPの広報かと思われるものが多く物足らないが、それを除けば、いずれの本も一気に読め、私たちを振る立たせてくれる。また、英語で苦労しながらMBA時代の話は、これを目指す方には大いに参考になるだろう。

 いや、もしかしたら、愚直というより、あまりにも強烈な仕事への集中力と執念を見せつけられ「ここまでは出来ない」とあきらめてしまうかもしれない。 特にボストンコンサルティング時代に何日も徹夜して、椅子に座ったまま失神して救急車に運ばれた逸話などを読んでしまうと、せっかくSEからコンサルタントになる方法を読んでコンサルタントを志そうと思った方も、やめてしまうのではないかと心配だ。

 何はともあれ、ビジネス本で語られる「人生の目標」や「成功の条件」などに気を配って仕事をすることが出来ない私のようなものには、とにかく今の仕事に愚直に取り組めばいいという割り切りの中で仕事に集中できるようになるだろう。

変人力

 現在、マネジャーや経営を担っている方には、「変人力」から多くのノウハウを得ることが出来る。 ダイエー再生の現場での活動を通じて「人」「リーダーシップ」の重要性を感じさせてくれるものだが、店舗閉鎖の場面や様々な場面で出てくる経営哲学は学ぶべきものが多い。

 「変人力」を通して経営の現場の感性を磨き、辻 俊彦さんの「愚直に積め!」で整理して、PDCAなど基本を自分の物として身につけ、実際に現場で実践してみてはどうだろうか。 「変人力」と「愚直に積め!」は、経営者、マネージャーはもとより、コンサルティングの皆様にも様々なノウハウと勇気を与えてくれるだろう。

 さて、私ももう一度、初心に戻って今の仕事に愚直に取り組もう。まず、今日は、Lotus Spring Forum大阪で講師。視線はライバル企業ではなくお客様だ。お客様の価値を愚直に追い求めてみよう。

Comment(6)

コメント

Patch

吉田さん、
 こんばんは、愚直は別にして、昨年、日本Oracleは、DB関連・Web系apll.・ミドルウエア等部門とERP担当等Appl.部門を統合、米社の上級副社長が担当し、米本社の意向を強化。一方、MS同様、SAP&HPは日本人社長が就任。IBMもTodd Kirtleyさんが異動。特に、MSは、ここ最近のBallmerさんの積極的な動きが注目大、かつ、樋口さんも精力的にお客様訪問をされているとのこと。今年は景気迷走局面、かつ、日本という特殊市場での経営手腕が問われますね。

Patchさん
 コメントありがとうございます。
>日本Oracleは、、、、米社の上級副社長が担当し、米本社の意向を強化。
>MS同様、SAP&HPは日本人社長が就任。IBMもTodd Kirtleyさんが異動。、、、、樋口さんも精力的にお客様訪問をされている
 IBMも含め、利益源である日本のSW市場を強化する動きが進んでいます。 それに伴い、各社とも優秀な人材不足という状況です。
 人材教育も文化の醸成という面も含め経営手腕が求められているのでしょう。

NDOMINO-S

昨日、Forbes誌の世界長者番付のニュースをTVで見ていて思ったのは世界一のお金持ちのゲイツちゃんが3位になって「投資家」ばかりが10位以内に目立ったこと。ようするに今は世界的に「金が金を生む」タイプの非生産的な業種しか伸びない&儲けられない時期ってことですよね。
こういう時期って普通の何かの生産を行う業種はどう動いても目先で儲けることが出来ないから
「次の市場になる種を撒いておく」とか「地道な活動やって顧客の信用をつかんでおく」しか対策がないので
「愚直」はまあ今の状況の必然的なニーズかと・・・・・。

ただこの「愚直」なるもの欠点は目先で結果がでないので、常に「成長・成長」とか「実績・実績」とか口癖のように言っている経営者とか幹部クラスはよほどの度量がない限りなかなか認めてくれない価値観だという所です。
いかにも突撃軍曹タイプのバルマーCEOがこの樋口 新社長の「地道」なポリシーにどれくらい耐えられるやら~~。


話は変わりますがこの「愚直」なMS新社長さん精力的にしゃべってますね。

MSの新旧社長が日本のITエンジニアにメッセージ - @IT
http://www.atmarkit.co.jp/news/200803/05/mspower.html

NDOMINO-Sさん
コメントありがとうございます。
>「投資家」ばかりが10位以内に目立ったこと。
それと、インド人が3、4人いたのにも驚かされました。

>常に「成長・成長」とか「実績・実績」とか口癖のように言っている
>経営者とか幹部クラスはよほどの度量がない限り
>なかなか認めてくれない価値観
そうですね。どこの会社も同じですが、、、

mohno

いや、なかなかコメントしにくいのですが^_^;

> いかにも突撃軍曹タイプのバルマーCEOがこの樋口 新社長の「地道」なポリシーにどれくらい耐えられるやら~~。

樋口は、その意味では決して地味ではないですよ。というか、どんどん突撃しているというか:-)

大野さん
 コメントありがとうございます。 
>いや、なかなかコメントしにくいのですが^_^;
 がんがんコメントくださーい。 洗いざらい(^^)v

コメントを投稿する